挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。

詩の部屋(四号室)

作者:aio
ただ、どこか一点
天井の隅
壁紙の傷
そんなものに心をやって
途方に暮れた思いを
仕舞い込んだこともありました

塞き止めてもこぼれてしまう
夕日に照らされ
何かを諦めたこともありました

それでも不意に湧き上がる
会いたい、という言葉は軽い
あまりにも
一人で放てば軽すぎるのです

だから
それは天井の隅から
壁紙の傷の隙間から
逃げ出して行きました

くたくたになって帰る
母親の頬を撫で
ふるさとを離れた
若い娘の寝息を掠めながら

焦燥に急き立てられても
ふわふわと
鈍くされどしぶとく
ゆらゆらと

会いに
(会いに)
誰かに
(あなたに)
どこかに
(あの場所に)


ぐるりとまわった陽が
また落ちたとき
かすかに
懐かしい遠い街の
潮の匂いがしました

会いたい、という言葉は軽い
一人で放てば軽すぎるのです
あまりにも
だから、
どこまでもーー


わたしは
会いたい、と小さく呟き
わたしの住む古い町の
静かな夕時の佇まいを乗せるのです





評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ