挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
セーブ&ロードのできる宿屋さん ~カンスト転生者が宿屋で新人育成を始めたようです~ 作者:稲荷竜

十章 カグヤの語る英雄譚

139/249

139話

「やっべえ食い物ねーじゃん」


 カグヤが、アレクサンダーとイーリィに同行して旅を始めてから、しばし経ったころ。
 荷物の確認をした彼が、そんな風につぶやいた。

 あたりはなにもない平原だ。
 たぶん、遠いところに川はあるのだろう。
 しかし視界に入る範囲にはないし、北側には、はげた山ぐらいしかなかった。
 動物も、見当たらない。

 アレクサンダーのこのつぶやきに、イーリィは「だから一週間も前からずっと『どこかで食べ物の補充をしないと』って言ってたじゃないですかあ!」と頬をふくらませていた。
 このように、アレクサンダーはあまり人の忠告を聞かず突っ走る傾向にあった。
 その忠告を受けるたびにアレクサンダーが言っていたことといえば――


「まあなんとかなるって」


 という、非常に無責任なものだけだった。
 イーリィはやや口うるさいところがあるので、その話を打ち切るためだけにアレクサンダーが口にする常套句である。
 しかし、イーリィの口うるささの原因は、八割ぐらいアレクサンダーの考えなしの部分に起因することを、カグヤは知っていた。

 その考えなしアレクサンダーも、さすがに食べ物がないという現状を前には、思案をした様子であった。
 三秒ほど――彼にしてはかなり長いこと悩んでから。


「近くの村で分けてもらおう」


 そのように結論した。
 もちろん、この時点で『近くの村』なるものは視界にない。

 それに、イーリィたちに聞いた話によれば、今の時代、村々は決して協力関係になかった。
 モンスターも、村のものではない人も、すべては『外敵』とみなされるらしい。

 世界にはモンスターがあふれていた。
 実際、カグヤも、アレクサンダーたちに同行してからという短い期間で、何度モンスターに襲われたかわからない。

 モンスターたちは決して強いという印象はなかったけれど、数は多いし、人だけを執拗に狙ってくるので、厄介だ。
 自然、村の外に出るには命懸けになり、人々の集落は自給自足がメインとなる。
 そういった時代に『食糧を分けてもらいに来る他人』など、歓迎される理由がなかった。

 イーリィも、カグヤと同じ見解だったらしい。
 彼女はアレクサンダーに「そんな都合良くいかないですって。兄さんは本当に、もっと後先考えてくださいよ!」と『口うるさく』言う。

 アレクサンダーはやっかいそうに顔をしかめた。
 それから。


「まあ、なんとかなるって」


 気楽そうに言って、歩みを進める。
 他者をおもんばからない歩調に、カグヤもイーリィも慌ててついて行くしかなかった。



 ○



「ほら、村あったぞ。え? 知ってたのかって? 知るわけないじゃん。ただの偶然だけど結果的にあったんだからいいだろ?」


 彼が指さす先には、たしかに村がある。
 高い木製の壁で囲まれた、さほど大きくない集落だ。
 内部にはやぐらが立っているのも見えた。
 そこには見慣れない武器……ようするに、アレクサンダーが持っているような『剣』でも、イーリィが持っているような『杖』でもない武器を持った見張りが立っていて、周囲を警戒しているようだった。

 というか。
 思いっきり、その見張りと目が合った。

 カグヤはあまりものを知らないが、それでもわかる。
 絶対歓迎されないやつだ。


「んじゃ、行くか」


 アレクサンダーだって、今、見張りが思いきりこちらをにらんだのはわかったはずだ。
 それ以上に、カーンカーンカーンという警鐘の音が聞こえているはずだ。
 だというのに、足取りも軽く、彼は集落へ進んでいく。

 集落の方では、やぐらの上に多くの人がいた。
 一列に横並びして、見慣れない武器を構えている。
 みな、若く、男性だか女性だかわからない顔立ちをしていた。
 よく見れば、アレクサンダーやイーリィよりも、耳がとがっているようにも見える。


「止まれ! それ以上近付くと、害意ありと見なすぞ!」


 張りのある声は、男性のものだった。
 アレクサンダーは笑う。


「おー、やっぱり言葉は通じるのね。それに、エルフに弓、と。計算違いはモンスターとダンジョンぐらいか。……はあ、マジでバグなんだなあ、モンスターって」


 わけのわからない発言だった。
 イーリィから『適度に無視した方がいい』と言われているものだろう。

 もっとも、発言だけではない。
 行動だってわけがわからない。
 止まれと言われているにもかかわらず、まったく気にしたそぶりもなく近付いて行く。


「警告はした! 言葉が通じない者、モンスターとみなす!」


 村側は、攻撃を開始する。
 彼らが用いているのは、しなる木材に、細い糸をピンと張った不思議な武器だ。
 そこに短く細い槍のようなものを装填し、木材のしなりと糸で飛ばす仕組みのようだった。

 カグヤが知るものだとスリングショットが一番近いだろうか。
 ただし、威力も速度も、おそらく飛距離も、スリングショットよりはるかにすさまじいようだった。

 ――弓と、矢。
 カグヤの知らない、後に『獣人族』と定義される種族があまり使わない道具の名前が、それだった。

 複数の矢が、アレクサンダーを襲う。
 彼は、背中に背負った大剣を抜き放つと。


「悲しいねえ」


 剣を大きく振りかぶる。
 力をためるように、体を思い切りひねる。
 そして。


「俺の脅威を、モンスター程度と一緒にされるなんてさあ!」


 思い切り、大剣をなぎ払った。
 その風圧だけで、飛んできた矢は、ばらばらと地面に落ちた。

 集落から戸惑う気配が感じられる。
 アレクサンダーは、大剣を肩にかついで叫ぶ。


「っていうか食糧分けてもらいに来ただけだっつーの! いきなり矢を射かけてくんなよ!」


 地団駄を踏む。
 ……アレクサンダーは、この世界が今陥っている状況を充分に知っているはずであり、食糧の貴重さだってよくわかっているはずだった。
 それなのにこの物言いである。
 カグヤはそろそろ、アレクサンダーの人格に疑問を覚え始めていた。


「食糧は分けられない! 帰れ!」


 アレクサンダーの要求に対する、村側の返答がこれだった。
 彼はどのように反応するだろうか。
 カグヤはこのあとの展開に嫌な予感を覚えつつ、アレクサンダーを見た。

 彼は。
 肩をすくめた。


「わかったよ。まあ、そうだな。こんな時代だもんな」


 意外にもあっさりした引き際。
 けれど、村の主張を認めたうえで、彼は、なお語る。


「でもさ、あんたらも、そんなとこに閉じこもってて、もったいないと思わないのか? あんたらぐらいの弓の腕があれば、もうちょっと活動圏を広げられるだろうに。特に、そこの髪の長いあんた」


 アレクサンダーが視線を動かす。
 そして、今までしゃべっていたのとは、別な――村人の中でもっとも髪の長い者を見た。

 その、とがり耳の、金髪碧眼の人物が男性か女性か、カグヤでは判別がつかない。
 美しいことだけは、たしかだ。
 ただし、仏頂面を浮かべて唇を一文字に引き結んでいるので、かなり気むずかしい印象だ。
 緑色の、むやみに丈の長い衣装を身にまとい、簡単な革の胸当てを左胸につけている。
 体つきは細く、長い。

 その人物は、なにも言わずに、アレクサンダーを見下ろしていた。
 表情さえ変わらない。

 だというのに、アレクサンダーは楽しげに笑う。
 そして、言葉を続けた。


「あんたの矢が、一番、俺にとどきそうだった。……俺があんたぐらいの腕の持ち主なら、こんな狭い村暮らしに飽き飽きして飛び出すけどな。っていうか、俺は、実際、飛び出した。性格の違いかねえ。どっちがいいってわけじゃないけど……あんたがこんな場所でくすぶってるのは、もったいないと、俺は思う」
「……」
「なあ、もしよかったら、あんただけでも、どうだ? 俺と一緒に、世界の果てを見に行かないか? この世界には面白いものも、不思議なものも、なんでもある。広く、わけのわからない世界――一箇所にとどまってるのは、あんまりにももったいないだろ?」
「…………」


 声をかけられた側は、無言、無表情のままだ。
 ただ――村側は、なんらかの危機感を抱いたらしい。
 先ほどから、村の総意を代弁している男性が、慌てたように叫ぶ。


「耳を貸すなサロモン!」


 その一言が、皮肉にも、きっかけになってしまったようだった。
 サロモンと呼ばれた人物は、見張りやぐらから、村の外へ飛び降りる。

 音もなく、草地に降り立つ、サロモン。
 ふわり、と長い金髪をなびかせながら、彼は、ぼそりと口を開く。


「……面白いものならば……」
「あん?」
「……面白いものならば、目の前に、ある」


 弓を構える。
 女性のような見た目の、しかし男性だったらしい人物の矢は、ぴたりとアレクサンダーに狙いを定めた。

 アレクサンダーは楽しげに笑う。
 そして、大剣を構える。


「高所の優位を捨て、遠距離の優位を捨て、壁の優位を捨て、俺とおんなじ地平に立ってもらったところで申し訳ないんだが――俺にはあんたと戦う理由がないんだけど?」
「……我に勝てたら食糧をやろう」
「よっしゃ、やろう」


 サロモンの発言に泡を食ったのは、村の方だった。
 やぐらの上から「サロモン!? おい!」という悲痛な叫びが聞こえる。
 苦労人だということが一目でわかった。

 カグヤはイーリィに視線を向ける。
 イーリィもまた、頭を抱えて「ああまた兄さんの悪い癖が……」と嘆いていた。

 苦労人たちの嘆きの中、アレクサンダーとサロモンが向かい合う。
 そして。


「……さあ、面白いことを、やろう。――闘争だ、強敵よ!」


 サロモンが、攻撃を開始した。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ