挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
セーブ&ロードのできる宿屋さん ~カンスト転生者が宿屋で新人育成を始めたようです~ 作者:稲荷竜

一章 ロレッタの『花園』制覇

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

19/249

19話

 そして。
 翌朝、本当に、ロレッタは『花園』前に来ていた。


 王都西。
 広大な草原が広がるその場所に、ひときわ大きな一つの花がある。
 もはや樹木と言いたくなるような太い茎。
 天を突くほど高い場所にある、花弁。
 葉の一枚には人が百人も乗れそうな大きさがあった。

 その花の周囲には、女王にかしづく侍従のように、美しい花々が群生していた。
 目を奪われる景色。
 だが――見惚れていると、命を奪われることとなるのを、冒険者たちは知っている。

 周囲にはあまり人がいない。
 発見直後のダンジョンは、中に入らなくても様子見の者で賑わうのが通例だ。
 しかし、このダンジョンは、発見からたったひと月であまりに多くの死者を出した。

 そのため、『一度でもなんらかのダンジョンを制覇した者の挑戦』が推奨されている。
 そして、ダンジョン制覇者は数少ない。
 結果として――誰もいない。
 それが、『花園』と呼ばれる美しいダンジョンの、現状だった。

 この場には、ロレッタの他に、アレクと、それから奴隷の双子の片割れがいた。
 ロレッタは感慨深げに『花園』の花弁を見上げている。


「……ひと月前だ。叔父がここで、家長の証である指輪を落としたのは。そのころが、私の人生で一番の激動だった。母が死に、家督をかすめとられ……思えば、叔父がここで指輪を落としたというのは、神のお導きかもしれん。いつか私に家督を取り戻せという、何者かの意思が介在しているようにさえ、思えるよ」


 様々なことがあったように思える。
 今、その終着点に立っている。
 ロレッタは感慨をこめて、師匠たるアレクに視線を向けた。
 アレクは笑顔でうなずいて、言う。


「セーブポイント出しておきますね」


 いつものアレクだった。
 彼には特に感慨はないらしい。


「ありがたいが! もっと、なにかないのか!」
「やだなあ、ここまで来たら俺はもう、セーブポイントを出すことぐらいしかやれませんよ」
「……たしかにそうかもしれないが……仮にもあなたが育てた弟子が、目標に挑むのだぞ。もう少し激励してくれてもいいのではないか?」
「別に、これで終わりじゃありませんし」
「……私としては、終わりのつもりだが」
「違うでしょう? ロレッタさんの目的は、家督を取り戻すことのはずだ。『花園』制覇は、そのための準備でしかない」
「……」
「駆け出し冒険者が初めての目標を達成するまで、俺はしっかりとサポートしますよ。冒険者育成も、俺の宿の仕事の一つだと、思っていますからね」
「……そう、だったな」
「まあ、育成が仕事なので、一緒にダンジョンに挑んで差し上げたりはしませんけど」
「それはわかっている。あなたに頼んだのは冒険の手伝いではない。目的は自分の手で達成してこそ意味があると、私は思う」
「ご理解いただけているようで、なによりです。……強い人に連れ回されてダンジョンを制覇したところで、なんの経験にもなりませんからね」
「今回のことは、修行も含めて、いい経験だったと思う。貴族として生きていくことになっても、きっと私は、この七日間を忘れない」
「まあ、今日は八日目なので、七日間だけ覚えていられると、早い方の記憶から消えていきそうなのですが」
「揚げ足をとらないでいただけないか。あと、本音を言ってしまえば、私は修行の記憶は一刻も早く消したいと思っている」
「では、ダンジョンから帰られたら、豆料理をお出ししますよ」
「やめてくれ。生きて帰ろうという希望がなくなる」
「死ねないから大丈夫です」


 ははは、と笑う。
 なにが面白いのかロレッタにはさっぱりわからなかった。
 だから話題を変える。


「ところで、双子の片割れを連れてきているようだが、ひょっとして私の手伝いか?」


 アレクの横には、まだ幼い少女がいた。
 白い毛並みの、猫のような耳を生やした獣人だ。
 名前はたしか――


「ブランですか?」
「そうだ。私が宿に来た日、彼女は他の冒険者の手伝いをしていたとか聞いた気がするのでな。あるいは今日の私を手伝うために連れてきてくれたのかと」
「先ほども申し上げた通り、強い人に連れ回されてダンジョンを制覇したところで、なんの経験にもなりませんので」
「……その子は私より強いとおっしゃるのか」
「そうですね。純粋な戦闘能力だけで言えば、うちの宿で二番目です」
「一番はあなただろう? ということは、ヨミさんよりも強いのか」
「あいつは細かい魔法が得意ですから。肉弾戦だとそこまででもないですよ」
「ということは、ブランちゃんは肉弾戦が強いのか」
「腕力だけで言えば、大人百人との押し合いで勝てますよ」
「……あなたの話はいちいち大きすぎて、すべてホラに聞こえるのが難点だな」
「本当なのになあ」


 困ったように頭を掻く。
 とにかく冒険に同行させてくれるのではないらしい。
 ロレッタはたずねる。


「では、ブランちゃんはなんのために?」
「セーブポイントの見張りです。な?」


 アレクはブランに呼びかける。
 すると、彼女は、サッとアレクの背中に隠れてしまった。
 内気な子のようだ。
 仕事中は普通に客の注文をとっているようだが、表だと、また変わるらしい。


「……この通り内気ですが、言いつけはきちんと守る子なので、ご安心ください。ロレッタさんの復帰地点はこの子が守りますよ」
「それはいいのだが、セーブポイントを守るというのは?」
「今までもやっていたんですが……これはこの通り、壊れたりはしないんですけど、悪用される可能性はあるので。俺が認めた人以外は使えないようにいつも見張ってるんです」
「そうだったのか……その割には、私は初めて会った日に簡単に使えた気がするが」
「ロレッタさんは一目で正直者だとわかりましたから」
「慧眼恐れ入るが、それはもうただの勘でしかないと思うぞ」
「根拠らしきものを語るなら、あなたが悪人でも、俺がその場にいれば、あなたを殺さない程度に足止めして、セーブポイントを消せばいい話でしたから。セーブポイントが消えればロードできませんからね」
「当時、悪いことはまったく考えていなかったが、魔が差さなくてよかったと心から思う」


 なんだろう『殺さない程度の足止め』とは。
 想像するだに恐ろしい。
 死が一番辛いことではなく、生きているがゆえに苦しいこともあるのだと、ロレッタはいくつかの修行で骨身に染みて実感していたので、恐ろしさもひとしおだ。

 しかし――
 気になることは、やっぱり残った。


「アレクさんが見張りをするのでは足りないのか?」
「ああ、申し訳ない。俺はちょっと、席を外さないといけないので……」
「そうなのか……まあ、そうだな。あなたの本業は宿屋主人だ。やらなければならないこともあるだろう。むしろ、今までよく私の修行に付き合ってくれたと感心し、感謝するばかりだ」
「宿屋とは別件なんですが……まあ、その、聞かないでください。答えそうなので」
「そう言うならばたずねまい。なんのお仕事かは知らないが、がんばってくれ」
「仕事っていうか雑務処理っていうか……がんばります」
「うむ。こちらも、誠心誠意努力しよう」
「俺の見立てでは五回ほど死ぬと思いますので、そのつもりで」
「たった五回か。ならば大した問題ではないな」
「そうですね」


 アレクは笑う。
 ロレッタは今のやりとりをしたあとで、アレ? と首をかしげた。
 五回死ぬのは大したことだと思っていた時期も、たしかにあったような気がするのだ。
 でもそれは、もう思い出せない遠い日のことのようだった。

 過去はもういい。
 それより今は――未来を見よう。
 目の前のダンジョンを制覇し、指輪を見つけ出す。
 そのことだけを考えようと、ロレッタは頭を切り換えた。


「それでは行ってくる」
「はい、お気を付けて」


 アレクが手を振る。
 彼の背後から、おどおどとブランがこちらを見ている。

 ロレッタは軽く手を振り返し、『花園』へと向かった。
 ダンジョンに挑むというのに、足取りにこわばったところは少しもない。
 これも修行の成果だろうとロレッタは誇らしく思った。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ