挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
深淵少女エメラルド 作者:雨宮ヤスミ

[七]砂漠の怪物

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

31/31

「決着をつけよう。あたしたち七人の戦いに」
 

 あれからどれくらいの時間が経ったでしょうか。見渡す限り砂に変わった辺りを見回して、わたしは何度目か分からないため息をこぼしました。

 風は鱶ヶ渕の空を行き、辺りを砂漠に変えました。まだところどころ、元の建物が砂の中から頭を出していますが、それも徐々に砂になってこぼれ落ちています。生命の気配はどこにもなく、晴天の空と共に乾ききっていました。

 何日も物を食べていないはずですが、お腹がすくということはありませんでした。大きな体を持て余して、静かに膝を抱えて座り込むぐらいしか、今のわたしにやることはないのです。地平線の向こうは陽炎で揺らめいていて、砂漠の端は定かではありません。

 もしかしたら、全世界がわたしの砂漠に覆われてしまったのかもしれない。そう考えることもありましたが、さすがにそこまでできるわたしでもないとすぐに思い直します。そういう自惚れに似たような感情こそ、砂にして埋めておかなくてはいけないのです。

 空気の震える感触が伝わってきました。自分以外の生命の気配を感じるのは、本当に久しぶりです。微かに吹く「破滅の風」の中を、その人は歩いてきました。

「よう、ミリカ」

 振り向くと、アキナさんが立っていました。赤毛に白の混じった「ディストキーパー」の姿でした。

「意識はあるんだな、よかった」

 振り返ったのを見て、和らいだ表情になりました。

 わたしはこのままだとしゃべりにくいと思って、体をよじらせて小さくなりました。手足をたたむようにして全身を小さく集め、驚くアキナさんの前に立ちました。

「人間の姿に、なれるのか?」
「はい……」

 とは言え、「ディストキーパー」の姿には戻れないのです。顔はわたしのものですが、藁でできたコーンハットに金属の鎧のようなものをまとった胴体、背中にはコウモリの羽が生えていて、ライオンのたてがみのような毛深いスカートの下は獣の足みたいな靴と、「ディスト」の姿をそのまま人間が着込んだような格好でした。

 わたしたちは少し歩いて、砂に半分以上沈んだビルの壁面に並んで腰掛けました。

「あれから三か月ってところか」

 そんなにも経っていたなんて。もっと短い気がしていたわたしは、愕然となりました。

「パサラもしれっと復活しててさ、でも今は鱶ヶ渕がこんなだろ?」

「ご、ごめんなさい……」

 だから謝るなよ、とアキナさんは悲しそうな呆れたような、そんな顔をしました。

「今日どうするかを決めるんだってよ」

 アキナさんはそれを伝えるために来たのだそうです。

「どう、なるんですか?」

「現状、砂漠化を食い止めるために、鱶ヶ渕とそこに接している町や海の間に『空間断層結界』っていう処置をしているらしい」

 理論はよく分からないから受け売りだけど、と言いながらアキナさんが説明してくれたところによると、「インガ」と「インガ」の間に断層を作って、鱶ヶ渕だけで「インガ」の巡りを独立させてしまっているのだそうです。

「それで、完全に独立させるかどうかの判断が、今日なんだよ」

 鱶ヶ渕の外は、オリエ先輩のやった改変の揺り戻しなどで、三か月間かなりバタバタしていたようでした。

「独立させる、ですか?」
「『インガ』の外に放逐して、最初からなかったことにする」

 ただ、「ディスト」がらみなので「エクサラント」の力では干渉して消し去ることができないのだそうです。

「どことも繋がらないまま、ずーっと『インガ』の外を漂うことになるらしい」
「じゃあ、そうしない場合は?」

 アキナさんは暗い顔でうつむきました。何となく、わたしは分かってしまいました。

「……この風の原因を絶って、時間をかけて鱶ヶ渕を元に戻す。復興は、まあマンパワーだな。『ディスト』の壊した『インガ』は修正不能だから」

 つまり、わたしを倒すということでした。アキナさんは、わたしを殺しに来たのです。

「でもさ、こうやって人間の姿になれるんだよな? だったら、一緒にここを出ようよ。『ディストキーパー』だって『ディスト』なんだから、あたしと一緒だ。何よりミリカ自身、全然人間の時と変わってないじゃないか!」

 な、とアキナさんが必死に笑って手を差し伸べてくれましたが、わたしはその手にのっている砂粒を指差しました。

「ここ、ずっと風が吹いているじゃないですか」

 アキナさんのグローブにのった砂を払い落とすと、小さな穴が開いていました。

「これ……?」

「砂がのったんじゃないんです。グローブが、この風で砂になっちゃったんです」

 わたしから吹いているこの「破滅の風」は、わたしの意思で弱められこそすれ、完全に止めることはできないのです。

「いや、でも、弱められるんだったら……」

 わたしは首を横に振りました。アキナさんとしゃべっていたのはごく短い時間です。それだけの間で、アキナさんの体にはたくさん砂が積もっていました。

 そのことに気付いて、アキナさんはまたうつむいてしまいました。この人を何度もへこませてしまうなんて、やっぱりわたしは駄目な女の子です。

「そうか、分かったよミリカ、戦おう」

 顔を上げたアキナさんは、あの意志の強い目をしていました。ビルの壁面から降りて、わたしと距離を取りました。わたしもビルから降りて、少し離れました。

「決着をつけよう。あたしたち七人の戦いに」

 アキナさんは『プログレスフォーム』を取りました。機械のような翼が付いたり、衣装が黒地になったりして、わたしが知っているよりもパワーアップしたように見えます。

 迷いなくこちらを見据える瞳に、わたしは嬉しいようなくすぐったいような気分になりました。この目をこれから、砂に変えてしまうのに。

「やっぱり、アキナさんはかっこいい人です」

 ずっと思っていたことを、この目前に広がる砂漠のように隠すことなくそう告げると、アキナさんは照れたように笑いました。

 名残惜しさを押し殺して、相対するわたしも怪物の姿に戻ります。

「行くぞ、ミリカ――」

 わたしは腕を持ち上げて、二対四枚の羽根を広げました。

 拳を構えたアキナさんは地を蹴って、こちらに突進してきました。



 見渡す限りの砂の上を、乾いた風が駆け抜けていきました。

 わたしは自分の手の中の、最後の友達だった砂をそれに流しました。

 空間全体が震えるような音がしています。もうすぐこの鱶ヶ渕という砂漠が、人間界の「インガ」から完全に切り離されるのです。

 怪物のわたしは、青いばかりの空に一つ吠えて、砂の底へと潜って行きます。

 袋の中の宝石の数を気にすることもなく、まして傷を覚えておく必要もない、長い永い時が過ぎ去るのをここで待つのです。

 もう何も訪れることのないこの砂漠が、わたしが変えてしまった世界、たどり着いた深淵。いつか誰かがのぞき見る時まで。
 すべてを抱え込んだままわたしは目を閉じました。





 〈深淵少女エメラルド 了〉

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
― 感想を書く ―

1項目の入力から送信できます。
感想を書く場合の注意事項をご確認ください。

名前:

▼良い点
▼気になる点
▼一言
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

この小説をブックマークしている人はこんな小説も読んでいます!

そこにカイロスはいるか?

高校二年生の僕は死んでしまった。実にあっけなく。あー死んだな。そう思って目を開ければ死神と名乗る変な女が「チャンスをやるよ」と、そう言った。

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全56部分)
  • 5 user
  • 最終掲載日:2010/03/14 22:27
英雄《しゅやく》になれない槍使い

西暦二〇三一年、謎の結晶体「CE」の襲撃により、人類は緩やかに滅亡への坂を転がり落ちていた。 これは、聖剣の輝きによって地球を救った、偉大な英雄の物語――ではな//

  • アクション〔文芸〕
  • 完結済(全125部分)
  • 5 user
  • 最終掲載日:2016/09/15 20:36
二度目の勇者は復讐の道を嗤い歩む

魔王を倒し、世界を救えと勇者として召喚され、必死に救った主人公、宇景海人。 彼は魔王を倒し、世界を救ったが、仲間と信じていたモノたちにことごとく裏切られ、剣に貫//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全133部分)
  • 5 user
  • 最終掲載日:2018/01/17 09:12
無欲の聖女(旧題:無欲の聖女は金にときめく)

【12/28 ヒーロー文庫さまより4巻発売】お金が何より大好きな守銭奴少年・レオは、ひょんなことから、訳ありの美少女・レーナと体が入れ替わってしまう。 なんでも//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全150部分)
  • 5 user
  • 最終掲載日:2017/12/23 20:00
ウロボロス・レコード ~円環のオーブニル~

「これは永遠に恋をする物語」  伯爵家次男トゥリウス・シュルーナン・オーブニルは、現代日本から異世界に生まれ変わった転生者である。即ち、一度は死を経験した身であ//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全91部分)
  • 6 user
  • 最終掲載日:2016/04/08 23:00
斜陽世界《アフターグロー》に終止符を

「この世界は閉ざされているんだ」 青年の言葉で物語は幕を開ける。 鞄の少女は命を狙われ、大道芸人の青年は少女を守る。 青年騎士は力を求め、その兄は不穏を纏い//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全294部分)
  • 5 user
  • 最終掲載日:2018/01/22 22:02
トラック受け止め異世界転生ッッッッッ!!!!!熱血武闘派高校生ワタルッッッッッ!!!!!

【日間ランキング1位ありがとうッッッッッ!!!!!圧倒的感謝ッッッッッ!!!!!】  時は世紀末から数年後、2017年!ごく普通の高校生である伊藤ワタルはトラ//

  • コメディー〔文芸〕
  • 連載(全41部分)
  • 5 user
  • 最終掲載日:2018/01/22 20:25
無職転生 - 異世界行ったら本気だす -

34歳職歴無し住所不定無職童貞のニートは、ある日家を追い出され、人生を後悔している間にトラックに轢かれて死んでしまう。目覚めた時、彼は赤ん坊になっていた。どうや//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全286部分)
  • 7 user
  • 最終掲載日:2015/04/03 23:00
ありふれた職業で世界最強

クラスごと異世界に召喚され、他のクラスメイトがチートなスペックと“天職”を有する中、一人平凡を地で行く主人公南雲ハジメ。彼の“天職”は“錬成師”、言い換えればた//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全301部分)
  • 5 user
  • 最終掲載日:2018/01/20 18:00
Knight's & Magic

メカヲタ社会人が異世界に転生。 その世界に存在する巨大な魔導兵器の乗り手となるべく、彼は情熱と怨念と執念で全力疾走を開始する……。 *お知らせ* ヒーロー文庫よ//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全136部分)
  • 5 user
  • 最終掲載日:2018/01/21 22:59
異世界コンサル株式会社(旧題:冒険者パーティーの経営を支援します!!)

・幻冬舎様より、なろう初の「ビジネス書」として書籍化されました! ・7月12日に発売。電子書籍も同時発売。読売・毎日新聞朝刊に広告掲載! 「もう、冒険者やめた//

  • その他〔その他〕
  • 連載(全721部分)
  • 7 user
  • 最終掲載日:2017/07/30 12:15
レイロアの司祭さま~はぐれ司祭のコツコツ冒険譚~

迷宮都市レイロアで冒険者の道を選んだノエル。 てっきり僧侶になると思っていたのに上級職の司祭になってしまう。 嘘みたいに成長が遅い司祭。 パーティを組むとみるみ//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全183部分)
  • 5 user
  • 最終掲載日:2018/01/12 21:00
無職転生 - 蛇足編 -

 『無職転生-異世界行ったら本気出す-』の番外編。  ビヘイリル王国での戦いに勝利したルーデウス・グレイラット。  彼はこの先なにを思い、なにを為すのか……。 //

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全32部分)
  • 6 user
  • 最終掲載日:2017/09/09 19:00
公爵令嬢の嗜み

公爵令嬢に転生したものの、記憶を取り戻した時には既にエンディングを迎えてしまっていた…。私は婚約を破棄され、設定通りであれば教会に幽閉コース。私の明るい未来はど//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全265部分)
  • 5 user
  • 最終掲載日:2017/09/03 21:29
最果てのパラディン

  かつて滅びた死者の街。 そこには1人の子供と3人の不死なる者たちが存在した。 かつて英雄であった不死者たちに養育される少年、ウィル。 技を継ぎ知識を継ぎ、愛//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全157部分)
  • 5 user
  • 最終掲載日:2017/09/22 23:38
ログ・ホライズン

MMORPG〈エルダー・テイル〉をプレイしていたプレイヤーは、ある日世界規模で、ゲームの舞台と酷似した異世界に転移してしまった。その数は日本では約三万人。各々が//

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 連載(全131部分)
  • 6 user
  • 最終掲載日:2017/08/31 20:00
インスタント・メサイア

※第一章の前に『イメージイラスト』『ファンアート』を追加いたしました。 ※本作はシリーズ第1部となります。第2部は連載中です。   第2部:http://nc//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全199部分)
  • 6 user
  • 最終掲載日:2017/11/19 21:39
セブンス

ライエル・ウォルトは伯爵家であるウォルト家の嫡子であった。 だが、完璧である妹のセレス・ウォルトとの勝負に負けて廃嫡。完膚なきまでに打ちのめされ、心を折られた状//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全345部分)
  • 6 user
  • 最終掲載日:2015/12/06 00:00
ゲーム実況による攻略と逆襲の異世界神戦記(アウタラグナ)

ドラゴンデーモンRPG……鬼のような難易度と理不尽極まるシステムでもって「マゾゲー」と愛されるタイトルである。ゲーム実況者・いもでんぷんは、そのDX版を購入、実//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全43部分)
  • 5 user
  • 最終掲載日:2018/01/21 22:40
棺の魔王 (コフィン・ディファイラー)

灰色の雲に覆われた草原の国、コフィン。 天空を舞う竜をあがめる王国に、ある日『神』と呼ばれる巨大な生き物をともなった軍勢が侵攻して来た。 不可思議な武器を持つ女//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全266部分)
  • 5 user
  • 最終掲載日:2018/01/23 09:12
謙虚、堅実をモットーに生きております!

小学校お受験を控えたある日の事。私はここが前世に愛読していた少女マンガ『君は僕のdolce』の世界で、私はその中の登場人物になっている事に気が付いた。 私に割り//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 連載(全299部分)
  • 8 user
  • 最終掲載日:2017/10/20 18:39
小説投稿サイトでランキング一位を取らないと出られない部屋

目覚めると、真っ白い部屋にいた。 部屋に一台だけあるパソコンのディスプレイには、こう表示されていた。 【この部屋は、小説投稿サイト『小説を書こう』のランキングで//

  • パニック〔SF〕
  • 完結済(全12部分)
  • 6 user
  • 最終掲載日:2017/06/18 19:00
塔の陰

百姓の家に生まれた慎太郎。腕を買われて道場入りし、道場主の娘・マナと祝言を挙げようかとしていた矢先、二人を引き裂くできごとが……

  • 純文学〔文芸〕
  • 完結済(全47部分)
  • 5 user
  • 最終掲載日:2013/06/03 19:36
古龍の昔話

龍鳴山には、人の姿をした古龍が住んでいる。 その龍の傍らには、身の回りの世話をする少女がいた。 ある日、少女は古龍に言った。「あなたのことを教えてほしい」。 古//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全23部分)
  • 7 user
  • 最終掲載日:2017/03/06 19:00
用務員さんは勇者じゃありませんので

部分的学園異世界召喚ですが、主役は用務員さんです。 魔法学園のとある天才少女に、偶然、数十名の生徒・教師ごと召喚されてしまいます。 その際、得られるはずの力をと//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全143部分)
  • 7 user
  • 最終掲載日:2018/01/01 00:48
その無限の先へ

いつ、どんな形で死んだのかは分からない。 前世の記憶を抱えたまま転生した先で待っていたのは、ゲーム的なシステムを持ちながらも現実的で過酷な日常だった。 現代知識//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全111部分)
  • 5 user
  • 最終掲載日:2017/07/30 08:28
ラピスの心臓

狂鬼と呼ばれる凶暴な生き物でひしめき合う、灰色の森で覆われた世界。孤児として独りぼっちで生きる主人公のシュオウは、生まれながらの優れた動体視力を見込まれて、偶然//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全61部分)
  • 5 user
  • 最終掲載日:2017/10/07 22:49
蜘蛛ですが、なにか?

勇者と魔王が争い続ける世界。勇者と魔王の壮絶な魔法は、世界を超えてとある高校の教室で爆発してしまう。その爆発で死んでしまった生徒たちは、異世界で転生することにな//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全534部分)
  • 9 user
  • 最終掲載日:2018/01/15 22:46
Re:ゼロから始める異世界生活

突如、コンビニ帰りに異世界へ召喚されたひきこもり学生の菜月昴。知識も技術も武力もコミュ能力もない、ないない尽くしの凡人が、チートボーナスを与えられることもなく放//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全443部分)
  • 7 user
  • 最終掲載日:2017/06/13 01:00
破壊の御子

現代日本で、ごく普通の高校生でしかなかった木崎蒼馬は、ある日突然、何者かによって異世界に召喚されてしまった。人間が亜人類を征服して虐げているその世界で、蒼馬は//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全259部分)
  • 6 user
  • 最終掲載日:2018/01/21 23:22
死神を食べた少女

死神を食べたらどうなるんだろう。 私には良く分からない。分かるのはたった一つ。 お腹がすいた。 だから、こいつらの首を持って偉い人に届けよう。 きっと美味しい物//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全37部分)
  • 6 user
  • 最終掲載日:2012/12/23 22:58
魔王軍最強の魔術師は人間だった

『魔王軍最強の魔術師』と呼ばれ、単身で砦を攻略できる魔族、その名はアイク。 絶大な魔術で敵をなぎ払う様は、まさしく『化け物』そのもので、敵味方から畏怖される存在//

  • その他〔その他〕
  • 連載(全169部分)
  • 6 user
  • 最終掲載日:2018/01/20 09:15
シャングリラ・フロンティア〜クソゲーハンター、神ゲーに挑まんとす〜

世に100の神ゲーあれば、世に1000のクソゲーが存在する。 バグ、エラー、テクスチャ崩壊、矛盾シナリオ………大衆に忌避と後悔を刻み込むゲームというカテゴリにお//

  • VRゲーム〔SF〕
  • 連載(全218部分)
  • 5 user
  • 最終掲載日:2018/01/22 06:00
黒の魔王

黒乃真央は悪い目つきを気にする男子高校生。彼女はいないがそれなりに友人にも恵まれ平和な高校生活を謳歌していた。しかしある日突然、何の前触れも無く黒乃は所属する文//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全645部分)
  • 6 user
  • 最終掲載日:2018/01/19 17:00
ハーフ・ヴァンパイア創国記

絢爛たる英雄たちを従え、覇道を目指した闇の王の誕生と創国の物語。 貴族の次男として生まれた16歳のタオ=シフルは幼い頃に見た聖騎士に憧れ、ようやく見習いとなっ//

  • アクション〔文芸〕
  • 連載(全151部分)
  • 5 user
  • 最終掲載日:2017/10/15 15:29
ライブダンジョン!

ライブダンジョンという古いMMORPG。サービスが終了する前に五台のノートPCを駆使してクリアした京谷努は異世界へ誘われる。そして異世界でのダンジョン攻略をライ//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全267部分)
  • 6 user
  • 最終掲載日:2018/01/19 17:00
↑ページトップへ