挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
深窓のご令嬢が凡人のぼくに恋を教えてくれるそうです 作者:えま
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

8/8

第8話  君敵父の来訪とぼくたちの過去

ドアを開けると、一人の男がこちらを見据えている。
身長はぼくと同じくらいで170弱。君敵さんと同じで落ち着いた雰囲気をまとっている。君敵さんの父親と見られる男は一礼すると、ぼくにこう言った。

「君が時雨の彼氏さんかな?どうもはじめまして。時雨の父の近衛と申します。時雨がいつもお世話になっております」

……なんだこの茶番は。この人が君敵さんのお父さんだということはわかった。問題はそこじゃない。なんでぼくが君敵さんと恋人である設定になってなっているんだよ…

そんな事を考えていると君敵さんが後ろから抱きついて小声で言う

「後で事情は話すから、今は私に合わせて下さい。」

君敵さんは未だに抱きついて離れようとしない。体温がダイレクトに伝わり、体の熱が急上昇する。それでも今は合わせることにした。

「は、はい。君…時雨さんとお付き合いさせていただいております。月ノ瀬満と申します!えっと…立ち話もなんなので、どうぞ入ってください。」

とりあえずはごまかせたようだ。しかし、いつかは限界を迎えるだろう。本心としては入れたくなかったが、こうせざるをえなかった。

「ははは。せっかくの招待なのに申し訳ないね。私はこれから用事があるものでね。それにしても海人の子供か…見ない間に大きくなったものだ。」

海人とはぼくの父さんの名前だ。それにしても、この人とはあった記憶がないはずなのにぼくの事を知っていた。恐らく大分前の話なのだろう。ぼくは笑顔で送り返す。

しばらくの沈黙の後、君敵さんを見やる。君敵さんは笑顔でぼくを見返す。
リビングのソファーに二人して座り、さっきの話をする。

「君敵さん。さっきのはなんだったんですか?」

「あー。君敵家ってね?恋人ができると家を出ていく権利があるの。それで月ノ瀬くんに無理いっちゃった!」

「そんな笑顔で言われても納得できませんよ…それにぼくじゃなくても良かったんじゃないですか?」

君敵さんは少し不服そうな顔を見せ、口を開く。

「月ノ瀬くんってね?昔何度か家に来たことがあるんだよ?もう何年も昔の話だけど」

「親見知りなら迷惑をかけずにやり過ごせる…と」

「まあそんなところですかね?」

まあそのくらいならいいか。と自分の中で決着を付け、話を前に戻す。

「そういえば君敵さん。旅行の件なんですが…」

「そうでした!完全に頭から飛んでいました。ありがとうございます!
そうですね…まあ夏休みは確定としまして場所をどうするか…ですね」

「言い出しっぺがこんなんで大丈夫なんですかね…場所かあ。出来れば景色がきれいなところとか、恋人が訪れそうな雰囲気の場所が理想的ですよね。」

「そうですね…海なんてどうでしょうか?」

「悪くはないんですけど…なんか定番過ぎるというか」

「なるほど。月ノ瀬くんは型破りな男性…っと。それで、どこがいいんです?」

なにかメモをとられた気がするが…いちいち突っかかってはキリがない。
適当に場所を連想すると、昔に誰かと行った山のキャンプ場を思い出す。

「山でキャンプ何てどうでしょう?昔行ったっきりでもう一度いきたいなーって思いまして。確か景色と夜空が綺麗だった気がします。どうでしょう?」

君敵さんは口をポカンと開けたままこちらを見ている。
なにか変なことでも言っただろうか?

「え、ええ。そうですねいいと思いますよ。私も幼い頃に、誰かと行ったっきりですしね」

ぼくはそのときに気づいていなかった。否、気づかない振りをしていたのかもしれない。思い出すのが怖かったから。あそこで起きた出来事を忘れたままにしたかったから。そして数秒。過去を思い出した。

『ぼくは以前に君敵さんキャンプに行って、あるトラブルに巻き込まれた』事を。

思い出した。それとも認めてしまったのだろうか。あの悪夢のような日を、思い出したくなかった。だから、記憶に蓋をしていたのだ。

あれは12年前、ぼくたちが小学校に入る前の話。
ぼくと君敵さんは家族ぐるみでキャンプに出掛けた。空はよく晴れていて、絶好のキャンプ日和だった。そのためか、キャンプ場は多くの人で溢れ、バーベキューなどを楽しそうに行っていた。

ぼくたちも同じようにして昼を過ごした。夜になるとカレーを食べて花火をした。
花火の残量が半分を切った辺りで天気は一変し、雨が降り始めた。
ぼくたちは急いで片付けをし、走ってガレージへと向かう。

そこで事件が起きてしまった。
地面がぬかるんでグチョグチョになり、滑りやすくなっていた。
そこで君敵さんが滑ってしまった。彼女が持っていた花火用のバケツを影でバーベキューをしていた二人組のコンロにぶちまけたのだった。

もちろん二人は激怒した。怒りの矛先は君敵さんのお母さんだった。
すごくか弱そうな見た目をした彼女を狙って攻撃したんだろう。
彼女に浴びせる言葉は、思い付きの下らない正論。
立場的に不利な自分が反論するのはおかしいと思ったんだろう。君敵母はずっと謝り続ける。

そして遂に事件の引き金を引いてしまった。引いたのはぼくだった。
君敵母が遂に土下座をするように強要させられ、本気の口論になると踏んだのか、
ぼくのお父さんは、ぼくと君敵さんをその場から遠ざけようとする。
そこで素直に従えばよかったのに、ぼくにそれができなかった。

「しーちゃん。ちょっと目、瞑っててくれる?」
ぼくは当時、君敵さんを『しーちゃん』と呼んでいた。
ぼくはその場にあった大きな石を両手で持ち、修羅場に足を踏み入れる。
なにも…考えていなかった。土下座をさせられている君敵母を見て、ぼくはそっと

『座りながら土下座を見て笑っていた一人の男を殴り殺した。』

その場は修羅場から事件現場に変わる。もう一人の男が腰を抜かしその場に座り込む。しばらくの時間が経ち、ぼくは自分のした恐ろしさに力を抜かし、殴打した石を落とす。

大量の雨が、殴打した石の指紋をきれいに流してくれた。その光景を虚ろな目で眺める。次に意識が覚醒したのは、それから間もない頃だった。
男がぼくの腹に蹴りをいれたのだ。ぼくはその場にうずくまり、痛みをこらえた。
次に食らった一撃は、ぼくを吹き飛ばし向かいにいた君敵母に命中する。

その場がぬかるんでいたせいもあってか、君敵母は崖から落下した。ぼくを抱き抱えたまま、数メートル下の川の付近まで落下した。
君敵母はその場で死亡。

「月ノ瀬満もその場では死亡と判断された」
いやあ。秋になりましたねえ~。どうもえまです 

今回は過去編、最近過去編書くの好きなんですよね。
なんだか過去は暗いお話が好きなもので…気分を害された方は申し訳ない。
過去編、もう1話書く予定です。

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
― 感想を書く ―

1項目の入力から送信できます。
感想を書く場合の注意事項をご確認ください。

名前:

▼良い点
▼気になる点
▼一言
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ