挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
after story 作者:かつどん

再始動

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

4/52

再始動4

ここまでで主人公のセリフが え? しかないですが、今回はあるのでしょうかねぇ
おっ、やっと思考が追いついてきた。
……………………………………。
何かお命頂戴宣言されたんだけど…

「ダメだ」

仮面をつけた男、火神(かがみ)が答えた。よかった。

「おいおい、それは俺に死ねと言ってるのか?」
「たった今人を殺した奴が何を言っている。」

そりゃそうだ。

「じゃあどうすんだ?お前が隠蔽してくれるのかい?」
「分かった、俺がなんとかしよう。」
「そりゃどうも」

と言って白鳥(しらとり)はナイフをしまって背を向けた。

「だがよー殺しを見た奴を狙うのは俺だけじゃねーぜ、そいつは生きて家まで帰れるかなー あばよ」

と白鳥は路地裏の奥へ消えて行った。

「あいつが言ったことは本当だ。」

仮面の男火神はこっちを向いて怖ろしいことを言ってきた。

「と言うわけでこれから俺の事務所に来てもらうぞ。」

僕は答える間も無く手を引かれて火神の事務所に連れられていった。
火神の事務所までの道は普通だった。なんというか、本当に普通だった。さっき白鳥が言ってたように他の人が僕を殺しに来ると言うこともなかった。
普通に通行人がいて、普通にすれ違うだけだった。気になったのは、何故みんな火神の仮面を気にしないのだろうか。みんなには見えてないのだろうか。そんな気がした。

「あら火神ちゃん、今日はその仮面なのね、あら、今回はその子が何かやらかしたの?」
「あ、田中さん、いえ、こいつがやらかしたのではありませんが、またややこしいことになりまして。」

というふうに火神は近所のおばさんに挨拶していた。
………みんな、もう慣れてるのかよ。
などと考えてる間に、あるアパートの2階に連れられて行った。


わざとじゃないんです。書いてたら何故か主人公のセリフが無くってるんです。
次回で再始動終わらせます。



多分
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ