挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
after story 作者:かつどん

再始動

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

1/52

再始動1

初めての投稿です。
特に何もなかった。
特に何も理由なんてなかった。
別にしたいとも思わなかったし、やらなければということもなかった。
ただ、ただ、何というわけでもなく、僕小川 雄大(おがわ ゆうだい)は学年一の美少女新崎 萌(あらざき もえ)さんをストーキングしていた。
僕は新崎さんの3m後ろを歩いている。
新崎さんはまだ気付ていないのだろうか。
それとも僕が居ることは知っていても気にしてないだけなのだろうか。
それにしてもなぜ、僕はこんなことをしているのだろうか。
確かに新崎さんはかわいいと思う。しかし告白するほど好きってわけじゃない。
僕と同じクラスにも最近転校して来たショートヘアーの尾嶋 美咲(おじま みさき)さんや黒髪ロングの女王様系キャラの角絵 夢々(かどえ むむ)さんのように人気のある女子はいるが、なぜ僕は新崎萌さんをストーキングしているのだろう。
そんなことを考えているうちに、新崎さんは道をまがって路地裏に入っていった。
僕も後をつけて道をまがると…新崎さんが、あの新崎さんが、あの学年一の美少女新崎萌さんが…



血を流して死んでいた。



after story
それは、何かがあった後の話
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ