挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
セーブ&ロードのできる宿屋さん ~カンスト転生者が宿屋で新人育成を始めたようです~ 作者:稲荷竜

三章 ホーの借金返済

46/249

46話

「いっぱい、おはなを、つみました。まっくろな、おはなです。まっくろな、まっくろな、まっくろな、まっくろな、まっくろな、まっくろな、まっくろな、まっくろな、まっくろな、まっくろな、まっくろな、まっくろな……」


『暗黒空間』からホーが生還したら、あたりはすでに真っ暗だった。
 それでも内部よりはかなり明るい。

 一寸先も見えないような空間で、ホーは出会うモンスターを狩り続けた。
 どれがレアモンスターなのかわからないので、すべて倒すしかなかったのだ。
 たぶんアレクは、あえてレアモンスターの見た目を教えなかったのだろう。
 どうせ、暗くて、見た目での判別は不可能だったし。

 重くなっていく装備。
 体をひきずるように、一歩一歩、全力を出さなければならない。
 暗闇。
 どこからなにが出るかわからない恐怖。

 ホーの心は限界寸前で。
 だから、夜の闇だったとしても、内部と違ってわずかの光がある外の世界は安らげた。

 けれど。
 ふと陰がさす。
 ホーの瞳の焦点が合った。


 アレクが。
 こちらの顔をのぞきこんでいた。


「……うわあああ!?」


 慌てて飛び退く。
 アレクは気にした様子もなく、笑顔で言った。


「お帰りなさい、ホーさん。修行もお仕事も、無事に終えられたようですね」
「無事……?」


 無事とは、なんだろうか。
 体はたしかに、無事だ。
 頑強にもなっていた。

 モンスターの攻撃などまったく痛くなかった。
 効かなかった。
 効いてくれなかった。


「重くて、重くて、動けなくって、殺してって思うのに、ぜんぜん、ころしてくれなくって、まっくろな、まわりがみんな、おはなばたけでね」
「少し興奮していますね。ダンジョンを初めて制覇された方は、大なり小なりそうなる傾向があるようですねえ。水でも飲みますか?」
「うん、あのね、ホーはね、おみず、すきだよ」
「ドライアドの方はみなさんそのようですね。クーさんも浸かることのできるお風呂は大変喜んでおいででしたよ」
「きのうね、おふろ、たのしかったよ。ぶくぶくってね、おくちのあたりまでしずんだけど、ホーはね、そういうの、すきだよ」
「では、帰ったらお風呂ですね。今日は妻が代わりに風呂設営をしてくれているはずですから、すぐに入れますよ」
「わあい!」
「かなりお辛そうですね。やはりまったく光のないところで二日は、きついと感じる人もいるのかもしれません」
「ふつう、きついよ」
「でも代わりに、STRとDEXがかなり上がっていますよ。気配察知系のスキルものきなみ開いているようですし。これでどこから敵が来ても髪で迎え撃てますね。よかった、強くなっていますよ」
「わ、わあい……?」
「あなたの成長を見ていると、俺も嬉しくなります。赤ん坊のころを知っている身としてはね」
「……赤ん坊のころ?」


 気合いを取り戻す。
 アレクはうなずいた。


「以前も言いましたが、俺は、赤ん坊のころのあなたと会っているんですよ」
「……信じられねーんだよなあ、それ」
「あなたのお母さんのことを、姉さんと呼んでいましたし」
「あたしのママのこと、知ってんのかよ」
「失踪するまでは連絡もとりあっていました」


 彼は笑顔のままだ。
 ホーは、くだらなさそうに鼻を鳴らす。

 母親の失踪。
 ……もうずっと昔で、今さら、母がいないからなんだという気持ちはあるけれど。
 どうしても、心がささくれだつのは仕方がなかった。


「……ママがいなくなったのは、ババアのせいだとあたしは思ってる」
「へえ?」
「『ギルドマスターの娘』としか見られねーことに嫌気が差したんだろ。よくわかるよ」
「なるほど」
「……なるほどって。あんたは知らねーのか? ママがいなくなった理由」
「予想はできなくもありませんが、知ってはいませんね。捜索活動もしたことはありますが、もう十年ほど前ですから。あえて姿をさらさずどこかで幸せに暮らしているか。あるいは」
「……死んでるか、だな」
「俺としては生きている可能性を信じたいところです」
「あんたからそんな、人らしい意見が出るとはな」
「人ですから」
「……種族の話じゃなくて、精神的に……」
「はい?」
「……なんでもねーよ。なあ、聞いていいか?」
「なんでしょう?」
「あたしのパパは、どんなやつだった? 赤ん坊のころのあたしを知ってるんなら、あたしのパパとも会ったことはあるだろ?」
「さあ」
「……知らねーのかよ」
「知っていればよかったんですがね。それらしい人にあたりましたが、全部空振りでした。俺があなたのお母様と出会った時には、すでにあなたは産まれていて、あなたのお父様はいませんでしたからね」


 重い事実のように聞こえた。
 けれど、アレクの語り口は軽やかだ。
 彼に人らしい情緒を求めるだけ無駄か、とホーは理解する。


「……万が一の可能性を心配して一応聞いておくけど、あんたがあたしのパパってことは、ねーよな? 見た目通りの年齢ってわけでもねーみたいだし」
「もしそうだったら、どう思います?」
「……正直に言うとな。あんたと一緒にいると、懐かしい気持ちになる」
「そうですか」
「あんたがあたしのパパだったら、嬉しくはねーが、納得はする。あのババアの義理の息子でも、あんたの精神構造なら余裕だ」
「義理の息子のようなものでは、ありますが……クーさんは厳しく見えますが、優しいですよ。誰があなたの父親でも、うまくやったようには思います」
「どこがだよ。実際、あたしはパパの顔を知らねーし、ママは失踪してんだろ」
「原因がクーさんにあるとお考えで?」
「それ以外ねーだろ」
「ご本人に確認されましたか? クーさん、ご本人に。意見を」
「……しては、いねーけどさ」
「なるほど」
「なんだよ」
「いえ。ともかく、ダンジョンの初制覇、おめでとうございます」
「……ああ。なんかもう、装備が重すぎてそればっかりしか気にしてなかったけど、そうだよな。ダンジョンを制覇したんだ……」


 一歩祖母に近付いた。
 ……などという発想が真っ先に浮かんで、ホーは首を振る。

 あんなクソババア。
 意識してしまう自分が、嫌だ。


「……なあ、思ったんだが、ドライアド族って鎧とか武器がねー方がいいのか?」
「そうですね。現役当時のクーさんの話を聞く限り、ドライアドにとって武装は邪魔かと。しなやかで丈夫な髪がありますからね」
「……」
「服なんかも、薄着の方が、髪の操作に意識を集中できていいようですよ。感覚的なことは、俺がドライアドではないのでわかりませんが。敵としてドライアドを相手取った場合を想定するに、鎧が効果を発揮するまでの距離に接近できれば勝ちかなと。逆に、それ以前に髪でからめとられれば負けですかね」
「そういう考えもあるのか」
「ドライアドの戦い方については、俺よりも、クーさんの方が詳しいですよ」
「……」
「『髪を操作する』というのは、他種族ではわかりにくいものがありますし」
「…………わかってんだよ。そんなことは。でも、そんな素直に質問できたら苦労はねーよ」
「……」
「ダンジョン制覇して、すげー苦労した。しかもババアはセーブもないし、ダンジョンレベルが今よりあいまいなころに、命懸けでやったんだって思ったら、素直に尊敬できるよ。たしかにあたしは『ギルドマスターの孫』でしかねーのも、納得した」
「そうですか」
「……けどさ、今さら尊敬できるか? 今さら、仲良くしようだなんて思えるか? あたしはずっとババアを嫌い続けて、生きてきたんだ。目標もなく、ただ、ババアを嫌って、ババアから少しでも遠ざかるためだけにやってきた。それを今さら、捨てられるかよ」
「ギルドマスターの孫と見られることを、あなたは嫌っておいででしたね」
「そうだ」
「でも、あなた自身が、一番あなたを『ギルドマスターの孫』としか見ていないように、俺には聞こえましたよ」
「……そうかもな。あたしはずっと、自分の影を見てきた。どんなに速く走っても、どんなに回り道をしても、ずっとついてくる、足元の影だ。……今さら、前の向き方はわかんねーな。ずっと下を見てきたから」
「なるほど」
「……なにがだ」
「つまり、前を向くことが、あなたの目標ですね」
「……かもしれねーな」
「参考になります」
「ハッ……だからってなにができるんだよ」
「俺にできることは、修行を含めた、あなたのサポートです」
「……」
「ところで、質問が」
「なんだよ」
「『魔族』という人種がいらっしゃいますね」
「はあ?」


 話の流れがわからない。
 ホーは思いきりいぶかしげにアレクを見た。


「……いるけど、なんだよ」
「あれの由来が、モンスターから来ていることは、ご存じとは思います。違った二つの種族、たとえばドライアドと人間が結婚し、子供を産んだ場合、通常は人間かドライアドのどちらかが産まれますが……時たまに突然変異で、両方の親と違った特性を持つ種族が産まれます。その両親どちらでもない不思議な種族が、『魔物と姦通してはらんだ子に違いない』というひどい発言から、『魔族』と呼ばれるようになりました。定着しているので今さら名称を変えることはなさそうですが」
「……だからなんだよ」
「では、魔族同士の子供はどうなると思います?」
「……知るか。魔族になるんじゃねーの?」
「そうですね。基本的には魔族が産まれますが、時たま、魔族の親の種族が産まれます」
「…………本題が見えねーな」
「魔族というのは、かなり差別的に扱われる種族です。親からも、ひどい扱いを受ける場合が多いですが……それ以上に周囲の目が、厳しいのです」
「ちっと親と違う種族ってだけなのにな」
「そうですね。でも、差別に確固たる理由はいりません。人は差別したいものを差別するだけですからね」
「……なんだ、道徳でも説きてーのかよ」
「あなたは、ご自分のお母様が魔族だったことはご存じですか?」


 ホーは。
 呼吸を止めた。
 一瞬、なにを言われたのか、わからない。
 けれど。


「な、なんだ、そりゃ。だって、あたしのママは、ババアの子供で……」
「異種族婚姻ならば、どのような場合でも、魔族が産まれる可能性はあります。あなたのお母様が失踪されたのは十年ほど前ですが……あなたは当時、まだ赤ん坊だったはずですよ。ドライアドが物心つくのは、生後十二年目ぐらいでしたか」
「……」
「お母様の記憶、ありますか?」
「……だ、だって、ババアは、あたしのママが魔族だとかは、言わなかったぞ」
「そうですね。そのことが知られれば、あなたが差別されてしまいますから」
「母親が魔族ってだけで、なんで差別されなきゃならねーんだ」
「さあ? 人は差別したいものを差別するだけですので」
「…………」
「けれど、予想の裏付けがとれました。あなたはクーさんから、きっとなにも聞かされていない」
「……だって、それは」
「あの人は聞けば答えますよ。一度、クーさんとお話されることをおすすめします」
「……なんであんたにそこまで言われなきゃならねーんだよ」
「あなたは俺の、姪のようなものですから」
「あたしは、あんたのことを覚えてねーって言ってんだろ」
「覚えられていなくても、情がわいてしまうのは、仕方ありません」
「勝手だな」
「あなたはお母様のことを、きっと覚えていないでしょう?」
「……」
「でも、お母様は、あなたのことを、愛していましたよ」
「じゃあなんでいなくなった」
「さあ? 予想はできますが、答えとなると、ご本人しか知りませんね。姉さんは快活ではありますが、一人で考えこむところもあったので」
「……もう一度確認するが、あんたがあたしのパパっていうオチはねーよな?」
「それだけはないと確約します。でも」
「なんだよ」
「なにかあった時に頼ってもらうのは、かまいませんよ。あなたは俺の、姪のようなものですからね」
「……」
「よろしければ、クーさんと話すのに、仲立ちしましょうか?」
「…………」


 ホーは悩む。
 振り払えない影。
 ギルドマスターという祖母。

 ……けれど。
 自分はその影のことを、どれだけ知っているのだろう。
 なにも知らないのではないか。

 話し合いたいこと、聞きたいことは、たくさんあった。
 教えてくれなかったと今まで思っていたけれど。
 ……悔しいが。
 聞かなかったことは、事実だ。

 だから。
 ホーはくだらなさそうに言う。


「……ハッ。おせっかいだな、あんたも」
「なるべくそうならないようにしていますよ。他のお客様にはね」
「あたしが姪みたいなもんだから、おせっかいなのか?」
「はい。そのつもりです」
「……チッ。しょうがねーな。いいよ、あんたの思惑通り、ババアと会ってやる。ただし、借金を返してからだ」
「そうですか。ご理解ご協力、ありがとうございます」
「今日のダンジョン制覇賞金はすぐ入るんだろ?」
「半金なら今日中に。全額も近日中には入るかと」
「そういや制覇賞金を受け取るには、事後調査が必要だったな……ってことは借金全額返済はまだ無理か」
「半金だけでも『制覇者推奨ダンジョン』なら充分とは思いますが。制覇賞金だって、ダンジョンレベル七十から跳ね上がりますよ」
「そうなのか? 実は制覇賞金はよく知らねーんだよな」
「俺もあなたの借金額を詳しくは知りませんが、以前お聞きした返済プランから逆算すれば、余裕かと」
「……じゃあ、明日の夜だな。昼に借金を返して、夜、ギルドに行く」
「なるほど。わかりました。では明日、ギルドに、ご一緒しましょう。今日のクエスト成功報告は、代わりにやりますよ」
「頼むわ」


 なんでもなさそうに言う。
 内心は、緊張と不安でいっぱいだ。

 でも、ホーは思う。
 自分につきまとう影。
 そのことをよく知れば――
 前を向くこともできるかもしれない。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ