挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
モンスターのご主人様 作者:ショコラ・ミント/日暮 眠都

1章.ご主人様と眷族の彼女たち

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

1/210

01. とある洞窟での出来事

初投稿です。
拙作をどうぞよろしくお願い致します。
   1

 人間なんてのは屑ばっかりだ。

 おれは深い洞窟の奥で身を縮め、絶え間ない苦痛に苛まれながらも、呪詛の言葉を吐き続けていた。

 そうすることしか出来なかった。

 疲れ切って、まともに休息を取っていない体は、上手く動かない。
 胃酸が胃を焼くくらいにお腹がすいていて、眩暈さえする。
 呼吸が熱っぽくて不安定だ。

 病気にでもなっているのだとしたら、ますますおれには先がない。

 おれは自分が絶体絶命の危機にあることを認めざるを得なかった。

 畜生。畜生。
 何処とも知れないこんな場所で、寂しく一人で死んでいくなんて。

 そんな風な目に遭わなければいけない、どんな罪をおれが犯したというのだろうか。

 いいや、違う。
 おれは何もしちゃいない。

 やったのは、連中の方だ。おれはあくまで被害者に過ぎない。

 だから、おれは呪詛を口にする。

 そうすることで、掻き消えそうになる意識を保とうとする。
 多分、この憎しみが消える時こそが、おれという存在がなくなってしまうその時なのだろうと思うから。

 だが、そんなおれの努力をあざ笑うかのように、洞窟の入り口の方から何やら物音が聞こえてきたのだ。

 何かを引き摺るような音。
 魂を削り取るような、不吉な擦過音だ。

 ……来るな。来るな来るな来るなっ!

 おれは心の中で叫ぶが、音はどんどんと近づいてくる。

 もう駄目だ。逃げられない。

 絶望的な気持ちで、うずくまったままおれは、視線を物音のする方へと向けた。

 そこに、半液体状の体組織を持つ、二メートル超の化け物がいた。

「……ぁあ」

 モンスター。
 おれたちがそう呼んでいる、人間にとっての天敵だった。

 おれたちが便宜上スライムと呼んでいるその化け物は、目玉の一つもないくせに、おれのことを見付けたらしい。見た目からは思いもよらない俊敏さで近づいてきた。

 逃げようもない。そもそも、おれには此処から立ち上がる体力すら残っていないのだ。

「畜生め」

 投げ出されたおれの手がまず、強烈な消化液によって喰われていく。着ている学ランが溶けて、痛みは疲れ果てた脳髄に届くことなく、痺れと喪失感というかたちで伝わった。

 どうやら、おれの人生は此処で終わりらしい。

 嫌だ、嫌だ、嫌だ。
 それは嫌だ。

「……誰か、おれを助けてくれ」

 そんな情けない言葉を最後に、おれは意識を手放した。

 それはおれが人間というものに絶望して、三日後の朝のことだった。


◆プロローグです。
次からお話が始まります。

◆(2015/5/9 追記)
下部に登場人物紹介を追加。
クリックすると、登場人物紹介の活動報告ページに飛べます。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ