挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
セーブ&ロードのできる宿屋さん ~カンスト転生者が宿屋で新人育成を始めたようです~ 作者:稲荷竜

三章 ホーの借金返済

41/249

41話

 ――二回目。
「まだご満足いただけないでしょうから、もう一度、やりますか?」
「ふぁ? へ? あれ、あたし、今、死……」
「ロードされたので、命は大丈夫ですよ。それで、どうなさいます? もうやめますか?」
「や、やめ、やめねーよ! 今のはちょっと調子が悪かっただけだ!」
「そうですか。では、攻撃をどうぞ」
「やってやらあ!」



 ――三回目。
「おかえりなさい。さて、どうなさいます?」
「え、死……胸、穴……穴……」
「ああ、鎧に穴を開けてしまいましたね。勝負が終わったあと、必要であれば弁償します。それでどうします? 続けますか?」
「え? つづける? つづけるってなあに? ホーはね、もう、よくわかんないよ……」
「勝負ですよ。ご満足いただけるまで、何回でもお付き合いしますと、申し上げましたので」
「なんかいでも? なんかいでも?」
「そうですよ。ところでしゃべり方が変わっていますが、大丈夫ですか?」
「ハッ!? え、えっとね…………しょ、勝負中に敵の心配とは余裕じゃねーか……?」
「ひょっとして、普段の口調は無理をなさっているので? 冒険者をやっていると、乱暴な口調に憧れる方もいらっしゃいますので、ホーさんもそのタイプですか?」
「無理とかしてねーよ! あたしは産まれた時からこんな、えっと、うちのババアみてーなしゃべり方だ!」
「……そうですか。作戦タイムも必要でしょうし、どうぞ。そちらが仕掛けるまで、俺は動きませんから、ごゆっくり。何度やっても結果は変わりませんが納得までは試行錯誤も必要でしょうからね。やめたい場合は、そうおっしゃってください。どうぞ、無理をせずに」
「無理なんかしてねーって言ってんだろ! やるぞ! まだやる!」



 ――四回目。
「今回はちょっとロードまで時間がかかりましたね」
「腕、足、な、なく……血が、血が」
「ああ、鎧の手足部分が消滅してしまいましたね。先ほども申し上げましたが、必要であれば弁償させていただきますので、勝負のあと、おっしゃってください」
「あと? あとって?」
「あなたが満足されたあとですよ。それとも、もう負けて、修行に移りますか?」
「ま、負け、負けてねーよ! まだ負けてねーよ! だって生きて……あれ、でも、死んで? なんであたし生きて……?」
「どうぞ、ごゆっくり。お付き合いしますよ。何時間でも、何度でも。あなたの理解を得られるまでずっと。――そう、ずっとね」
「ひっ」
「やめますか? やめませんか?」
「来るな……来るな来るな来るな来るなあああああああああ!」



 ――五回目。
「あのね」
「はい」
「ホーね、おはなやさんになりたいの」
「そうなんですか」
「うん。おはな、きれいでね、すきなの。ドライアドはね、おはなさんのこえがきこえるって、おばあちゃん、いってたんだよ?」
「それは素敵なことですね」
「うん。そうなの。ね、おにいちゃんも、おはなやさん、すてきだって、おもうの?」
「はい。宿屋ですからね。花を店に飾る機会もありますし」
「うん! おはな、きれいだもんね。おはな、すき」
「それでどうされます? ご満足はされましたか?」
「まんぞく?」
「そうですよ。俺の強さをたしかめたかったのでしょう? それはもう充分かなとおたずねしているのですが」
「けんかするの?」
「はい。そのようなご依頼だったかと、思いますが」
「けんかは、やだよ……こわいもん。ぼうけんしゃさん、みんな、らんぼうで、きらい。おはな、すき」
「では、これでご満足いただけたということでよろしいですか?」
「うん。よくわかんないけど、いいよ」
「そうですか。では、あなたの回復を待って、修行に移りましょう」
「うん!」
「それまでお花屋さんでも見ていましょうか」
「いいの!? ホーね、おはな、だいすき!」
「そうですか。よかったですね」
「うん!」



 こうして。
 ホーは四回の敗北を経て、修行を受けることになった。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ