挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
セーブ&ロードのできる宿屋さん ~カンスト転生者が宿屋で新人育成を始めたようです~ 作者:稲荷竜

エピローグ なにひとつ変わったところのない日常風景

249/249

249話

 静寂。
 誰もいない食堂は物憂げに静まりかえってた――まったくの無音ではない。遠くで酔漢の騒ぐ声がするし、近くでは風呂場ではしゃぐ少女たちの声が響いている。
 でも、片付けが済んで食器の一つもなく、椅子は位置が直され整然と並んでいるこの食堂はとても静かだった。


「長生きしたもんだねえ、ぼくも」


 ヨミの声が響く。
 静かな、つぶやき――だけれど隣にいるアレクには、はっきりととどいた。


「体調はどうだ?」
「最近はずっと平気だよ。お義母さんが見つかったあたりで寝こんだのが、最後じゃない? それからは特になんにもなく、自分でもびっくりするぐらい調子がいいよ」
「そうか」
「だから、心配はしないでいいんだよ」
「お前はいつもそうだな」


 アレクは苦笑する。
 ヨミは首をかしげた。


「いつも『そう』って?」
「『気にしないで』とか『心配しないで』とかばっかりで、全然俺に気を回させてくれない。俺はさ、そういうの、ちょっと寂しく思ってるんだよ」
「そうなの?」
「ああ。俺が気にしてるってお前が気にしないように気にしなかったり、俺が心配してるってお前が心配しないように心配しなかったり、そういうことばっかりで、逆に気疲れする」
「……そっか。そうだったんだね」
「これからは心配するよ」
「……」
「気にしないでって言われても、俺が気にしたかったら気にする。心配しないでって言われても、俺が心配したかったら、心配する。……責任を感じないでって言われても、やっぱりお前への責任は、感じたいから、感じるよ」
「だから、ずっと、ぼくと一緒にいるの? パパを殺した責任をとるために、アレクはぼくと一緒にいるの?」
「聞こえてたのか、アレックスさんとの会話」
「さあ、どうだろうね。……それで?」
「責任感じゃないさ」


 首を横に振る。
 そして、彼は、真っ直ぐにヨミを見た。


「責任感だけで一緒にはいないよ。責任感もまた、一緒にいる理由ってだけで。だいたい――責任なんかたまに思い出すぐらいでちょうどいい。常に気にしてたら、そんな関係、息が詰まって仕方ないだろ」
「まあそうだね」
「それにさ、責任を負ってるにしては、俺って身勝手にお前と付き合ってるだろ?」
「……まあ、そうだね」
「俺が今までずっとお前と一緒にいたのは、お前を手放す選択肢がなかったからだ」
「アレクらしからぬ言動だねえ」
「俺も思うよ。でも――振り返って考えてみると、そうとしか言えないんだ」


 彼は肩をすくめる。
 彼女は首をかしげた。


「ぼくは、ちゃんと、便利だったかな?」
「……お前、わざとそういう言葉を選んで使ってるだろ?」
「そうかもね。それで、どうだったの?」
「……便利だったよ。正直に言う。すごく便利だった。俺がやれないことは全部やってくれるし、そつなくなんでもこなすし、わがまま言わないし、すごく便利だったのは、否定しない」
「ならよかったよ」
「きっとお前は俺を支えることに存在意義を見出してるんだろうと思ったことも、あったよ。ちょっとだけな」
「うん」
「お前こそ――責任を感じてたんだよな」
「……」
「ポッと出の俺に全部背負わせてしまった責任。親が押しつけた責任。親を殺させてしまった責任を、ずっと感じてたんだろ?」
「……そうかもね」
「アレックスさんの存在もあって、ちょっと考えたんだ。……もし俺が俺じゃなかったら、俺がいた場所に俺以外の誰かがいたら、今の俺は俺だったのか」
「まーたややこしいことを……」
「ややこしいこと考えるの、趣味だから」
「……そうだね」
「で、その結果――常に、俺以上の適任はいただろうって思ったよ。『はいいろ』を継ぐのにふさわしいヤツは絶対にいて、『銀の狐団』を支えるのにふさわしいヤツは絶対にいて、こうして宿屋を経営して新人冒険者を支援するのに、俺以上の適任は絶対にいて――アレクサンダーの人生を送るのに、俺よりふさわしい彼だって、実際にいた」
「……」
「ゆずるべきだったかなっていう思いは、実際のところ、まったく消え去っているわけじゃないんだ。生きることに迷いは消えないし、ずっと消えないと思う」
「そうなんだ」
「うん。それでも俺は、生きていくけど」
「……」
「わがまま勝手に、嫌われてもこのまま生きていくよ。それはなぜかっていうと――やっぱり、お前を手放す選択肢がないからだ。俺は俺の人生を生きたいんじゃなくて、お前と一緒に余生を生きたいんだと思う。誰かにゆずれって言われてもさ」
「その物言いは、たしかに身勝手な感じだねえ」


 彼女は苦笑した。
 彼は真面目な顔でうなずく。


「身勝手でもいいと、俺はもう思ってる。本当に大事なものを守る時には、人にゆずってばかりじゃダメだって、教えられた。それでも――身勝手にやるのは、怖いよ。誰かに怒られたり責められたりは、したくない」
「まあね」
「だから、教えてくれないか?」
「……」
「お前と一緒にいたいのは、俺の身勝手か? それとも、お前もそう思っているのか? 俺に答えを聞かせてくれ。責任を取りたい。手放したくない。今さらお前のいない人生は考えられないと俺は思ってるけど――お前はどう思うのか、知りたいんだ」
「…………」
「お前さえ俺と同じ気持ちなら、世界中が俺の決定を身勝手だと責めたとしても、俺はどうにかやっていけるからさ」


 彼は笑い――
 彼女も、笑った。


「今さら?」
「……まあ、今さらだけどさ」
「というか今? もっとこう、タイミングとかないのかなあ……」
「ああ、そうか……しまったな。もっと綺麗な景色を見ながら言えばよかったのか……」


 彼はどうやら、本気で頭を抱えているようだった。
 だから、彼女は笑う。


「正直に告白すると、ぼくはね、きっと『はいいろ』を継いで、『銀の狐団』の頭目になったのがアレク以外だったら、その人を支え続けたと思うよ」
「……そんな気はするよ」
「その人の求めるまま生きてきたと思うし――どんな扱いをされても、自分から離れることはなかったと思うよ」
「……そんな気も、するよ」
「だから、ぼくが幸せなのは、相手があなただったからだよ」
「……」
「いくらでも不幸になったはずのぼくを、幸福にしたのは、あなただよ。……だから自信を持ってほしいな。あなたの身勝手に、ぼくはいつでもうなずくよ。それは、あなたに色々背負わせてしまったからっていうだけじゃなくって――ぼくがそうしたいから、そうしてるんだよ」
「……なるほど、本当に『今さら』だったんだな」
「そうだよ」
「俺でも人を幸せにできたのか」


 彼はつぶやく。
 彼女は――やっぱり、笑うしか、なかった。

 重ねるべき言葉はいくらか思いつく。
 語るべき物語も数多く思いついた。

 宿泊客たちを例に出してもいい。
 彼女たちはあなたの無茶に救われたんだと、そういうことも、言える。

 それ以外の人のことを告げたっていいだろう。
 娘たちの祖父は、彼に力尽くで救われた――それ以外にだって、彼の人生にたずさわって、人生を変えられた者は多い。

 幸福だったよ、と重ねて言うこともできただろう。
 それらしい理屈をつけて重ね重ね言うことはもちろん可能だった。
 でも――そんなものよりももっと確実なことを、彼女の唇はできた。

 口をふさぐ。
 説得を放棄し、抵抗を封殺し、理論を放り出し――

 いつか、自分たちの関係を『夫婦』と定義した時と同様――
 無理矢理に。

 彼女は彼に、幸福の味を教えた。

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

この小説をブックマークしている人はこんな小説も読んでいます!

聖者無双 ~サラリーマン、異世界で生き残るために歩む道~

地球の運命神と異世界ガルダルディアの主神が、ある日、賭け事をした。 運命神は賭けに負け、十の凡庸な魂を見繕い、異世界ガルダルディアの主神へ渡した。 その凡庸な魂//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全359部)
  • 6999 user
  • 最終掲載日:2017/03/23 20:00
とんでもスキルで異世界放浪メシ

※タイトルが変更になります。 「とんでもスキルが本当にとんでもない威力を発揮した件について」→「とんでもスキルで異世界放浪メシ」 異世界召喚に巻き込まれた俺、向//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全373部)
  • 9040 user
  • 最終掲載日:2017/07/20 23:07
二度目の勇者は復讐の道を嗤い歩む

魔王を倒し、世界を救えと勇者として召喚され、必死に救った主人公、宇景海人。 彼は魔王を倒し、世界を救ったが、仲間と信じていたモノたちにことごとく裏切られ、剣に貫//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全119部)
  • 6485 user
  • 最終掲載日:2017/07/18 08:36
魔王様の街づくり!~最強のダンジョンは近代都市~

 魔王は自らが生み出した迷宮に人を誘い込みその絶望を食らい糧とする  だが、創造の魔王プロケルは絶望ではなく希望を糧に得ようと決め、悪意の迷宮ではなく幸せな街を//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全165部)
  • 6975 user
  • 最終掲載日:2017/07/22 20:27
LV999の村人

 この世界には、レベルという概念が存在する。  モンスター討伐を生業としている者達以外、そのほとんどがLV1から5の間程度でしかない。  また、誰もがモンス//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全298部)
  • 6553 user
  • 最終掲載日:2017/07/22 18:33
用務員さんは勇者じゃありませんので

部分的学園異世界召喚ですが、主役は用務員さんです。 魔法学園のとある天才少女に、偶然、数十名の生徒・教師ごと召喚されてしまいます。 その際、得られるはずの力をと//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全141部)
  • 6382 user
  • 最終掲載日:2017/05/25 23:30
ありふれた職業で世界最強

クラスごと異世界に召喚され、他のクラスメイトがチートなスペックと“天職”を有する中、一人平凡を地で行く主人公南雲ハジメ。彼の“天職”は“錬成師”、言い換えれば唯//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全275部)
  • 8153 user
  • 最終掲載日:2017/07/22 18:00
転生したらスライムだった件

突然路上で通り魔に刺されて死んでしまった、37歳のナイスガイ。意識が戻って自分の身体を確かめたら、スライムになっていた! え?…え?何でスライムなんだよ!!!な//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全303部)
  • 8096 user
  • 最終掲載日:2016/01/01 00:00
絶対に働きたくないダンジョンマスターが惰眠をむさぼるまで

「働きたくない」  異世界召喚される中、神様が一つだけ条件を聞いてくれるということで、増田桂馬はそう答えた。  ……だが、さすがにそううまい話はないらしい。呆れ//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全279部)
  • 6692 user
  • 最終掲載日:2017/07/23 00:00
人狼への転生、魔王の副官

人狼の魔術師に転生した主人公ヴァイトは、魔王軍第三師団の副師団長。辺境の交易都市を占領し、支配と防衛を任されている。 元人間で今は魔物の彼には、人間の気持ちも魔//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全415部)
  • 7215 user
  • 最終掲載日:2017/06/30 09:00
異世界迷宮で奴隷ハーレムを

ゲームだと思っていたら異世界に飛び込んでしまった男の物語。迷宮のあるゲーム的な世界でチートな設定を使ってがんばります。そこは、身分差があり、奴隷もいる社会。とな//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全219部)
  • 6573 user
  • 最終掲載日:2017/03/25 21:22
八男って、それはないでしょう! 

平凡な若手商社員である一宮信吾二十五歳は、明日も仕事だと思いながらベッドに入る。だが、目が覚めるとそこは自宅マンションの寝室ではなくて……。僻地に領地を持つ貧乏//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全205部)
  • 8191 user
  • 最終掲載日:2017/03/25 10:00
デスマーチからはじまる異世界狂想曲

 アラサープログラマー鈴木一郎は、普段着のままレベル1で、突然異世界にいる自分に気付く。3回だけ使える使い捨て大魔法「流星雨」によって棚ボタで高いレベルと財宝を//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全533部)
  • 8234 user
  • 最終掲載日:2017/07/16 18:00
私、能力は平均値でって言ったよね!

アスカム子爵家長女、アデル・フォン・アスカムは、10歳になったある日、強烈な頭痛と共に全てを思い出した。  自分が以前、栗原海里(くりはらみさと)という名の18//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全210部)
  • 7297 user
  • 最終掲載日:2017/07/21 00:00
異世界食堂

しばらく不定期連載にします。活動自体は続ける予定です。 洋食のねこや。 オフィス街に程近いちんけな商店街の一角にある、雑居ビルの地下1階。 午前11時から15//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全119部)
  • 6983 user
  • 最終掲載日:2017/06/10 00:00
異世界転移で女神様から祝福を! ~いえ、手持ちの異能があるので結構です~

 放課後の学校に残っていた人がまとめて異世界に転移することになった。  呼び出されたのは王宮で、魔王を倒してほしいと言われる。転移の際に1人1つギフトを貰い勇者//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全162部)
  • 6394 user
  • 最終掲載日:2017/07/23 00:00
10年ごしの引きニートを辞めて外出したら自宅ごと異世界に転移してた

【本編完結済み】※書籍化しました!オーバーラップ文庫様より、五巻目となる④巻が発売されています!詳細は活動報告にて!  北条雄二、30才、無職、引きこもり歴10//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全519部)
  • 7084 user
  • 最終掲載日:2016/10/25 18:00
アラフォー賢者の異世界生活日記

 VRRPG『ソード・アンド・ソーサリス』をプレイしていた大迫聡は、そのゲーム内に封印されていた邪神を倒してしまい、呪詛を受けて死亡する。  そんな彼が目覚めた//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全127部)
  • 6362 user
  • 最終掲載日:2017/05/30 12:00
Re:ゼロから始める異世界生活

突如、コンビニ帰りに異世界へ召喚されたひきこもり学生の菜月昴。知識も技術も武力もコミュ能力もない、ないない尽くしの凡人が、チートボーナスを与えられることもなく放//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全443部)
  • 6925 user
  • 最終掲載日:2017/06/13 01:00
二度目の人生を異世界で

唐突に現れた神様を名乗る幼女に告げられた一言。 「功刀 蓮弥さん、貴方はお亡くなりになりました!。」 これは、どうも前の人生はきっちり大往生したらしい主人公が、//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全366部)
  • 6503 user
  • 最終掲載日:2017/07/19 12:00
町をつくる能力!?〜異世界につくろう日本都市〜

ある日の朝に起きた電車の脱線事故。 それは切っ掛けだった。 電車に乗っていた者達は白い空間へと誘われる。 そこに待ち受けていたのは、神を名乗る老人。 老人は言っ//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全108部)
  • 6460 user
  • 最終掲載日:2016/12/17 10:52
無職転生 - 異世界行ったら本気だす -

34歳職歴無し住所不定無職童貞のニートは、ある日家を追い出され、人生を後悔している間にトラックに轢かれて死んでしまう。目覚めた時、彼は赤ん坊になっていた。どうや//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全286部)
  • 7973 user
  • 最終掲載日:2015/04/03 23:00
賢者の孫

 あらゆる魔法を極め、幾度も人類を災禍から救い、世界中から『賢者』と呼ばれる老人に拾われた、前世の記憶を持つ少年シン。  世俗を離れ隠居生活を送っていた賢者に孫//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全121部)
  • 7056 user
  • 最終掲載日:2017/07/22 05:58
ライブダンジョン!

ライブダンジョンという古いMMORPG。サービスが終了する前に五台のノートPCを駆使してクリアした京谷努は異世界へ誘われる。そして異世界でのダンジョン攻略をライ//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全209部)
  • 6356 user
  • 最終掲載日:2017/07/19 17:00
金色の文字使い ~勇者四人に巻き込まれたユニークチート~

『金色の文字使い』は「コンジキのワードマスター」と読んで下さい。 あらすじ  ある日、主人公である丘村日色は異世界へと飛ばされた。四人の勇者に巻き込まれて召喚//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全808部)
  • 6307 user
  • 最終掲載日:2016/11/16 00:00
フェアリーテイル・クロニクル ~空気読まない異世界ライフ~

※作者都合により後日談は隔週更新とさせていただきます。 ※2016年2月27日、本編完結しました。  ゲームをしていたヘタレ男と美少女は、悪質なバグに引っかか//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全218部)
  • 6356 user
  • 最終掲載日:2017/07/22 07:00
蜘蛛ですが、なにか?

勇者と魔王が争い続ける世界。勇者と魔王の壮絶な魔法は、世界を超えてとある高校の教室で爆発してしまう。その爆発で死んでしまった生徒たちは、異世界で転生することにな//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全499部)
  • 8165 user
  • 最終掲載日:2017/06/22 23:05
ワールド・ティーチャー -異世界式教育エージェント-

世界最強のエージェントと呼ばれた男は、引退を機に後進を育てる教育者となった。 弟子を育て、六十を過ぎた頃、上の陰謀により受けた作戦によって命を落とすが、記憶を持//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全173部)
  • 7076 user
  • 最終掲載日:2017/07/21 20:00
↑ページトップへ