挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
after story 作者:かつどん

不幸の再結成

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

37/52

不幸の再結成 6

ども、かつどんでーす。
2話連続で投稿します。

このお話はcenterの5章のラストである「反乱軍の最後」と関連しています。どちらを先にお読み頂くかはお任せします。
って「反乱軍の最後」を投稿してからかなり経つのですけどね。
尾嶋 美咲(おじま みさき)という女の子は元戦士である。
第二世界剛力支配下葵軍の特攻隊長だった人物である。
彼女は現在、第三世界瀬滝田中学校に通っている三年生である。
彼女は第二大戦、第二世界の大決戦の後、剛力に代わり彼女の上司となった荒木 静香(あらき しずか)にこう言った。

「戦いに疲れた」

そして戦いのない世界はどこかにないのか、と荒木に質問した。その答えが第三世界であった。
第三世界を支配していると言われていたレースは尾嶋が生活出来るように色々と手配した。しかし、レース達は一つの心配があった。
それは、第二世界の戦士であろう人物が第三世界を平穏に過ごせるのだろうか、ということである。
しかし、その心配は一週間で消えた。彼女は平穏な生活にすぐに馴染んだ。むしろ平穏を楽しむように周りにとけ込んだ。
そんな彼女に周りの生徒も惹かれていった。
だがレースは知っている。知っているだけで決して周りに話したりしないし、そもそもレースがレース以外と関わりを持つことを嫌うため何も言わないだけだが、それでもレース達は尾嶋のカバンからはみ出ている棒が死鎌、雷の死鎌サンダーオブデスサイズである事を。
もちろん尾嶋が死鎌を持っていることが周りにバレでもしたら彼女は今の生活を送れなくなるだろう。
しかし、それでも手放す事が出来ないのだ。何故なら電気属性最強である彼女の能力はサンダーオブデスサイズが無くては本人でも制御できないのだ。
雷の死鎌サンダーオブデスサイズとはその名前から電気を帯びた死鎌と思われがちだが、実際は電気を一切帯びていない。しかし、その名前の由来は電気を操る事が出来ることである。つまり、尾嶋はサンダーオブデスサイズによって自分の能力を操っているのだ。
昔、彼女はサンダーオブデスサイズを所持はしていたが、自分の電気を制御するなんて事はしなかった。むしろ自分の能力を周りに示すように解放していたのだ。
しかし、あの日から変わった。
あの第二世界で昔あった古田に対しての反乱軍、その首謀者、元古田七剣衆の一人、坂木 時雨(さかき しぐれ)を殺した時から尾嶋の考えは変わったのだ。
これまでの力に物を言わせた生き方から協調性のある生き方になったのだ。サンダーオブデスサイズで自分の能力を制御することで他人とコミュニケーションを取ることが出来るようになった。
だがそんな尾嶋の平穏な生活はいきなり終わりを告げる。
彼ら彼女らの登場によって…

いつも通り尾嶋 美咲は友達と仲良く喋りながら帰っていた。その姿はどこからどう見てもただの女子中学生だった。
そして友達と別れて、彼女が住むアパートに向かっている時、彼女の前に現れたのは、

「塚一同名が一人、荒木 礼奈(あらき れな)
「塚一同名が一人、樋森 鈴(ひもり すず)
「塚一同名が一人、東雲 猫(しののめ ねこ)
「塚一同名が一人、久我原 和美(くがはら かずみ)
「塚一同名が一人、浅野 真也(あさの しんや)
「「「ここに参上」」」
「………」

いきなり目の前に現れた五人に尾嶋はただ黙っていた。
そして状況を理解したのか、

「何?あんたら、不審者の集団ですか?警察呼びますよ」

と言った。
すると、

「あ、警察はご勘弁、こっちも財政難なんで…」
「ちょっと、アラッキー!何こっちの弱みしゃべっちゃってるの?」
「大戦が終わった後、てっきり仕事がなくなってバンド活動までしてやっと動けている僕たちに久しぶりの本業の仕事なんだ、真面目にやるぜ」
「そういう事だし、私たちはいきなり本気でいかせてもらうわ」

と一致団結した。

「はー、んで、第三世界第二勢力である殺し屋集団であり、今は仕事がないからバンド活動やってる塚一同名が私に何の用?」
「ってやっぱりうちらのこと知ってんじゃないの!」
「しかもバンドしてる理由まで知られているし」
「おほん、まぁ簡単に用件を話すと…あなたのもっているサンダーオブデスサイズを渡しなさい、ってか渡して下さいお願いします、こっちもお金が無いんです!」
「断ったら?」
「私たちと戦うことになるわね」
「安心して、あなたの身体も引き渡す事になっているからあなたを殺すことはないわ」
「私ごと?それってレースにちゃんと許可出しているのかしら」
「レースの許可?何故そんなものがいるのかしら、レース何てつい先日壊滅したじゃない」
「へっ?」
「例えレースが健在だったとしても彼らは私たちの妨害は出来ないわ、だって私たちの依頼者は…」
「依頼者…」

尾嶋には信じられない事が二つ告げられた。
一つはレースの壊滅。尾嶋はレースの支援を受けて生活出来るようになったが、そのレースが壊滅となると、後ろ立てがなくなるということになる。
それに尾嶋がレース壊滅を知らなかったのは尾嶋のクラスメイトにある。そこにはレースであるたくさんの人がいつも通り通っているのだ。自分達の勢力が壊滅したと一切周りに知らせる事無く生活していたのだ。
レースについてあまり知らない尾嶋がレース壊滅に気付くはずがなかった。
そしてもう一つ、尾嶋には信じられないお告げとは、その依頼者であった。
その依頼者とは、

火神 鏡(かがみ きょう)よ、もちろん後ろには荒木 静香(あらき しずか)がいるでしょうね」

ではすぐに次を投稿します。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ