挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
threeTHEコンプレックス~神はどんな願いも叶えてくれるそうです/旧題・ロリコン女とショタコン男 作者:takinoon
2/3

共通② 学校


「今日は街にいってたみたいね。いい店あった?」

◆母に聞かれて、私は――――
→《出会いがあった》
《とくにないよ》

「いいか悪いかで言えばよくないけど、変な二人にあったよ」
「へえ……まあとにかく明日から学校なんだから支度してね」

つい先日私は父の転勤でこの街へやってきた。
学校が変わったばかりで明日からついに通うのだ。
たしか従兄の蒸理(じょうり)さんはそこで教師をやっているみたいだ。
彼が受験生のときを最後に数年は会っていない。




――転校初日なので普段より早めに起きて、校舎へたどり着いた。
雰囲気は案外前の学校と差がなくてどこにでもある普通の高校。

「おはよう」
「はよ~」

―――校門の前には従兄がいた。

「あの、蒸兄さん」
「……!」

私が従妹だと気づいてか、彼はハッとしている。

「えっと……久しぶり」
「そうですね、えっと……大学受験うまくいってよかったですね!」

こうして教師になった姿を見られてよかったと思う。

「それじゃあまずは職員室に―――」
「あ、君……」

後ろから声をかけられ、私が振り向く。

―――昨日会った茶髪男子がいた。

「えっとまだ名前言ってなかったよな。オレは九凪心真(くなぎしんま)
「私は波路野真理(はじのまり)だけど……まさか同じ学校だったなんてね」

失態を見られてしまった相手なので気まずい。

「君って面白いからさ、同じクラスだといいな」
「……待たせてすみません」

彼が去っていくと、私たちは気をとりなおして職員室へいった。



「まさかアイツが高校生で、うちに転校してくるなんてな」
「びっくりだよなー」
「だが同じクラスになる確率は四分の一、学年もいれたらもっとだぞ」



「みんな聞いてくれー、今日は転校が来るよ!」

蒸理さんは先生らしくクラス内に声をかけた。

「それじゃ入って」
「失礼します」

私がクラス内を見渡すと――――

「あ……」

――――そこには銀髪男がいた。

「ベタすぎるだろ」

しばらく私達は沈黙すると、反対側からガラりと入ってきた黒髪の男子がいる。

「……すみません寝坊しました」
「一応まだ鐘はなってないよ藍覇(あいは)

心真は気まずそうな男子に声をかける。しかし藍覇という名字に聞き覚えがあった。

「じゃあ、皆揃ったことだし名前をいって」

私は黒板に名前をかいて、皆のほうをむく。

「波路野真理です。語部町から来ました。よろしくお願いします」
「じゃあ席は……」

―――藍覇君の隣があいていた。

「よろしくね」
「……ああ」

私はそこに座って隣を見る。左隣には九凪心真、左斜め前には銀髪男の氷室がいる。

「なあ、アンタ……どこかであったことないか?」
「あー私もその名字どこかで聞いた気がしてたんだよね」

彼は思い出そうとしている。

「そういえば両親が転勤続きで、短期間だけ語部街の幼稚園にいた覚えがある」
「へーじゃあ二人は同じ幼稚園にいたんじゃない?」

心真が会話に入ってきた。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ