挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。

『人と猫の暮らし』

作者:詩織




わたし 元気になったら

あんたに ねずみ

とってあげる



そいでもって、

わたしが 人間になったときは

一番はじめに あんたに

『ありがとう』って、いうわね。


綿の国星:大島弓子著



うちのムーは”ネズミ”を

知りません。


いえねこは

知らないことが、
たくさんあった方が
狭いおうちの中だけで
満足できるから


知らない方が幸せなんだよね、

愛玩動物としては、






手足の先っぽだけ
靴下をはいたような
猫、知ってる?



”靴下猫”なんて
呼ばれてるんだけど


いろんな靴下があるんだよ~♪


片方どこかに
落としてきちゃったような子や、


まるで半分 脱ぎかけな子や、


「きょうは靴下、穴が空いてるから、
座敷は勘弁ちてーー♪」(汗)))

なんて子もいたりして、


超ぉぉぉぉぉぉぉーーー!

かわいいーーーー♪

癒されるーーーー♪


(詩織談)


挿絵(By みてみん)
わが家のムーとネズミ


ああ、

この写真、(笑)

みんなに

ボクの靴下見てもらおうねっ

って、(笑)

ボクさぁ~

カメラが苦手なんだー

だってさ~

「ピカッ」って光って
まぶしいんだもん

でねぇ~

詩織ちゃんが、

この白いのをチョロチョロ動かすと

なんだか心臓がドキドキするんだ~

もう、追いかけなきゃあああ~って、

気がするんだ、、、

詩織ちゃんは

「ムーは、ネズミが好きだね~」

って、言うけど


ボク、”ネズミ”って知らないんだー

この白いのがネズミって名前なのかな~?



なんだか分からないけど、

これを追いかけてるとムズムズして、

ワクワクして、興奮するんだから


「大好きー!ネズミーーー♪」


にゃ~ぁ、にゃ~ぁ♪
詩織ちゃん、もっと遊ぼうよー



にゃ~ぁ、にゃ~ぁ♪
詩織ちゃん、もっと動かしてよー



にゃ~ぁ、にゃ~ぁ♪
詩織ちゃん、楽しいねぇ~♪



挿絵(By みてみん)


撮影、成功!


(笑)



感想の返信の続きです。


お読みいただきまして
ありがとうございました。

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ