挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
異世界落語 作者:朱雀新吾

サイトピアの王様【将棋の殿様】

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

117/117

異世界落語――解説――  

「異世界落語」でした。
 まず初めに、この物語に最後までお付き合い頂きました読者様に、厚く感謝を申し上げます。
 本当にありがとうございました。

 始めは軽い気持ちでした。
 流行に乗っかるつもりで、異世界モノを書いてみようと思いました。
 髪の毛染めたら人気者になれるかな、ぐらいの、本当に軽い気持ちです。
 それなら流行の「異世界○○」がいいな、等と思い、結局自分の知識にある範疇でなんとか異世界と掛け合わせられそうなものが「ヒーローショー」と「落語」しかなかった為、ゴロの良さという点に着目し「異世界落語」が生まれました。

 第一話の「時うどん」の筋を直ぐに思いついて、それから後は「だんじり狸」や「ちりとてちん」、「死神」などの話の構成をなんとなく頭に思い浮かべ、その浮き島に辿り着く為の話を考えながら、行き当たりばったりでここまでやってきました。いや、本当に思いつきだらけでした。後付け設定、後出しジャンケンは当たり前。思いついた叙述なんかを得意顔で披露して、挙句は勇者が玉座を吹き飛ばす(笑)。
 よくぞ完結までこぎつけたものだと、自分でも思います。

 ただ、それに関してはある読者様から御感想で頂いた言葉に全てが集約されていると思います。
 それは「異世界落語」という作品自体が一つの寄席小屋の様な空間になっていた、という事です。
 最新話を投稿して、読者様からの感想を読み「おお、だったらこんな展開にしようか」「いや、あえてここは逆らって……」等と画面越しに思いを馳せ、思考錯誤しながら、共に作品を作っていく。
 また、謎解き要素等についていつもご自身の意見を書いて下さっている方等には、本当に助けられました。「おお、通じているんだ……」と私自身が答え合わせをしながら、挫けずに進んでいく事が出来ました。レスポンスというのは、本当に心の支えになります(時に折られる事もありますが……)。
 その圧倒的なライブ感は、私自身が昔、高座に上がっている時に感じていた空気と、よく似ていました。
 お客さんの反応を見て「受けが良いから、次の振りは大袈裟にしよう」だとか「今日の客は多分何やっても受けないから適当に流して、どっかの隙で一気にサゲまで飛ぼう」などと判断する。
 血湧き肉躍るあの高揚感を、家で執筆しながら感じる事が出来たのです。
 それが、この物語が成立し、完成した理由だと確信しております。

 寄席と同じく、読者様との距離がこれだけ近い「小説家になろう」様だからこそ、この物語を書く事が出来たし、書き切る事が出来たのだと思います。題材と環境がベストマッチしたのです。

 最終話の落語について簡単に述べさせて頂きます。
「将棋の殿様」は、本当に内容そのままで使いました。本編では騎士の方が謝る形になっていましたが、原典では最後は殿様がお仕置きされる様になっています。違いと言えばそれぐらいです。短い噺ですが、痛快です。
 そして、この最終話のミソとしては「将棋の殿様」を殿様の前で演じる、という部分ですね。
 かの有名な喜劇王チャップリンがヒトラーを批判して「独裁者」という作品を作り、本人に送付したエピソードみたいで、格好良いですよね(自分で言う)。
 あの雰囲気で一福がどう笑いを取るのか、悩みましたが、結果そこに関しては大司祭様の機転に全て任せる事にしました(笑)。ナイス大司祭様。ありがとう。
 その結果、謁見の間では緊張感溢れる状態。外は大喝采と、良い所取りの御都合主義を作り出す事に成功(?)しました。ご不満もあるかと思われますが、最終話という事で、どうか御寛大なお気持ちで笑ってお許し下さい。

 さて、一応続編について言及をしておきたいと思います。
 ちょっと色々とありまして続編を書いて投稿する時間が実質なく、いつになるかは分かりませんが、一応(笑)。
 ただ、第一部が「完璧な一福」の痛快コメディを描いていた訳ですが、この流れから行くと第二部は「未熟な一福(二代目)」の苦悩と苦難、になるでしょうね。
 本編では一福が超人の様に扱われていますが、次は落語を演じる側に焦点を当て「人前で演じる厳しさ」「客の掴み方の難しさ」「練習の面倒くささ」等を描けたらな、と思っております。
 特に「練習の面倒くささ」に関しては、三編続き物の大巨編で訴えたいと思っております(笑)。
 本当、何なんでしょうかね、あの「練習の面倒くささ」は。向き不向きなのでしょうか?「執筆の面倒くささ」と比べても……うーん。似たようなものですかね(笑)。
 クランエは真面目だから、あまりその部分は書けないような気もしますが、何とか、書きたいです。
「面倒くさいんじゃあ!!!」とクランエが闇の力を解放する、的な。うん、良いですね。少し構成を練っておきましょう。

 さて、色々書いて最終話の名残を汚してしまっては申し訳ありませんので、この辺でお時間とさせて頂きます。

 最後に、ここまでお読み頂いた敬愛なる読者様と、素晴らしい伝統芸能であります、落語。そして私の愛すべき後輩、一福君に最大限の感謝の気持ちを込めまして、この物語の幕を閉じたいと思います。
 本当に、ありがとうございました。またお会い出来る日を、願っております。

 朱雀 新吾
『異世界落語』をお読み頂き、誠にありがとうございました。

ヒーロー文庫様より出版されております、書籍版『異世界落語』①~③巻、好評発売中です。
書籍版オリジナルの落語も沢山ございますので、そちらの方もどうぞ宜しくお願い致します。
最後に露骨な宣伝でした(笑)!

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

この小説をブックマークしている人はこんな小説も読んでいます!

Knight's & Magic

メカヲタ社会人が異世界に転生。 その世界に存在する巨大な魔導兵器の乗り手となるべく、彼は情熱と怨念と執念で全力疾走を開始する……。 *お知らせ* ヒーロー文庫よ//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全137部分)
  • 958 user
  • 最終掲載日:2018/02/12 04:07
Re:ゼロから始める異世界生活

突如、コンビニ帰りに異世界へ召喚されたひきこもり学生の菜月昴。知識も技術も武力もコミュ能力もない、ないない尽くしの凡人が、チートボーナスを与えられることもなく放//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全444部分)
  • 1001 user
  • 最終掲載日:2018/02/03 01:00
傭兵団の料理番

 僕は料理が好きだ。でも、買い物の帰りにどこかの国に迷いこんで傭兵部隊の料理番をすることになりました。何故こうなったのか分かりませんが、生き残るために美味しい料//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全51部分)
  • 993 user
  • 最終掲載日:2017/11/23 21:00
八男って、それはないでしょう! 

平凡な若手商社員である一宮信吾二十五歳は、明日も仕事だと思いながらベッドに入る。だが、目が覚めるとそこは自宅マンションの寝室ではなくて……。僻地に領地を持つ貧乏//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全205部分)
  • 1040 user
  • 最終掲載日:2017/03/25 10:00
蜘蛛ですが、なにか?

勇者と魔王が争い続ける世界。勇者と魔王の壮絶な魔法は、世界を超えてとある高校の教室で爆発してしまう。その爆発で死んでしまった生徒たちは、異世界で転生することにな//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全537部分)
  • 1177 user
  • 最終掲載日:2018/02/03 23:34
転生したらスライムだった件

突然路上で通り魔に刺されて死んでしまった、37歳のナイスガイ。意識が戻って自分の身体を確かめたら、スライムになっていた! え?…え?何でスライムなんだよ!!!な//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全303部分)
  • 1202 user
  • 最終掲載日:2016/01/01 00:00
異世界居酒屋「のぶ」

古都の路地裏に一風変わった店がある。 居酒屋「のぶ」 これは、一軒の居酒屋を巡る、小さな物語である。

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全175部分)
  • 1114 user
  • 最終掲載日:2018/01/09 23:00
無職転生 - 異世界行ったら本気だす -

34歳職歴無し住所不定無職童貞のニートは、ある日家を追い出され、人生を後悔している間にトラックに轢かれて死んでしまう。目覚めた時、彼は赤ん坊になっていた。どうや//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全286部分)
  • 1061 user
  • 最終掲載日:2015/04/03 23:00
賢者の孫

 あらゆる魔法を極め、幾度も人類を災禍から救い、世界中から『賢者』と呼ばれる老人に拾われた、前世の記憶を持つ少年シン。  世俗を離れ隠居生活を送っていた賢者に孫//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全127部分)
  • 875 user
  • 最終掲載日:2018/02/03 03:49
魔王様の街づくり!~最強のダンジョンは近代都市~

 書籍化決定しました。GAノベル様から三巻まで発売中!  魔王は自らが生み出した迷宮に人を誘い込みその絶望を食らい糧とする  だが、創造の魔王プロケルは絶望では//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全218部分)
  • 833 user
  • 最終掲載日:2018/02/23 18:43
骸骨騎士様、只今異世界へお出掛け中

 オンラインゲームのプレイ中に寝落ちした主人公。  しかし、気付いた時には見知らぬ異世界にゲームキャラの恰好で放り出されていた。装備していた最強クラスの武器防具//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全178部分)
  • 815 user
  • 最終掲載日:2018/02/24 18:00
聖者無双 ~サラリーマン、異世界で生き残るために歩む道~

地球の運命神と異世界ガルダルディアの主神が、ある日、賭け事をした。 運命神は賭けに負け、十の凡庸な魂を見繕い、異世界ガルダルディアの主神へ渡した。 その凡庸な魂//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全363部分)
  • 826 user
  • 最終掲載日:2018/01/07 20:00
用務員さんは勇者じゃありませんので

部分的学園異世界召喚ですが、主役は用務員さんです。 魔法学園のとある天才少女に、偶然、数十名の生徒・教師ごと召喚されてしまいます。 その際、得られるはずの力をと//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全143部分)
  • 903 user
  • 最終掲載日:2018/01/01 00:48
ありふれた職業で世界最強

クラスごと異世界に召喚され、他のクラスメイトがチートなスペックと“天職”を有する中、一人平凡を地で行く主人公南雲ハジメ。彼の“天職”は“錬成師”、言い換えればた//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全306部分)
  • 930 user
  • 最終掲載日:2018/02/17 18:00
10年ごしの引きニートを辞めて外出したら自宅ごと異世界に転移してた

【本編完結済み】※書籍化しました!10/25、オーバーラップ文庫様より最終巻となる⑤巻が発売されます!詳細は活動報告にて!  北条雄二、30才、無職、引きこもり//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全519部分)
  • 915 user
  • 最終掲載日:2016/10/25 18:00
異世界薬局

研究一筋だった日本の若き薬学者は、過労死をして中世ヨーロッパ風異世界に転生してしまう。 高名な宮廷薬師を父に持つ十歳の薬師見習いの少年として転生した彼は、疾患透//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全102部分)
  • 1087 user
  • 最終掲載日:2018/02/18 12:13
異世界食堂

しばらく不定期連載にします。活動自体は続ける予定です。 洋食のねこや。 オフィス街に程近いちんけな商店街の一角にある、雑居ビルの地下1階。 午前11時から15//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全119部分)
  • 1461 user
  • 最終掲載日:2017/06/10 00:00
ワールド・ティーチャー -異世界式教育エージェント-

世界最強のエージェントと呼ばれた男は、引退を機に後進を育てる教育者となった。 弟子を育て、六十を過ぎた頃、上の陰謀により受けた作戦によって命を落とすが、記憶を持//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全179部分)
  • 834 user
  • 最終掲載日:2018/02/01 04:25
公爵令嬢の嗜み

公爵令嬢に転生したものの、記憶を取り戻した時には既にエンディングを迎えてしまっていた…。私は婚約を破棄され、設定通りであれば教会に幽閉コース。私の明るい未来はど//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全265部分)
  • 894 user
  • 最終掲載日:2017/09/03 21:29
フェアリーテイル・クロニクル ~空気読まない異世界ライフ~

※作者多忙につき、当面は三週ごとの更新とさせていただきます。 ※2016年2月27日、本編完結しました。  ゲームをしていたヘタレ男と美少女は、悪質なバグに引//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全229部分)
  • 856 user
  • 最終掲載日:2018/02/24 07:00
私、能力は平均値でって言ったよね!

アスカム子爵家長女、アデル・フォン・アスカムは、10歳になったある日、強烈な頭痛と共に全てを思い出した。  自分が以前、栗原海里(くりはらみさと)という名の18//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全267部分)
  • 941 user
  • 最終掲載日:2018/02/23 00:00
盾の勇者の成り上がり

盾の勇者として異世界に召還された岩谷尚文。冒険三日目にして仲間に裏切られ、信頼と金銭を一度に失ってしまう。他者を信じられなくなった尚文が取った行動は……。サブタ//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全866部分)
  • 884 user
  • 最終掲載日:2018/02/20 10:00
本好きの下剋上 ~司書になるためには手段を選んでいられません~

 本が好きで、司書資格を取り、大学図書館への就職が決まっていたのに、大学卒業直後に死んでしまった麗乃。転生したのは、識字率が低くて本が少ない世界の兵士の娘。いく//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全677部分)
  • 960 user
  • 最終掲載日:2017/03/12 12:18
デスマーチからはじまる異世界狂想曲( web版 )

◆カドカワBOOKSより、書籍版12巻+EX巻、コミカライズ版6巻発売中! アニメ放送は2018年1月11日より放映開始です。【【【アニメ版の感想は活動報告の方//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全567部分)
  • 1022 user
  • 最終掲載日:2018/02/18 18:00
とんでもスキルで異世界放浪メシ

※タイトルが変更になります。 「とんでもスキルが本当にとんでもない威力を発揮した件について」→「とんでもスキルで異世界放浪メシ」 異世界召喚に巻き込まれた俺、向//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全405部分)
  • 1244 user
  • 最終掲載日:2018/02/19 23:00
おかしな転生

 貧しい領地の貧乏貴族の下に、一人の少年が生まれる。次期領主となるべきその少年の名はペイストリー。類まれな才能を持つペイストリーの前世は、将来を約束された菓子職//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全173部分)
  • 871 user
  • 最終掲載日:2018/02/25 02:14
異世界のんびり農家

●KADOKAWA/エンターブレイン様より書籍化されました。  【一巻 2017/10/30 発売中】  【二巻 2018/03/05 発売予定】 ●コミッ//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全381部分)
  • 840 user
  • 最終掲載日:2018/02/23 19:27
異世界料理道

 津留見明日太(つるみあすた)は17歳の高校2年生。父親の経営する大衆食堂『つるみ屋』で働く見習い料理人だった。ある日、『つるみ屋』は火災に見舞われ、父親の魂と//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全568部分)
  • 908 user
  • 最終掲載日:2018/02/24 17:00
謙虚、堅実をモットーに生きております!

小学校お受験を控えたある日の事。私はここが前世に愛読していた少女マンガ『君は僕のdolce』の世界で、私はその中の登場人物になっている事に気が付いた。 私に割り//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 連載(全299部分)
  • 1005 user
  • 最終掲載日:2017/10/20 18:39
町をつくる能力!?〜異世界につくろう日本都市〜

ある日の朝に起きた電車の脱線事故。 それは切っ掛けだった。 電車に乗っていた者達は白い空間へと誘われる。 そこに待ち受けていたのは、神を名乗る老人。 老人は言っ//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全109部分)
  • 809 user
  • 最終掲載日:2018/01/20 16:00
人狼への転生、魔王の副官

人狼の魔術師に転生した主人公ヴァイトは、魔王軍第三師団の副師団長。辺境の交易都市を占領し、支配と防衛を任されている。 元人間で今は魔物の彼には、人間の気持ちも魔//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全415部分)
  • 1057 user
  • 最終掲載日:2017/06/30 09:00
↑ページトップへ