挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
セーブ&ロードのできる宿屋さん ~カンスト転生者が宿屋で新人育成を始めたようです~ 作者:稲荷竜

十章 カグヤの語る英雄譚

144/249

144話

 ダンジョンは様々な石造りの建造物の並ぶ、ひらけた空間だった。
 建物は全体的に、四角く仕上がっている。
 街の外からでも見える巨大な建造物があったから、カグヤは『すべての家々は巨人の住まうようなサイズなのではないか』という想像もしていたけれど、そんなことはなかった。

 人のサイズの入口。
 目的不明な――ダンジョンなのに、まるで人が過去に暮らしていたかのような街並み。

 モンスターさえいなくなれば、すぐにでも人が住めそうな、整理された区画。
 ……そもそも。
 これまで挑んだダンジョンも含めて、いったい誰が、なんのために造ったものなのだろう?

 もちろん、洞窟や巨大植物なんかは、自然にできた可能性もあるだろう。
 しかし『塔』などの建造物系ダンジョンには、絶対に『設計者』がいるはずだ。
 その疑問をふと口にしたカグヤに、アレクサンダーは以下のように答えた。


「いや、そこまでは設定されてないんじゃないかな。『古代文明の名残』としか」


 発言自体は『なにも知らない』と同義だった。
 しかし、このアレクサンダーの発言は、妙に気になるというか、引っかかりを覚える言葉だったと、カグヤは感じていたらしい。

 広いダンジョンを歩いていく。
 東西南北には門に向けて伸びる通りがあり、街の中央にはどうやらひときわ大きい建造物があるようだった。
 裏通りもクモの巣のように張り巡らされている。
 しかし、大通りを歩いてさえいれば迷うこともなく、また、サイズこそ大きいもののそこまで強いモンスターもいなかった。
 もっとも、モンスターの強さにかんしては、アレクサンダーたちが強すぎるゆえにそう感じただけだろうと、この時のカグヤはもう判断できたようだ。

 歩き続けて、ダンジョンマスターの居場所が見えてくる。
 ちょうど大通りの交差する場所――ダンジョンの中央に、それはあった。
『城』。
 マップにダンジョンマスターの存在が記されている場所を、アレクサンダーはそう呼んだ。

 周囲には水がはりめぐらされていた。
 どうやら防衛設備らしい。数々のモンスターの姿が見えるその水たまり――壕を泳いで渡るのは困難だろう。
 また、渡ったところで、『城』の入口までクライミングをするのは、つるりとした磨かれた石に阻まれ、なかなか難しそうに見える。

 ではどのように通行すればいいのかと考えた場合、『城』の東西南北、大通りとつながるように設置された『跳ね橋』なるものが役立ちそうだという話だった。
 このダンジョンに出るモンスターに見合ったサイズの巨大な跳ね橋は、下ろすことさえできれば、『城』への侵入の難易度が格段に下がるだろう。

 ならばその『跳ね橋を下ろす』ということ自体の難易度はといえば、そう難しくもない。
 跳ね橋の横にレバーのようなものがあった。
 通常であれば、一人が壕を泳ぐか、なんらかの手段で飛び越えたあと、レバーを操作するという危険な手段が必要だろう。

 しかし、こちらにはサロモンがいた。
 レバーに向けて、適切な力の矢を適切な位置に放ち命中させ、対岸から跳ね橋を下ろすという離れ業が、彼には可能だった。

 ガコン! という音を立てて、動き出す跳ね橋。
 そのギミックに、カグヤは強い興趣を覚えたらしい。
 重々しく巨大な建造物がレバー一つで動き出すということの不思議さに、彼女は妙に気分が高揚していたようだった。

 跳ね橋が降りて。
 全員が、『城』へと歩みを進めた。

 ――この時。
 カグヤはやっぱり、安全な場所にいた。

 先陣を切るのは不死身のアレクサンダー。
 すぐ横に付き従うように歩む『真白なる夜』。
 続いて、今でこそ『愛し子ベイビィズ』はないが、戦士としてもそれなりの強さを持つダヴィッドが。
 それら三人に守られるように、イーリィとカグヤ、ウー・フーはいた。
 しんがりは、サロモンだ。

 七人いるアレクサンダーのパーティではあったが、主に戦闘をするのは、四名だった。
 アレクサンダー、『真白なる夜』、ダヴィッド、サロモン。
 イーリィは『攻撃』に向いていない。
 もっとも、人の傷をほぼ無制限に治せるので、活躍は大いにした。
 ウー・フーもまた戦いにおいてはさほどでもない。
 しかし、マップを見ながら全員の進むべき方向を指示するという、ある意味で一番大事な役割を担っていた。

 だからカグヤが、パーティーの真ん中でただみんなに着いて行っているのは、いつものことだった。
 ただし。
 この時のカグヤには、いつも通りにできない理由が『二つ』あった。

 だから、アレクサンダーの横に並ぶ。
 その違和感のある行動に、当然ながら、アレクサンダーが疑問を投げかけた。


「お、どうしたチビ狐?」
「……」
「前に出ると危ねーぞ。イーリィの横にいとけ」
「…………」
「おいってば」


 カグヤは答えなかった。
 そのうち、『真白なる夜』が「まあいいじゃないですか。いざとなったら僕が守りますよ。力が及べばね。あっはっは」と、穏やかに微笑んで進言する。


「……どうしてシロの発言はいちいち不安を煽るんだか……ま、いいけどさ。このダンジョンのモンスターぐらいなら、どうにかなるだろ。イーリィもいるし……」


 最終的に、アレクサンダーはそういうことで納得した。
 旅において誰も死んでいないのは、イーリィの力によるところが大きい――というか、大きすぎる。
 彼女の力に対する信頼は、パーティー内において『イーリィと別行動さえとらなければ、即死しない限り半身が吹き飛んでも死なない』とまで言われるほどだった。

 また、それぞれが高い基礎能力の他に一芸を持った集団だ。
 カグヤ一人程度守り切ることなど、まったく問題ないという判断は、当たり前すぎた。


「んじゃ行くか」


 ダンジョンマスターのいる『城』へ、七人は歩んでいく。
 この時だけは、ほぼ全員が真っ直ぐに『城』の奧を見ていた。

 ただし。
 一人だけ、違う方向を見ている者がいた。

 カグヤが見ているのは、アレクサンダーだった。
 予言が、あったのだ。


 ――この城がアレクサンダーの死に場所になる。


 旅を始めて、三つ目の予言。
 そして、アレクサンダーの死にまつわる、二つ目の予言。

 だから、カグヤは、役に立てると思った。
 ……全員にその予言を告げて、このダンジョン自体の攻略をやめるわけではなく。
 自分だけがアレクサンダーを守れると――役に立てると、そう考えてしまった。

 だって、今のカグヤは、もう穴蔵に閉じ込められて、予言以外の言葉を発することを禁じられ、それを普通だと思っていたころのカグヤではないから。

 草を知った。
 花を知った。
 川を知った。
 空を、知った。
 そして、仲間といるということを、知ってしまった。

 役立たなければ穴蔵に放り込まれ、言葉を交わすことさえ許されなくなる――
 そのことが、とても怖いということを、知ってしまっていたから。

 ……ただ、捨てられたくなかっただけ。
 イーリィよりもアレクサンダーの役に立ちたかった、ただそれだけだった。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ