挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
セーブ&ロードのできる宿屋さん ~カンスト転生者が宿屋で新人育成を始めたようです~ 作者:稲荷竜

一章 ロレッタの『花園』制覇

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

10/249

10話

「え? なにを怖がってるんですか? ダンジョンに挑むだけですが……」



 ロレッタがアレクを問い詰めたところ、返ってきたのは、拍子抜けするような答えだった。
 ダンジョンに挑む。
 なるほど、冒険者であれば、日常的とさえ言える行いだった。


 たいていの冒険者は、ダンジョン探索によって生計を立てている。
 ダンジョン攻略は『調査』『探索』『制覇』という段階がある。
 このうち『調査』では、マッピングや、そこにいるモンスターの強さを測り、ダンジョンレベルを決めるということが行なわれるのだが……
 この作業は、安全最優先で行なわれる。

 もちろん、未知のダンジョンに入るわけだから、危険がないわけはない。
 だが、モンスターの強さがわかった段階で、あとは戦うことがない。
 マッピングも、見てわかる程度しかしない。
『調査』段階でわかるのは、ダンジョンのおおまかな部分だけなのだ。

 冒険者の主な収入源となるダンジョンの『探索』は、『調査』の補強や穴埋めだ。
 調査段階で見つからなかった部屋などを発見することもある。
 運が悪いと、そのダンジョンに一匹だけしかいないような、異常に強いモンスターに襲われるなんていう事故もありうる。

 もっとも危険。
 だからこそ、冒険者に任せられることが多い。
 その代わり見つけた宝を持ち帰ることも、倒したモンスターの落とし物を拾うことも許される。
 ひょっとしたら、一攫千金もありうるかもしれない、肉体労働。
 それが『探索』という、冒険者の主な仕事だった。


 というわけで、アレクとロレッタは、街の東側にあるダンジョンに来た。
 徒歩三十分圏内の場所にある、比較的近場のダンジョンだ。

 だだっぴろい砂地の上に、ぽっかりと洞窟が口を開けている。
 ここは『入門者の洞窟』と呼ばれる、駆け出し冒険者が最初に入るため、あえて『制覇』を禁止されている冒険者の登竜門だった。

 今は昼なので、周囲は様々な人でにぎわっている。
 誰も彼もだいたいガラが悪そうなのは、冒険者ならではというところだ。


 アレクとロレッタは、賑わう『入門者の洞窟』入口からやや離れた場所に立っていた。
 様子を見ているが――ダンジョン前だというのに、あたりには牧歌的な雰囲気さえあった。
 なにせ、このダンジョンは簡単なのだ。
 ロレッタだって、何度か入ったことがある。
 正直に言えばまったく手応えのない、モンスターも弱いし迷うような道もない場所だったが。
 ロレッタは問いかける。


「アレクさん、まさかここに挑めと言うのか?」
「はい。そうですよ」
「うむ……申し訳ないのだが、ここはすでに、踏破している。ダンジョンマスターと戦うのは禁じられているし、この程度のレベルのダンジョンであれば、修行にはなりようがないと思うのだが」
「そうですか?」
「うむ。私はこれでも、昔から剣術をやっていたものでな。冒険者になるにあたり、どれほどの化け物と戦わされるのかと怖くもあったが、このダンジョンに挑んで、やっていけそうだという自信を得たぐらいだ」
「ああ、そうなんですね。ならよかった。案外早く修行は終わりそうだ」
「いやいや、だからな、このダンジョンでは修行にならないと申し上げているのだが」
「そうですかねえ?」
「……私はあなたより強いとは言わないが、このダンジョンのモンスターよりは、強いぞ」
「じゃあ、安心ですね。脱いでください」


 アレクは柔らかい笑みのまま言った。
 ロレッタは首をかしげる。


「んん? なんだ? 今、なにかおかしなことを言ったか?」
「おかしなことは言っていませんが……鎧を、脱いでください。剣も、おあずかりします」
「ああ、なんだ、そういうことか……てっきり服を脱げと言われたかと――いやいや。それもおかしいだろう? 私はこれから、このダンジョンに挑まされるものと、そう思っていたのだが」
「そうですよ」
「ダンジョンに挑むのに、装備を外せと、そうおっしゃるのか?」
「そうですよ」


 にこにこ。
 だんだんアレク時空に取り込まれそうになっている気がして、ロレッタは精神を引き締めた。


「……まあ、装備を外したところで、ここのダンジョンのモンスターであれば、倒せないとまではいかないだろうが……あなたの修行はいつも突飛だものな。わかった。装備をあずけよう。それで私は、剣も鎧もなしで、あのダンジョンでなにをすればいい?」
「モンスターを全滅させてきてください」
「……ダンジョンマスターに挑めということか?」
「いえ、それは禁止されてます。あのダンジョンは、初心者たちがモンスターという存在と触れるのに重要な場所ですからね。ご存じの通り、ダンジョンマスターを倒されると、モンスターが生まれなくなってしまいます。初心者育成の場をつぶすのは、俺の主義に反しますから、そんなことは言いませんよ」
「どういうことだ? 私はだんだん意味がわからなくなってきたぞ。モンスターを全滅させるにはダンジョンマスターを倒し、モンスターの生成を止めないといけないはずだと、私は記憶しているのだが」
「そうですね」
「しかしダンジョンマスターを倒さずモンスターを全滅させろと言う」
「そうですね」
「つまり、どういうことだ?」
「秒間五匹です」
「は?」
「このダンジョンでモンスターが生成されるのは、秒間五匹。五百匹が最大数で、それ以上は増えませんが、減れば補充されます」
「うむ……そのようだな。さすが初心者入門用ダンジョンだ。綿密な調査がなされていると感心するが、どこもおかしくはない」
「つまり、秒間六匹以上倒せば、ダンジョンマスターが存在していても、モンスターを全滅させることは可能ですよね?」
「……理論的にはそうだな」
「そういうことですよ」
「意味はわかるが意味がわからん」
「素手で、一秒につき六匹以上のペースで、モンスターを五百匹、倒してきてください」


 わかるってば。
 ロレッタはこめかみに指を添えた。

 通常、戦いというのはそう簡単に決着しない。
 いくら格下が相手とはいえ、モンスターの耐久力は人を超えている。
 前にこのダンジョンで戦った時の記憶によれば、一匹の相手は一秒で済んでも、一秒で六匹まとめては、難しいというか、不可能だったように思えた。

 しかも、当時は剣を使っていた。
 当たり前だ。
 拳闘士でもあるまいし、素手でダンジョンに入ったりはしない。
 その拳闘士だって、籠手などの装備は身につける。


「アレクさん、私はだんだん、頭が痛くなってきたぞ」
「そうですか。死んでおきます?」
「『ちょっと休みます?』みたいな感じで言わないでくれないか。そうではなく……その、なんだ、不可能だと思う。それとも魔法を使えと暗に言われているのか? それならばわかるが」
「ロレッタさんは魔法使えないでしょ? 簡単な回復と攻撃補助、それに魔力を用いての攻撃ぐらいならいいですが。魔法を使えるなら『沈黙サイレンス』かけときますけど……」
「つまり、飾り気なく、シンプルに、己の拳のみで、モンスターを一秒につき六匹以上、五百匹すべてがいなくなるまで倒し続けろと、そうおっしゃるのか?」
「先ほどからずっとそう言っているんですが」
「無理ではないか?」
「あ、できるまでダンジョンから出ないでくださいね」
「……話を聞いてくれ。無理ではないかと、私は言っているのだが」
「話は聞いていますよ。わかってます。ですから、できるように鍛えるんです。ロレッタさんが、俺の言った目的を達成するまで、ダンジョンでずっと戦い続けてください。今までの感じだと、平均三日は、飲まず食わず眠らずで潜り続けることになるかと。いわゆる雑魚狩りによるレベル上げですね」
「モンスターに倒されることはなくとも、疲労で死ぬと思う」
「あ、セーブポイント出しますね」


 アレクが片手をかざす。
 すると、光を放つ球体が現れた。



 その瞬間。
 周囲が、ざわめく。



 人の視線がこちらに向くのが、ロレッタにはわかった。
 ざわめきが広がっていくのを感じた。
 耳をすませる。
 どうやら周囲の人々は、こんなことをささやきあっているようだった。

「……また『狐亭の魔王』が修行やるみたいだぞ……」
「危ねえ危ねえ、今日はダンジョンもぐりやめとこうぜ……」
「今度の犠牲者はあの赤毛の子か……かわいそうに。まだ若いっていうのに」
「おい! 視線合わせるな! 目ぇつけられたらどうする!?」
「クソッ、なんであいつ捕まらねえんだ! それとも、国はあいつの拷問を認めてるっていうのかよ!?」

 その声はきっと、アレクにも聞こえているだろう。
 でも。
 彼は。
 にこにこと、柔らかく笑ったままで。


「けっこうやってるから、この修行もすっかり有名になっちゃたみたいですね」
「……なぜあなたは逮捕されていないのだ?」
「えっ? なんで俺が逮捕されるんですか?」
「いや……絶対にあなたは逮捕されるべきだと思う。色々な人の心に傷を残してるではないか」
「やだなあ、ロレッタさん。おかしなことを」
「おかしいか?」
「心の傷は、立証できないでしょ?」
「………………」
「体に傷は残してませんよ。セーブしてますからね」
「……………………そうか」


 ロレッタは笑い返した。
 もう笑うしかなかった。


「じゃあ、行きましょうか。セーブをお忘れなく。弱いモンスター相手でも、装備がないと死ぬこともありえますから。俺はここで、あなたの帰りをお待ちしていますよ」
「…………はい、がんばります」


 ロレッタは死んだ目で応じる。
 アレクは笑っていた。
 あくまで柔らかく。
 あくまでも、穏やかに。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ