挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
セーブ&ロードのできる宿屋さん ~カンスト転生者が宿屋で新人育成を始めたようです~ 作者:稲荷竜

六章 ヨミの回想録作成

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

84/249

84話

 その季節を回想すると、まずは厳しい寒さを思い出します。
 寒いのは嫌いです。
 当時、私は『輝く灰色の狐団』というクランで、団員の衣類の洗濯や料理を主な仕事としていました。

 クランという集合体は、団長や団員、設立過程によって様々なものがあります。
 私が生まれた時からいた『輝く灰色の狐団』はキャラバンに近い集合体でした。
 場合によっては拠点から拠点へ渡り歩く、共同生活体、とでも言えばいいのでしょうか。
 クエストのためだけに集まった集団ではなく、もっと深い、家族のような付き合いをする団体だったと思います。

 というよりも、そのクランは、冒険のための集まりとは言えませんでした。
『輝く灰色の狐団』は、犯罪者や、犯罪者まがいの人たちの集団だったのです。

 孤児。
 逃亡奴隷。
 宿無し。
 なによりも、犯罪者。

 まともに生きてはいけない人たちが、身を寄せ合っている場所でした。
 そもそも、クランの中心人物からして犯罪者です。

 クランマスター。暗殺者の『はいいろ』。
 副マスター。盗賊の『狐』。
 そして、役職こそないものの、ご意見番のような位置には『輝き』という人がいました。

 この三人がクランメンバーにとっての父や母、姉でした。
 それ以外は、誰しもが息子であり、娘でした。
 私は彼らの実子でしたが、ほかの子たちと比べて、特別いい待遇はされていなかったように思います。

 洗濯や料理などの下働きを、よくやっていました。
 だから、寒い季節の水の冷たさをよく覚えています。
 湿った洗濯物の重さも、小さな体をいっぱいに使ってシーツを干したことも、物干しの紐が切れて洗濯をやり直したことだって、覚えています。

 たぶん、そんな思い出ばかりの日々は、平穏だったのでしょう。
 でも、状況は常に水面下で動いていたのだとも、今からならば、思います。
 状況が、私にもわかるぐらい顕著に動き出したのは、たぶん、ある人が入団したころだと思います。



「おーい、新しい団員拾ったぞー」



『はいいろ』の胴間声を思い出します。
 回想していると、私の父は、記憶違いかと思うぐらい、顔と声が合っていない人でした。

『はいいろ』は魔族の男性です。
 純白の髪に、純白の肌。右目は赤く、左目には眼帯をしていました。
 容貌は若々しく中性的です。
 いつも身につけていた銀の毛皮のマントも、実用的な防具のはずなのに、彼が着ていると街で流行のファッションかなにかに見えました。

 子供心に、父が格好いいというのは、なかなか誇らしいことだったと覚えています。
 黙っていれば最高の父親だ、とか失礼なことを思っていた記憶があります。


 当時、『輝く灰色の狐団』がねぐらにしていたのは、大きな酒場の跡地でした。
 地方都市のさらに郊外にある、屋根のない二階建ての建物です。
 仕事のないメンバーは、いつもそこに集まって、ぐだぐだと話をしていました。
 詳しい内装はよく覚えていないけれど、乱雑に並んだテーブルと、そのへんにうち捨てられた木材と、中央のテーブルに腰かけていた『はいいろ』の姿はよく覚えています。


「コレな。おーい、起きろよボウズ。いつまで寝てんだ」


 父は、拾ってきた少年を乱暴に扱っていました。
 よく見れば少年はボロボロだったように思います。
 でも、血も流れていないし、服は裂けているのに傷跡もないし、肌がのぞいた場所には打撲のあとすら見えません。
 冷静に思えば、不気味な少年だったと思います。
 その少年の第一声が、今でも耳に残っています。


「ね、寝てない! ちょっと離席してただけだ!」


 意味はわかりませんでしたが、その瞬間、私の中で彼を『おかしな人』に分類したのだけははっきりと覚えています。
 好意的な印象はありませんでした。
 おかしい人というのは、珍しくもないので、特別な興味もわきません。

『輝く灰色の狐団』は、基本的に来る者を拒まないクランでした。
 だからおかしな人が来ることだって、珍しくなかったのです。
 あの人もそのたぐいか、とやけに冷静に思っただけでした。

 今から思えば、当時の私は、全然、子供らしくない子供だったと思います。
 達観していたというか、ませていたというか、とにかく無愛想で無感動で、無礼でした。

 言い訳をさせてもらえるならば、たぶん、父親である『はいいろ』のせいでしょう。
 父はいつでも楽しそうで、軽薄で、子供みたいな人でしたから、私はそんな彼の姿を見て、自分がしっかりしなければとか、思っていたのかもしれません。


「はっはあ! 愉快なボウズだねえ! ホレ、自己紹介しな」
「じ、自己紹介……?」
「名前ない系の人?」
「それはあるけど……えっと、状況が、よく……」
「わかったわかった。おじさんが解説してやろう。お前さんは、俺様を殺そうとした。俺様はお前さんを返り討ちにした。でも、お前さんはなぜか生きてる。だから連れてきてクランメンバーにしようと思った。以上だ。質問は?」
「質問はっていうか……気になることだらけで……とりあえず、なんで、あんたは自分を殺そうとした俺をクランメンバーにしようとしてんだ!?」
「お、細かいことが気になるお年頃かい?」
「細かくねーよ!」
「大丈夫、大丈夫! 俺様たちは殺し合った仲だろ? お前さん、俺にハラワタまで見せてくれたじゃないか! 体の中を見たんだから、もう親友も同然だろ?」
「……」


 いつもの、強引なやりとりでした。
 すっかり黙ってしまった少年の微妙な表情を、今でもよく覚えています。

 このあいだ、その少年の前で再現して見せたら、『そんな顔はしてない』と言われてしまいました。
 絶対してました。
 情けないような、困ったような、そんな顔です。

 とにかく、『はいいろ』を前に黙ってしまうと、もうおしまいです。
 交渉術とは違うのかもしれませんが、あとは『はいいろ』の望むようにされてしまいます。


「というわけでお前さんは団員だ。さあ団員になろう。団員に決定。さあさっさと自己紹介してくれよな? さもないとお前さんの名前は俺様が勝手につけるぞ」
「……」
「そうだなあ……お前さんは殺してもなぜか死なないから、『死なない君』とかどう?」
「……アレクサンダー」
「大きな声で」
「アレクサンダーだよ! 俺の名前は、アレクサンダーだ!」
「はっはあ! というわけでアレクサンダーくんが新しく我らがクランに入団だ! アレクでもアレックスでも好きなように呼んでやってくれ!」
「……くそ、なんでこんなことに」


 アレクの心の底から悔やんでいる表情を、今でもよく覚えています。
 思い返すたびに笑いそうになってしまいます。
 だって、あんまりにも、まともな反応に思えますから。

 ともかく、父はアレクを『輝く灰色の狐団』に入れてしまいました。
 そうなるといつもの儀式が始まります。
 父はそのへんにいたメンバーにお酒をもってこさせ、高く掲げます。
 そして、いつものように、号令をしました。


「新しい家族に乾杯!」


 杯を掲げて、飲み干します。
 周囲にいたクランメンバーたちも、同じようにします。

 こうして新しいメンバーを入れた『輝く灰色の狐団』の日々が始まります。
 ほぼふた月あと、終わりを迎えるまでの日々は、私にとって思い出深いことばかりでした。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ