挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
after story 作者:かつどん

護衛編

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

6/52

護衛編1

翌日、僕は普通に登校していた。
普通に教室に入って、普通に友達と

「おい雄大(ゆうだい)塚一(づかいち)同盟の新曲聴いたか?殺してもいいですかって曲、あれは神曲だぜ」
「そうなのか、帰ったらレンタルしないとな」

という感じに世間話をしていた。
殺しという言葉にはすこしドキッとしたが。

「おっ狩野(かのう)今日こそなんか喋ろうぜ」

そこに狩野という無口な男子生徒が教室に入って来た。

「おいおい、あんまり狩野をいじるなよ」

数人の男子生徒が狩野の周りを囲んで声をかけていた。
僕は参加しないが、これもいじめになるのだろうか。面白くない。
ちょうどそこに先生が入って来て皆は席に着いた。
先生はアラサーの女教師で只今結婚相手募集中らしい。
チャイムが鳴ってHRが始まり、

「いきなりですが、男子生徒諸君だれか高校卒業したら私と結婚しましょう」

しーん
本当にいきなりだな。しかしみんなも慣れてるので誰も反応しない。

「何だ?新手の放置プレイか?あーん、もっとー!」

おっと、今自分を含め、皆の頭の上からイライラという音が聞こえるぞ。

「ではここで転校生を紹介します」

おっと、今度は自分を含め、頭の上に!マークが立ってるぞ。
それを早く言え!

「じゃあ入って来て~」
「はい」

ガッ
おっと、そっちは開かない扉だ。
ガッガッガッガッ
っと皆で微笑ましく見守って、やっと反対向きの扉を開けて入って来たのは

「はーい、じゃあ自己紹介しちゃって~」
「はい、新井(あらい)あずみといいます。よろしくお願いします」

いかにもおとなしそうな美少女だった。そして彼女こそが昨日火神(かがみ)の言っていた転校生で、僕が物語に関わるための鍵となる転校生だった。
一回書いて保存しようとしたら、エラーが出て戻ったら今まで書いてたのが消えたということがあった。
二回書くのって面倒です。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ