挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
セーブ&ロードのできる宿屋さん ~カンスト転生者が宿屋で新人育成を始めたようです~ 作者:稲荷竜

七章 コリーの聖剣修理

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

108/249

108話

 扉を開くと。
 アレクのすぐ眼前に、青き巨人がいた。

 コリーはアレクに剣を放り投げた。
 珍しくぼんやりしていた彼は、ハッとした様子になって、剣を受け取る。

 直後。
 アレクの眼前に迫っていた、青き巨人の腕が振り下ろされる。

 彼は渡された剣の刃で、青き巨人の腕を受け止めた。
 止まった、だけだ。
 斬れたりは、しない。

 アレクは首をかしげる。
 それから、手にした剣を見て、不可解そうな声を出す。


「これが聖剣、ですか?」


 彼の疑問はもっともだろう。
 だって――なにも、変わっていない。

 ナイフの長さの、無骨な刃。
 折れた両手剣といった様子のそれは、コリーにあずける前と、今とで、なにも変化がない。

 けれどコリーは言う。
 堂々と。


「それでいいんス!」
「どういう意味で?」
「かつての勇者アレクサンダーは、どんな素材の剣でも振るだけで折ったらしいんスよ。だから最終的に、ダヴィッドは刃を打たないことにしたんス!」
「はあ」
「機能だけ復活させたッスから、剣に魔力をこめてみてほしいッス!」


 言われるがまま、アレクは剣に魔力をこめる。
 すると、刃が伸びた。

 ……いや、そのように錯覚しただけだ。
 伸びたのは、非実体の刃。
 つまり、今に伝わる『聖剣』の正体とは。


「魔法剣、魔力を刃にする装置、ですか」
「そうッス。それが、伝説に記されていた聖剣ッス」
「しかし……」


 アレクは、伸びた刃で青き巨人の腕をはじく。
 ……それからの動作を、コリーは目で捉えることができなかった。

 いくつかの音が、圧縮されて耳にとどく。
 すさまじい金属音。
 同時に、青き巨人が吹き飛んで、壁に叩きつけられた。

 それだけ。
 青き巨人の、丈夫そうな体には、傷一つない。

 アレクが、『聖剣』を見る。
 刃の長さはロングソードなみになっている。
 それにしては幅が広い。地面に突き立てれば盾にもなるだろう。

 ほのかに燐光を放つ刃は、たしかに『聖剣』と呼べる貫禄がある。
 しかし、アレクは美しい刃とは別な部分を見ているようだった。


「この剣の威力は、持ち主の魔力依存みたいですね。誰が持っても強い剣、というわけではなさそうです。まあ、たしかに魔法剣は見たことがありませんでしたし、勇者は強かったでしょうから、実体の刃よりはこういうものの方がいいのでしょうが……」
「それが、今の世の中に『聖剣』として伝わっているもので間違いはないッス」
「なるほど。……とりあえず、おめでとうございます、ですかね?」
「いえ、まだッス」
「……と、おっしゃいますと?」
「それが伝承にある聖剣で……こっちが、アタシの作った、生まれたての聖剣ッス!」


 するり、と。
 鉱石でできているはずの地面に、まるで抵抗なんてないかのように突き立てられた刃。

 息を呑む。

 ほのかに青い光を放つ刃は、たしかに実体があるのに、幻想的な空気をまとっていた。
 それは刀身が半透明だからという理由も大きいだろう。
 たとえば清流をそのまま剣のかたちにしたならば、このような見た目になるかもしれない。

 大きさは、やや小ぶりだ。
 刃の幅は狭く、平たい。
 長さはアレクの腕とだいたい同じ程度だ。

 にもかかわらずその剣のまとう存在感はあまりに強大だった。
 見ているだけで吸い込まれそうになる。
 美しさだけで人を制することが、この剣ならば可能かもしれない。
 そう思わせるほどの不可思議な魅力が、その剣にはあった。

 アレクはその剣を手にとる。
 大した力をこめてもいないのに、ふわりと浮かぶように地面から抜けた。
 すさまじい軽さ。
 なにより、『地面に刺さっていた』ことを感じさせない、優れた切れ味。

 剣に顔を近づけ、じっくりと見る。
 透けた青い刀身からは、向こう側が見える。

 視線を下げる。
 柄と刃が一体化したデザイン。
 丈夫さに優れるだけでなく、見た目の美しさにも寄与している。

 柄は片手で持つことを想定された長さ。
 ただ軽いだけではなく、重量バランスもいい。
『振って叩く』ではなく『突いて刺す』ことが主な用途だろう。

 アレクは生まれたての聖剣をひとしきりながめる。
 そうして、今まで忘れていた呼吸を思い出した。


「……素晴らしい」
「どうもッス!」
「透けた刃というのは、初めて見ました」
「それはこのダンジョンの鉱石を磨いてたら、透けていったんスよ。完全に透明じゃないのは色々な鋼を混ぜてるからッス。……たくさんの鋼を混ぜて、粘りと硬度を両立させるのは、刀剣鍛冶として伝統の技術ッスからね」
「……古い職人が得意とする技術、ですね」
「そうッス。でも、柄と刃を一体化させたのは、新しい技術ッス。古い職人は銘を刻んだり、他にも『柄は柄の職人が作るべきだ』とかの理由から、あんまり一体型はやらないんスよ。でもアタシは、一体型の方がいいと思ってるッス」
「……」
「他にも色々やってるッスよ。……古いものも、新しいものも、全部こめたッス。いいものは、いいものッスから。それが、今のアタシにできる限界ッス」


 コリーは笑う。
 顔は炭で汚れていた。
 体は汗まみれで、息は荒い。

 それでも誇らしげに。
 コリーは、言った。


「その剣が『聖剣』かどうかは、『青き巨人』を倒せるかどうかで決まるッス。ダヴィッドの作ったそのゴーレムは聖剣なら倒せるって、そういうメッセージが遺されてたッス」
「……へえ、これが、ダヴィッド作のゴーレムなのか。意外と普通にゴーレムしてるな」
「はい?」
「いえ。……ところで、どうされます? あなたが打った剣ですから、あなたが試し斬りをなさるのがいいかと、俺は思いますが」
「いや。アレクさんに頼むッス」
「なぜ?」
「……アタシは、刀剣鍛冶ッスよ。剣を打つところまでが、仕事ッス」
「……」
「それに、アレクさん以上の使い手はいないッス。いい使い手に使ってもらうことが、剣にとっての喜びだと思うッス」
「……そうですか。では、ありがたく。……いや、実はね、俺も、この剣を使ってみたいとそう思ってしまったんですよ。新しい装備を使う時は、わくわくしますよね。それがこれほどの剣ならば、なおさらだ」


 青き巨人が立ち上がる。
 アレクは、青く透き通った剣を片手に、そちらへ向き直る。

 一瞬の静止。
 ……その後の動作を、コリーの目で捉えることができたのは、アレクのサービスだろう。

 あまりに静かな踏み込み。
 すべるような動作で、青き巨人までの距離を詰めていく。

 接近、間合いに捉え、剣を突き出す。
 その動作はすべてがよどみなく、流れるように続いた。

 剣の放つほのかな光が、青い軌跡を残す。
 切っ先が巨人の胴部に吸い込まれる様が、コリーにはやけにゆっくりに感じた。

 切っ先が触れる。
 巨人の胴部がわずかにへこむ。

 あとはもう、あらかじめ決められていたかのように。
 剣は。
 青き巨人の――聖剣でしか斬れないと言われたゴーレムの胴体に、突き刺さった。


「……やった……!」


 呆然とつぶやきながら、コリーは膝をついた。
 疲労と達成感で気絶しそうだ。
 危うく魔力による自己強化を切らせかけて、慌てて意識を取り戻す。

 視線の先では、青き巨人が、関節部から光を放っているところだった。
 ……どうやら『聖剣』が完成したことを認め、あのゴーレムの役目も終わったらしい。

 ……古い時代から、ただ一つの役割のために、今まで動き続けた。
 ダヴィッドが作ったという作品。

 ……どういうことをすれば自立稼働するモンスターを作れるのかはやっぱりわからない。
 でも、コリーは、そこに、ダヴィッドの魂を見た気がした。

 一つの目的のため、一心に動き続ける。
 それは優れた職人の姿と重なる部分があると、そう思ったのだ。

 青き巨人が、首を動かして、コリーを見る。
 表情などない存在。
 でも、最後になぜか、ほほえみかけられたような気がして――

 青き巨人は。
 バラバラと崩れ落ちた。

 アレクが剣を振る。
 そして、ゆったりとコリーを振り返った。


「では、帰りますか」
「……あの、もうちょっと余韻とか、ないんスか」
「しかし、あなたの目的はまだ達成されていませんよね。聖剣をおじいさんに見せて、元気にして差し上げなければならない」
「……そうッスね。あんまりの達成感に、忘れかけてたッス」
「ですが、さすがにこれから寝ずに急いで帰るというのも、きついでしょう。休みながら帰って……そうですね、明後日ぐらいにおじいさんと面会ということでいかがですか?」
「……大丈夫ッスかね、じいちゃんの体調は」
「おじいさんの様子を診ているクランメンバーからの連絡だと、まだ余裕はありそうです」
「あの、そういった連絡はいつ受け取っていらっしゃるんスか? 実はアタシが奧で剣を打ってるあいだに、王都に戻ったりしたんスか?」
「スマホで」
「……は?」
「まあ、スマホは冗談にしても、通信機器のようなものですね。さすがに簡単な会話を数秒できる程度ですけれど、そういう魔導具を作成しています。回数制限があったり、大量生産できなかったりと、問題は山積みですが……」
「離れた相手と連絡できるんスか?」
「そうです。でも、距離制限もねえ。きつくって。やっぱり基地局を作るべきかもしれませんね。今だと電池が三秒で切れるうえに充電できないトランシーバーみたいなものですし。おまけに作るまでとにかく時間とマンパワーがかかるという。そして作るための人材育成も間に合っていない」
「疲れてる時にアレクさんと会話するのは、なかなか苦行ッスね……」
「俺も、もう少し説明して差し上げたいところなのですが、さすがに限界です」
「帰るッスか」
「そうですね。帰りましょうか。休み休み、王都までね。入口までは、ロードしましょう」
「……結果的には、王都でセーブしとけばよかったッスね」
「そうですね。まさかコリーさんが死なないとは、意外でした。俺の修業は安全マージンをとりすぎているのかもしれませんね」
「安全……?」
「なんでしょう?」
「いえ、なんでもないッス……眠いッス……空腹ッス……帰るッス……」


 これ以上の会話はやめた方が心身のためだろうとコリーは判断する。
 ……とにかく、疲れた。
 ロードをする前に、コリーは背後を振り返る。

 そこには、ダヴィッドの用意した工房がある。
 ……聖剣を作った、場所がある。

 素晴らしい設備だった。
 でもきっと、もう来ることはないだろう。

 ……生まれ育った工房があるから。
 これからの刀剣鍛冶としての人生は、きっと、そこで過ごすのだと。

 そう決意して、コリーは帰路に就く。
 王都への帰路へ。
 そして、長らく空けていた、生家へ帰るための、道へ。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ