挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
セーブ&ロードのできる宿屋さん ~カンスト転生者が宿屋で新人育成を始めたようです~ 作者:稲荷竜

四章 トゥーラの近衛兵入隊

54/249

54話

 翌日。
 トゥーラはいつもの習慣で、朝早く目覚めた。


 周囲を見回す。
 やたら寝心地のいいベッド。
 大きい鏡のはまった鏡台。
 壁に埋め込み式になったクローゼット。


 ここは『銀の狐亭』。


 昨日聞いた修行の話は全部、悪い夢で――
 目覚めたら、兵宿舎に戻っている。
 そんな思いはどうやら、叶わなかったようだった。


「……ああ、そういえば、遺書を記して両親にとどけないと、いけなかったのに」


 昨日は、うっかり眠ってしまった。
 大きなお風呂。
 寝心地のいい、温かなベッド。
 明日から――つまり今日からの修行が不安で枕に顔をうずめて泣いていたら、寝てしまった。


 顔を覆う。
 女王陛下の近衛兵になるために、がんばってきた。
 その道が険しいことだって充分に承知していたつもりだ。

 でも、この修行は。
 完全に想定外で。

 ひょっとしたら、遠回しに『お前はいらないから死ね』と言われているんじゃないかと。
 トゥーラはそのように考え、首を横に振る。


「違う。女王陛下は、そんな冷酷な方じゃない。あの人は、聡明で、優しくて、清楚……な服装はあんまりお好きじゃないけれど、とにかくいい人だから。信じるんだ。信じて、辛い修行を乗り越えるんだ」


 自己暗示をする。
 大丈夫。
 普通にやって死ぬようなことを、修行とは言わない。
 だからきっと、大丈夫。


「……よし」


 トゥーラは気合いを入れて、ベッドから起き上がる。
 柔らかな寝間着から、きちんとした服装へと。
 革鎧を身につけ、剣を帯びる。


 そのタイミングを見計らったかのように。
 ドアが、ノックされた。


「ひゃい!」


 舌を噛みそうになりながら、返事をする。
 すると、耳にとどいたのはアレクの声だった。


「おはようございます。トゥーラさん、これから修行ですけれど、準備はよろしいですか?」
「は、はい! 万全であります!」
「そうですか。では、一階の食堂でお待ちしておりますので。ご説明しなければならないこともあるようですし」
「なんでありましょうか?」
「いやあ……俺も説明は苦手な方だと自負しておりますが、ルクレチア様は、そもそも説明をしない方だったなと」
「?」
「ともかく、一階へどうぞ。食事をしながらお話しましょう」


 そう言うと、声が途切れる。
 いなくなったのだろうか。
 足音とか、なかったけれど。


 トゥーラは恐怖と不安を覚えながらも、一階食堂に行くことにした。
 どんなことでも、やってみるまでは不安なものだ。
 でも、やってみたら、意外とどうにか、なるものだ。

 そう信じて。
 トゥーラは修行の詳しい説明を受けるために、一階へ向かった。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ