挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
セーブ&ロードのできる宿屋さん ~カンスト転生者が宿屋で新人育成を始めたようです~ 作者:稲荷竜

一章 ロレッタの『花園』制覇

21/249

21話

 ロレッタが『花園』制覇を終えて出たら、そこにはアレクがいた。
 時刻は昼だ。
 制覇するまで、ちょうど丸一日かかったことになる。


 セーブポイントの横にはアレクだけがおり、ブランはいない。
 一晩寝ずに見張りをしていたはずので、アレクが帰らせて休ませているのかもしれない。


 ロレッタはアレクに近付く。
 そして、嬉しさを抑えきれない様子で言った。


「アレクさん、『花園』は制覇したぞ」
「そうですか。おめでとうございます」


 リアクションは薄かった。
 ロレッタは思い出す。
 彼にとってダンジョン制覇など珍しくもなんともないのだ。

 嘘のような話だが、五十『ぐらい』制覇しているらしい。
 ならばたった一つダンジョンを制覇した程度、祝うほどのことでもなんでもないだろう。

 ……と、ロレッタは思ったのだが。
 アレクはたずねる。


「それよりも、指輪は見つかったので?」
「……そうだったな。私の目的は、そちらだった」


 制覇という偉業を前に舞い上がってしまったな、とロレッタは反省する。
 むしろ他人のはずの彼の方が、よほどしっかり目的を見据えていたようだ。
 だからロレッタは、自分の左手を彼へ向けて突き出す。


「今改めて名乗ろう。我が名は、ロレッタ・オルブライト。我が家、オルブライト公家の家長の証たる指輪はここに。ダンジョンマスターは、花を喰う黒い巨大な鳥だったのだが、そいつが巣にためこんでいたものの中にあったよ」


 彼女の人差し指には、太めのリングがあった。
 小さな赤い宝石が散りばめられ、薔薇のような模様を描き出している。
 アレクは言う。


「綺麗な指輪ですね」
「……そうだな。これこそ、我が家の家紋を記した、家長の証だ。……叔父の指には細すぎたようだが、私の指にはちょうどいいようだ」
「はあ、そうなんですね。それはよかった」
「……目標を無事に達成したのだ。もう少し喜んでくれてもいいと思うが」
「まだですよね? あなたの目的はそれを持っておじさんと直談判し、家督を取り戻すことのはずでは?」
「そうだが……ともあれ、これで私の冒険者生活は終わりというわけだ。あなたに世話になった成果は出した」
「いいえ。あなたが最初に定めた目的のすべてを達成するまで、ウチの宿屋はあなたをサポートしますよ。……また困ったことになったらいらしてください。どうにかできることなら、修行でどうにかできるようになってもらいますから」
「その言葉を聞いて、また世話になりたいと思う修行経験者が何人いるのだ……」


 いなさそう。
 しかし、彼のお陰で死を恐れず進めるようになった成果を思えば、いつか大きな壁にぶつかった時、また修行をつけてほしいと思う人も、まったくの皆無ではない可能性も否定はできない。

 機能的な意味でも――セーブという不思議な技能によっても、死を恐れず済むようになったし。
 精神的にも、命を懸けるという事態に対して、耐性がついた。
 危機に陥っても、うろたえない精神的強度がはぐくまれたように、ロレッタには思えた。

 だから。
 ロレッタは、アレクに向けて、頭を垂れる。


「本当に世話になった。まさかこれほど早く『花園』制覇が成せるとは、思ってもみなかった。本当にあなたのお陰だ。ありがとう」
「いえ、すべてロレッタさんの才覚に因るものですよ。俺は、あなたの力を引き出しただけです」
「引き出したというか、無理にねじって絞り出したという感じだが……ともあれ、あなたの修行なしには、成人前に指輪を取り戻すことは叶わなかっただろう。これで叔父から家督を取り戻したところで、彼の側も『正式な当主が成人するまで面倒を見た』という大義名分が立つはずだ」
「……あなたの全部をうばったおじさんを、恨んだりはなさらないので?」
「どうにも私は、人を恨んだり呪ったりするのが、得意ではないらしい」
「……」
「加えて、我が一族は、親類が少なくてな。父が亡くなり、ひと月前に母が亡くなり、もう血のつながった親類は叔父だけだ。……母に暗殺者を仕向けたことが確定するまでは、なるべく、穏便に済ませたいと思っている。それに……」
「それに?」
「……仮に、母に暗殺者を仕向けたのが叔父でも、そのことを悔いて罪を償ってくれるのならば、私は彼を許そうと思う。母もきっと、そうしただろう。……苛烈さが足りないとは思うが、私の飾るところのない本心がそれだ」
「そうですか」
「甘いと笑われるだろうな」
「いえ」
「……まあ、それにだ。実務的な面でも、叔父の力がないと家がつぶれてしまうのは、事実だ。貴族向きの品性ではないものの、商売人としての叔父は一流だからな」


 最後のは、それらしい言い訳だった。
 もちろん事実ではあるが、細々命脈を保つだけならば、ロレッタの独力でもできる。
 そして、彼女に家を大きくする意思はない。

 だからけっきょく。
 家族を殺した相手でも、親族を憎みきれないだけなのだと、ロレッタは自嘲した。


「ともあれ、指輪を手土産に叔父をたずねてみようと思う。状況が落ち着いたら手紙を出すから、一度我が家にも来てくれ。できうる限りでもてなそう」
「ありがとうございます。では、一度宿に帰られますか?」
「いや……できればすぐに家へ……ああ、先に冒険者ギルドに制覇報告に行かねばならないのだったか」
「それはこちらですませておきますよ」
「そうか? ……この際、『制覇した本人が生きているのに、制覇報告を代理でできるわけがないだろう』という普通の意見は言わないでおこう。あなたならできそうな気がするからな」
「ギルド長と知り合いですしね」
「……最初はもう、酔っ払いでも言うのをためらう与太話だとしか思えなかったが、今となっては真実なのだと思えるよ。あなたならなにができても不思議ではない」
「ようやく信じていただけたようで、なによりです」
「宿代は、制覇報告の賞金から引いておいてくれ。すべてとってくれてもかまわない」
「いえ。しっかり必要分だけいただいておきますので、あとでとりにいらしてください」
「そうか。……なにからなにまで、感謝する。それでは後日、また」
「はい」


 ロレッタが去って行く。
 あの様子だと、『花園』内部にあるという宝にさえ、目もくれていないのだろう。

 アレクは代わりに回収して、あとで渡そうと考えた。
 ダンジョンマスターが巣に宝をためこむ習性がありそうだし、未発見の宝も多いだろう。

 それに。
 きっとまだ、冒険者としてやっていくための金銭は必要になる。

 ほとんど予言に近い、経験則からの直感で。
 アレクはそう考え、セーブポイントを消して、『花園』へと踏み入った。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ