挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
モンスターのご主人様 作者:ショコラ・ミント/日暮 眠都

4章.モンスターと寄り添う者

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

113/213

24. 魔王の蠢動

   24   ~工藤陸視点~


 その崖の上からは、山裾の光景を遥かにどこまでも見渡すことができた。

 広がる森を隔てるように、小さな川が流れている。
 その向こう側には、深い森が広がっていた。

 森の木々は、その懐に深い暗がりを抱えていて、その奥底を容易に窺わせない。

 そこには、人間を根源から恐怖させる妖しい力があるようだった。

 強い風が吹き渡ると、ざあと木々が一斉に揺れる。
 その様は、なにか得体の知れない生き物の表面が波打つようにさえ見えた。

 ただ、それは同時に美しい光景でもあった。

 人間の世界から遠ざかって、特にそう感じるようになった。

 かつてはひとり恐れていた自然の広大さにも、いまはただ安心感しか抱かない。

「……」

 目を細めて、視線を少し移動させる。

 森を横切る細い川のこちら側は、ある程度、土地が切り拓かれていた。

 この高台から見えるだけでも、ふたつの小さな集落があった。
 炊事の白い煙がわずかにたなびいているのが見える。

 それを見ていて感じるのは、ただ嫌悪感だけだった。
 かつてはあれほど戻りたいと思った人間の世界なのに、いまは近付きたいとも思わない。

 いまのこの自分は、そういうふうになっていた。

≪潰さないのかな、工藤くん?≫

 唐突に、頭のなかで声がした。

≪あなたには、その力があるだろうに≫

 それは、奇妙な感覚だった。

 耳朶を通して声が聞こえるのではなくて、まるで自分で思考するように、頭に言葉が思い浮かぶのだ。
 呼びかけのかたちを取っていなければ、自分の心の声だと勘違いしてしまいそうだった。

 実際、そうして唆された人間もいたのかもしれない。

 たとえばの話だ。
 ある人物を≪殺してしまえ≫と囁かれたとする。

 まったくそんなことを思っていなければ、なにか変だと思えるだろう。
 だが、たとえば少しでも他人を疎ましく思っているところに、そんな声が聞こえたら、どうだろうか?

 何度も何度も折に触れて繰り返されたら、それが自分の本心だと思い込んでしまうこともあるかもしれない。

 その在り方は『唆す蛇』と呼ぶべきものだが、本人が自称したのは、似合いもしない別の呼び名だった。

「あなたですか、『天の声』」

 ぼくは、穏やかに言葉を返した。

 ただただ穏やかなだけで、なんの感情もこもらぬ声を。

 頭に『天の声』の言葉が伝わる感覚は気色悪いものだったが、そんな感情は表に出さない。
 さっきの言葉に、こちらを馬鹿にするような雰囲気があったことも気にしない。

 どうせ、いずれ殺すと決めている相手だ。

 これは『天の声』に限った話ではない。
 唯一絶対のひとりを除いては、どんな相手もいずれ殺すべき敵に過ぎなかった。

 友好関係にせよ、敵対関係にせよ、構築するつもりはない。
 である以上、それがどんなものであれ、感情を届けることに意味はない。

 ぼくと『天の声』の関係は、そうした無味乾燥なものだった。

≪そろそろ『動く』よ。準備はしたほうがいいんじゃないの?≫

 どうやら『天の声』は、情報を寄越しにきたらしかった。
 こういうことは、珍しくはない。

「そうですか。では、そうしましょうか」

 そんな言葉を返しながらも、ぼくは動くことはなかった。

 あくまで『天の声』の能力は、情報伝達の手段でしかない。

 たとえば、こちらから向こうのことはわからない。
 口調は少年のような雰囲気があるが、それも偽装されたものだろう。確かなことはなにひとつない。

 ただ、それは向こうも同じこと。
 向こうからも、こちらの状況は窺えない。

 動くと言って動かなくても、向こうにはなにもわからないのだ。

 いままでも、これと同じような受け答えをして、その通りに動くときと、動かないときがあった。
 というより、ほとんどは適当に返していた。

 こちらの動きを『天の声』に予想されないためだ。

 情報の裏は全部、アントンの分体に取らせればいいし、必要であればそのときは動けばいい。
 そういうスタンスだ。

 結果として、『天の声』のこちらへのアクションは大部分が無駄になっているのだが、そんなことを気にするつもりはさらさらなかった。

 ぼくにとって『天の声』は、街頭で垂れ流しにされるニュースみたいなものだ。

 放っておいても話しかけてくるから、利用できる部分は利用しているに過ぎない。
 共犯関係ですらない。

 ニュースで流れるテロップに、いちいち人格なんて認めない。
 徹頭徹尾、ぼくにとっての『天の声』とは、その程度の存在でしかなかった。

 それからいくつかやりとりをして、短くて空々しい会話が終わった。
 鬱陶しい気配が頭蓋のなかから去った。

 振り返ると、そこに長身の少年の姿があった。

「我らが王よ、準備は整ったぞ」

 ドッペル・クイーンたるアントンの分体が、かつて探索隊のひとりだった十文字達也の姿で状況を報告した。

 その傍らには黒い娘、ナイトメア・ストーカーのドーラがいた。

 そして、いまは名もなき狂獣……いいや。新たにエミルの名を与えた獣の姿があり、そのうしろには数多くのモンスターがまるで機械のように無機質に自分の出番を待っていた。

 ぼくはもう一度、崖の下の光景に目をやると、そこにある世界に告げた。

「それでは、始めましょうか。魔王の蹂躙を」
◆お待たせしました。

今日中に更新します。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ