挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
モンスターのご主人様 作者:ショコラ・ミント/日暮 眠都

7章.

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

204/210

2. 考える少女

(注意)本日2回目の投稿です。(8/6)












   2   ~加藤真菜視点~


 マクローリン辺境伯領軍の手を逃れて、もう一ヶ月以上が経った。

 現在、わたしたちは協力関係にあるアケルの王宮に滞在している。

 フィリップさんをはじめとした、アケル王家の方との関係は良好だ。
 自国の人々を助けた真島先輩を、彼らは高く評価している。
 先輩が認められるのは、わたしにとっても嬉しいことだ。

 帰る場所を失った開拓村のみなさんも、しばらくの間は一緒に滞在を許してもらった。
 怪我人は別にしても、動ける人たちは城下町での仕事を斡旋してもらい、元気に働き始めている。

 聞くところによると、辺境伯領軍を退けた『英雄』に保護されている彼らは、非常に好意的な扱いを受けているらしい。

 この話を聞いたとき、先輩はとても微妙な顔をしていた。

 口に出してはなにも言わなかったけれど、顔には勘弁してほしいと書いてあった。
 もっとも、そうした風評がエルフたちにとって良い影響を及ぼすのであれば、それは悪いことではないとも考えているのだろう。

 あの人は、そういう性質だ。
 そういうところも、わたしは――話が逸れた。

 ともあれ、アケルでの生活はひとまずの安定を確保できた。
 けれど、それで安心するわけにはいかない。

 マクローリン辺境伯の敵意は収まっていないだろう。
 聖堂騎士団も出方が読めない。

 今後どうなるかはまだわからない。
 良い方向に進むかもしれないし、悪い方向に転がるかもしれない。

 守るための力は、どれだけあっても足りるということはない。

 真島先輩たちは、みんなとても強くなった。

 ひるがえって、自分はどうか。
 考えると、少し気分が暗くなる。

 マクローリン辺境伯領軍からの逃避行で、わたしはあまり役に立てなかった。

 いや。もちろん、『霊薬』に侵された先輩の治療の一端を担ってはいた。

 ただ、それはあくまでリリィさんの手伝いであって、貢献としては大きなものではなかった。

 これまでだって、そうだ。
 本質的に、わたしができることは誰かを手伝うことだけだ。

 ありとあらゆる事態を想定して、助けになれるような意見を捻り出してきたけれど、それはやはり手助けでしかない。

 力がありさえすれば、もっと直接的に先輩たちを守ることもできた。

 わたしは弱い。
 敵を真っ向から迎え撃って戦うどころか、ひとりでは満足に町を出歩くことさえできない。

 これが、この世界の一般人の話であれば、仕方がないことで済ませるしかなかっただろう。
 けれど、わたしは転移者だ。

 本来なら強い力を得られるはずの存在だ。

 それにもかかわらず、わたしは無力だ。
 無力であり続けている。

 どうしてなのか。

 前々から疑問だった。

 わたしたち転移者の力は、心の底からの望みによって発現する。
 とはいえ、全員ではない。

 望みがないか、あったとしても相当の強さで願っていなければ、力を発現させることはできないのだ。


 だからこそ、おかしい。


 望みがない?
 あっても、願う重みが足りていない?

 ありえない。

 実のところ、もうずっと前から、わたしは自分の望みに気付いている。

 気付かないはずがない。

 狂おしいほどに、わたしはそれを願っている。
 その望みの重みは、他の誰かの願いに劣るものではないと確信している。

 それなのに――わたしは力を発現できずにいる。

 本当に、どうしてなのだろうか。
 どうしてわたしは。

 ……いいや、よそう。

 疑問を抱いても、現実は変わらない。

 解決のきざしがあるのならともかく、これまでずっとその糸口さえ掴めなかったことだ。
 いたずらに考えたところで、答えに辿り着くとも思えない。

 そもそも、わたしたちのこの力にしたところで、まだわからないことは多いのだ。

 そうだ。この力にも疑問がある。

 チート能力。
 あるいは、恩寵の力。

 どうしてわたしたちはこのような力を手に入れられるのかと、この世界に転移してきた当初、疑問を抱いた人たちは多かったはずだ。

 ただ、時間が経つにつれて、そういうものなのだろうとみんな納得していった。
 わたしもそうだし、実際にあとになって、それはこの世界の法則だと知ることにもなった。

 ――この世界では、強い願いが叶う。

 それがこの世界の法則であるのならかまわない。

 世界がそういうものだというのなら、そこに疑問を挟む余地はない。

 どれだけ不思議に思ったところで、林檎が地面に引かれる現実は変わらないのだ。

 法則とは、そういうものだ。

 ただ、法則に疑問はなくとも、目の前の現実には違和感がある。

 一言でいえば――この世界の現実は、法則に沿っていないように思えるのだ。

 多分だけれど、これには意味がある。
 なにか意味が。

 けれど、わたしの頭では、疑問に辿り着くことはできても答えは出せない。
 視点をちょっと変えればわかる気がするのだけれど、どこがおかしいのかわからない。

 これがわたしの限界だ。
 ローズさんあたりは本気で勘違いをしているけれど、わたしは考えに考えて結論を導き出しているというだけのことで、殊更に優秀というわけではないのだ。

 こんなあやふやなことでは、誰かに助言を求めることさえできない。
 困惑させてしまうだけだ。

 ああ、もどかしい。
 考えがまとまらない。

 違和感がある。
 おかしい。

 この世界は、そもそも、なにかおかしい気がする。

 だけど、なにが?

 勇者を讃える聖堂教会。
 勇者の末裔によって成る聖堂騎士団。
 勇者の力を再現する恩寵の愛し子。
 勇者を心の支えにする人々。

 勇者がいなければ成り立たない世界。

 これまで見聞してきた限り、それはどうやら事実らしい。
 けれど、そうだとすれば、どうして――

   ***

「――真菜?」

 声をかけられて、はっとわたしは我に返った。

 目の前の机には、紐で閉じた紙束。
 握り締めたペン。

 途中から乱れがちになったメモ書き。

 顔を上げれば、作業の手をとめたローズさんが、こちらを見詰めていた。

「どうかしましたか。怖い顔をしていました」

 心配そうな顔で尋ねてくる。

「先程からなにか作業をしているようでしたが」
「あ。いえ。作業というほどのことじゃないです」

 慌てて、首を横に振った。

「日記というか、雑記帳みたいなものです。ちょっと考えを書き出して、纏めていたんですけど……集中し過ぎたみたいですね」

 頬に触れると、ローズさんのいう通り、返ってくる感触は硬いものだった。

 これはいけない。
 わたしは固くなった筋肉をほぐすようにぐりぐりこねた。

 気持ちのほうも、そのうちに落ち着いてくる。

 そうしていると、ローズさんがなにやら感心したような様子で言った。

「真菜は賢い。わたしにはわからないことにも気付くのでしょうね」

 うんうんと頷き、続ける。

「ですが、あまり考え込み過ぎるのはいけません。真菜は体がそう強くないのですから」

 気遣う様子で言って、ローズさんは立ち上がった。

「ちょっと休憩にしましょうか。ご主人様もそろそろ帰ってくる頃ですし、お茶の準備をしましょう」
「待ってください、ローズさん。手伝いますよ」

 気遣われてばかりもいられない。

 わたしも椅子から腰を浮かせた。
 ローズさんのあとについていこうとして、ふと思い出して振り返る。

「……」

 広げたままの雑記帳。
 結局、些細な違和感の正体は掴めないまま。

 これは、ただの気のせいか。
 あるいは、いつかなにかに辿り着く日が来るのだろうか。

 なんにしても、いまはどうすることもできない。

 雑記帳を閉じて、わたしはローズさんに続いた。
◆加藤さん回でした。

あと一話更新する予定だったのですが、
風邪をひいていて、うまく進まなかったので短めです。
また早いうちに更新したいところです。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ