挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼メニューバー
×閉じる
ブックマークする場合はログインしてください。

vat26_幽霊の城/More, more, Please.

作者:津嶋海里
孤児である〈私〉は、中学に上がると同時に避暑地にある〈先生〉のところへ預けられた。先生もまたかつては孤児であり、先生は小規模なミッションスクールの庭師をしていた。現在、私は高校三年。卒業を間近に控えてもなお、穏やかな毎日を、過ごしていた———。
1/3
2017/07/17 12:22
2/3
2017/07/17 12:23
3/3
2017/07/17 12:24
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ