挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
午前三時、202号室の団欒 作者:西田三郎
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

5/10

カレーライス

 その日の夜、あたしはほとんど眠れなかった。

 おばあさんに見せられた写真の中のタカユキくんが、目を閉じればはっきりと蘇ってくる。

 あの写真をどうやっておばあさんに返したのか、あのときの動揺をどうやってごまかしたのか、どう言い訳してあわただしくおばあさんの部屋を後にしたのか、はっきり覚えていない。

 失礼がなければいいが、とは思うが、それでもあたしは恐ろしかった。

 あのボロボロの写真に写っていたのは、あきらかにタカユキ君だ。
 あの写真に入っていた日付が間違いでなければ、あの写真は17年前に撮られたことになる。
 でも、タカユキ君はいま、3歳の子供だ。

(見間違いだって……あたし、きっとどうかしてるんだ)

 あたしはベッドの上で膝を抱えながら、自分に言い聞かせた。

(あれがタカユキくんなわけないじゃん……写真の中の男の子が、タカユキくんに似てただけ? ……それとも、タカユキくんがあの写真の男の子に似てる、ってだけで……)

 もしくは。

 あたしが何もかもを関連づけて考えすぎているのかもしれない。

 あの写真の男の子は、タカユキくんにちっとも似ておらず、タカユキくんもまた、あの写真の男の子とはちっとも似ていないのかもしれない。

 103号室の旦那さんは、もともと髭もじゃで筋肉質な男性だった。
 あたしが見かけたとき、103号室の奥さんとタカユキくんは、旦那さんではない別の男性と出かけていたのかも。

(それが、昨夜コンビニで見かけたあの灰色のジャージの男性? ……おばあさんが言ってた、無職で引きこもりの男? ……あまりにも見掛けが変わり果てすぎてない?)

 ……自分を納得させようとすればするほど、頭の中に疑問符が増えていく。
 髪なんて染めれば色が変わるし、数ヶ月もすればボサボサになる。
 別になにも不自然なことではない……ありえないことではない。

(ってことは……あの、タカユキくんのちょっとギャル入ったお母さんは、隣に住んでいる無職の若い男と不倫とかしている、ってこと? それも堂々と、子供をつれて食事に出かけたりしてるってこと?)

 だめだだめだだめだ。

 無理やり理屈をつけようとしても、どうしてもあたしのなかの理性と常識が、もぐら叩きみたいに理屈を打ち消していく。

 ひざを抱えて、なんとか眠ろうとした……がそんなには眠れなかった。

 まず鼻をついたのは、カレーの香りだった。
 はっとして顔を上げる。壁掛け時計の示す時刻は午前3時。

 そして……隣の部屋からの声。


(わーい! カレーだ! カレーだ!)
(あんまり辛くないから安心してね……ご飯もいくらでもあるから)
(いやあ、僕もカレーには目がないんですよ……)
(とりあえず、ビールでも開けますか……)
(カレーにビール? ……ちょっとおかしくない?)



「……ひ、ひっ……」

 もちろん声は、となりの部屋……空き室のはずの202号室から聞こえてくる。

「だ、誰なの?」
 声に出して言った。思ったより震えて、霞んだ声だった。
「誰が……誰がそこにいるの?」




(俺、おかわりしていいっすか?)
(食べるの早っ!)
(僕も、僕も!)
(ほらほら、慌てない……まだまだたくさんあるんだから)
(ビール、もう一本いっとく? ……さん、ほら、飲んじゃおう)




「……なにしてるの?」
 今後は、もう少しましな声が出た。
「なにしてるのよ? 空き部屋なんでしょ? 空き部屋でなに団欒してんの?」
 最後のほうには、もうほとんど叫んでいた。




(あははは、ほんと、テンション上がっちゃうよなあ! カレーって)
(あんた、口の周りカレーだらけ。拭きなさい)
(生卵入れる?)
(あ、入れる入れる!)
(僕も!)



「夜中の3時だよ? なにみんなで楽しそうにカレー食べてんの? おかしくない? あんたら、ほんとにおかしいんじゃない?」

 何度も何度も叫んだ。
 しかし、彼らはあたしの声など耳に入らないように、楽しそうに語らい続ける。
 強烈なカレーの匂いとともに。

 あたしのほうがおかしいんだろうか?
 彼らは、団欒を楽しんでいるだけだ。
 たとえ今が、夜中の3時であろうとも。
 それを、おかしいと非難しているあたしのほうが、おかしいのだろうか?

 あたしは、心が狭いのだろうか?



 明け方まで、彼らの声はやまなかった。
 いつの間にか、あたしはベッドの上で膝を抱えたまま、眠り込んでいたようだ。
 目が覚めると、部屋に朝日が差し込んでいて……声は止んでいた。

 カレーの残り香も、消えていた。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ