挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
セーブ&ロードのできる宿屋さん ~カンスト転生者が宿屋で新人育成を始めたようです~ 作者:稲荷竜

三章 ホーの借金返済

49/249

49話

「では少しクーさんと話をしてまいります。先に宿へ帰っていてくださいますか?」


 長話を終えて、ギルドを出た。
 外で待っていたアレクが、入れ違うように、ギルド内部に入っていく。

 かなり長い話をしたはずだが、ずっと待っていたのだろうか。
 夜は、深夜に移り変わっている。
 もうそろそろ、夜明けも近いだろう。

 ホーは言われた通りに『銀の狐亭』を目指す。
 あたりに人はいない。
 等間隔に明かりがあるので道が見えないことはなかった。

 でも、今のホーならば真っ暗闇でもだいたいのものの気配を感じることができる。
 ――たとえば。

 暗闇。
 路地裏に潜み、こちらをうかがう、複数人の息づかいとか。

 ホーは足を止める。
 無気味だ。ずっとつきまとってきている集団がいる。
 こういう追いかけっこみたいなのは性に合わない。
 だから、呼びかけることにした。


「おい、こそこそあたしの後をつけてきてる連中、今なら怒らねーから出てこい」


 すると。
 暗闇から、ぞろぞろと、男たちが出てくる。

 ホーは男たちをにらみつけた。
 ……その中に、見覚えのある人間の男を見つける。

 金貸しだ。
 なるほど、痛めつけた金貸しが、仲間を連れて来たのかとホーは納得する。


 また痛めつけてやるしかないのか、とホーはため息をついた。
 十人以上の集団に囲まれているのに、まったく負ける気がしない。
 たぶん修行の成果だろうと考えられた。

 男たちは、無言で包囲の輪を狭めてくる。
 ホーは髪の毛をざわつかせる。

 しかし――
 急に。
 男たちの動きが止まった。

 ホーは不審な目で周囲を見回す。
 すると。


 ――真横。


 ホーのすぐ隣に。
 いつのまにか――


「宿まで放置していただければ、妻が対応したんですけれどね」


 アレクが、いた。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ