挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
セーブ&ロードのできる宿屋さん ~カンスト転生者が宿屋で新人育成を始めたようです~ 作者:稲荷竜

十章 カグヤの語る英雄譚

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

138/249

138話

「目的地? えーと……とりあえず西だな!」


 ……簡潔に述べてしまえば。
 アレクサンダーはいい加減な男だった。

 まず、旅の目的がてきとうだ。
『世界の果てを見に行く』。

 具体的なプランがない。
 また、旅というのは食事や睡眠をとる場所の確保など、細々したことを決めなければたち行かないもののはずだ。
 しかし、アレクサンダーはそういう細かいことが苦手だった。

 嫌悪している、とすら言える。
 細かい作業をやるぐらいなら死んだ方がマシ、と冗談ではなく思っているらしい。

 ……もっとも、これはただのものぐさとも言い切れない。
『わからないこと』を楽しむ彼の性分によるところも、かなり大きい。


「きっちり準備して成功するのは当たり前だ。せっかく知らないものを見に行くんだから、なんにも備えないで、行き当たりばったりで、危ない目に遭ったりしながら進むのが、俺は好きなんだよ」


 彼は常々そのように述べていた。
 強がりや冗談ではなく、本気なのが、たちの悪いところだ。

 死んだらどうする――というのは、彼の旅に同行するカグヤともう一人が、常々思ってしまうことだった。
 もっとも、彼は自身の命の心配などまったくしていない。
 命の危機など、ありえるはずがないから。

 ともあれ、旅の中でカグヤは、早くも実務を担う役目を得ていた。
 だって、アレクサンダーがなにもしないから。

 地図さえ満足に描かれていない時代だ。
 どういう道を通ればいいのか、どう行けばどこに出るのか、そもそも――行く先になにがあるのかさえ、まったくわからない。

 予言者。
 その肩書きを持っており、実際にいくらかの予言をしたこともあるカグヤではあったが、そもそも予言は万能ではなかった。

 予言とは『知りたいことを知りたい時に知る能力』ではない。
『避けられない運命を少しだけ早く警告してくれる機能』だ。

 旅には役立たない。
 だからカグヤは、アレクサンダーを支えるために、様々なことを勉強するしかなかった。

 山を見る力。
 天気を読む嗅覚。
 川の流れから、先の地形を予想する目。

 どれも経験と想像力が必要で。
 カグヤには両方とも不足していた。

 大変だった。
 長年監禁されていた体は、すぐに音を上げる。
 世界は知らないことだらけだ。

 草を知らなかった。
 ――あの場所には岩と土しかないから。
 花を知らなかった。
 ――あんなところに花を運んでくれる人は、いないから。
 川を初めて見た。
 ――あの場所には岩を伝う水滴しかなかった。

 空を知らなかった。
 あの場所は、ずっと、食事が乱暴に投げ入れられる時以外は、閉ざされていたから。

 情報の奔流。
 体力のみならず、精神もまた脆弱なカグヤにとって、この旅は大変なものだった。

 でも。
 楽しかった。

 カグヤの体力が尽きて歩けなくなると、アレクサンダーがおぶってくれた。
 ――呪われているから、しゃべると不幸になる。
 最初のころはまだ、そんな遠慮があったような気がする。

 でも、時間が流れるにつれ、カグヤは呪いを忘れていく。
 もう、カグヤが呪われていると言う人は、誰もいない。
 だって、育った村にいた人たちは、もう誰もいないから。

 モンスターに襲われた、らしい。
 ……アレクサンダーたちは、襲撃されている村を、助けたのだ。
 でも、村人はすでに誰もいなかった。

 死んではいない。
 逃げたらしい。

 ……ひどい話だ。
 呪われた子供は置き去りにして、全員で集落を脱出する。


「まあ、こんな時代だから珍しいことでもねーよ。そこら中モンスターだらけで、村なんていつ襲われるかわからない。一応壁みたいなもんはみんな作ってるみたいだけど、お前の村を守る『壁』は薄っぺらい木の板みたいなもんだったしな。逃亡準備はしてる方が自然だ」


 アレクサンダーが村にたどり着いたころには、もう、村はもぬけの殻だったらしい。
 死体もなかったので、『あ、これはみんな逃げたな』とピーンときたそうだ。

 ……だったら、なぜ、アレクサンダーは自分を助けてくれたのだろう。
 もう誰もいないように見えたはずなのに、モンスターを蹴散らしてまで。

 カグヤはたずねる。
 アレクサンダーは笑う。


「お前がいたのは偶然だ。村に入ったのは、そりゃお前、勇者行為のためだよ。ほうほうのていで村人が逃げ出したわけだろ? ってことは『薬草』とか『剣』とか転がってるかもしれねーじゃん? おまけにモンスターとの戦いもできて一石二鳥ってやつだよ。わかるかな、一石二鳥。一つの石で二羽の鳥を落とすと超お得みたいな意味だけど」


 言葉の意味はわからなかったが、アレクサンダーが正義の味方ではないことはわかった。
 よくも悪くも、やりたいことをやるだけの人だ。


「でもさ、不便だよな、お前の予言も。だってモンスターの襲撃、予言したわけじゃないんだろ? 自分のいる場所に起こるイベントも先読みできないっていうのは、パッシブスキルっぽいっていうか、イベント用スキルっぽいよなあ。自由度が足りない」


 アレクサンダーはこのように、たびたび不可解な発言をする。
 カグヤより先に彼と旅をしていたイーリィなんかは、このアレクサンダーの奇矯な言動について、


「……いえ、もう、兄さんの意味不明発言はあきらめていますから。適度に無視するのが上手にやっていくコツですよ。気にしたら負けです」


 などと、長年慣れ親しんだ感のあるコメントを、ため息とともにくれた。
 ……アレクサンダーとイーリィは、同郷の出身だそうだ。
 同じ村で生まれ、同じ村で育った二人。
 だから、イーリィはアレクサンダーを『兄さん』と呼ぶが、血縁はないらしい。

 カグヤにはまだうまく呑みこめない関係性だった。
 でも、そのうち慣れていくのだろうと、思っていた。

 危険でつらい旅。
 けれど、ずっと続くと思えた、旅。

 なにより。
 このまま、ずっと続いてほしいと思える、旅。

 ……変化がおとずれたのは、少しあとのことだった。
 ある人物と出会ったのだ。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ