挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
フェアリーテイルズ・オブ・エーデルワイス ep.1 “Whose side is fortune on?” 作者:TOM-F

Prologue

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

1/76

0.1 妖精の森への序曲(Layer:1 Main Story)

 
 その日は、ロンドンの初夏にしては珍しく、蒸し暑かった。
 北緯五一度に位置するロンドンは、この季節だと、午後九時でも空はまだ明るい。
 公演が終わったばかりのロイヤル・オペラ・ハウスの表玄関は、たくさんの着飾った観客で賑わっていた。
 マイケル・ステューダーは、雑踏をにらんでいた視線を、ふと上げる。
 ライトアップされた六本のエンタシス様式の円柱が、藍色の空の下で白い輝きを放っているのが見えた。軒先に掲げられた真紅の旗には、女王陛下の紋章と「ROYAL OPERA HOUSE」の文字が白く染め抜かれている。
 視線を地上に戻すと、再び雑踏が視界に押し寄せてきた。
 ロイヤル・オペラ・ハウスのあるコヴェント・ガーデンは、ロンドンでも屈指の娯楽街だから、週末ともなると狭い通りは人と車でごったがえす。丸みを帯びた背の高い車体のロンドンタクシーが、ひっきりなしにやってきては乗客を乗降させ、混雑に拍車をかけていた。
 マイケルは、たむろする人々に鋭い視線を投げる。
 ロンドン首都警察――通称、スコットランドヤードに要人襲撃のテロ予告が入ったのは、今日の夕刻だった。特殊作戦部テロ対策課の警部補であるマイケルは、勤務を終える直前で上司につかまって、緊急で警護活動の司令任務についていた。
 耳元の無線インカムが、ザッと鳴る。
「『ルーク(直衛)』より『クイーン(司令)』へ。『キング(被警護者)』が移動を開始」
 ――始まったか。
 深呼吸をひとつして、マイケルはインカムに答える。
「ゲーム・スタート。『クイーン』より達する。『ポーン』『ビショップ』はムーブ(前進)、アドバンテージを確保。『ナイト』はアンブッシュ(隠密待機)。『ルーク』は『キング』をカバー。『クイーン』より前に出るなよ」
 マイケルの横を通り過ぎた二人のダークスーツの男が、正面玄関先に停車した黒いリムジンのドアを開ける。通行人たちは、迷惑そうに眉をひそめて道を譲った。
 マイケルのすこし後ろで、『ルーク』が『キング』を立ち止まらせる。
「どうしたのかね、こんなところで」
 上品だが威圧的なその男(『キング』)の言葉に、マイケルは苛立ちを覚える。襲撃されるおそれがあると知っていながら、『キング』はあえて危険にその身をさらすと言い張ったのだ。裏口を使うべきだというマイケルの説得にも、『公爵たるものが、敵に背を向けるなどありえない』と、いっさい応じなかった。
 ――公爵だから、なんだっていうんだ。周りの迷惑も考えろ。
 マイケルは口まで出かかったその言葉を飲み込み、瞬時に感情を冷却した。
「待ち伏せが想定されます。閣下の安全確保のためですので、ご理解を」
 説明する間も、マイケルの目は群集を観察し続ける。
 そして、人ごみの中にその男を見つけた。不自然なほどに、何度もこちらに視線を投げている。淡い色のポロシャツにチノパンを履いた地味ないでたちが、ここでは逆に目立っていた。
 群集に潜ませている『ナイト』に無線インカムで指示を出そうとした瞬間に、路上のポロシャツが動いた。その手で、小型の拳銃が黒く光る。
 マイケルは『キング』を『ルーク』の影に突き飛ばす。
 同時に、乾いた二発の銃声が響く。
 突然のことに、群集から悲鳴が上がる。
「キャスリング、ディフェンス!」
 マイケルの叫びに、盤上の駒たち(チェス・メン)が即応する。
『ルーク』は『キング』に覆いかぶさり、『ポーン』と『ビショップ』は「警察だ、伏せろ」と叫ぶ。
 マイケルは地面を蹴って駆け出す。あえて正面から攻めて、相手の注意をひきつけるのだ。
 再び響く、銃声と悲鳴。
 それにはかまわず、前傾姿勢で間合いを詰める。
 左へフェイント。ポロシャツの右腕を掴み、拳銃を叩き落とす。鳩尾にニーキックを一発。腕をひねりながらアスファルトに組み伏せ、ブローニング・ハイパワーMk3の銃口をそのこめかみに突きつける。ぐう、という唸り声が男の口から漏れた。
「チェック……」
 マイケルは顔を上げて、素早く周囲を観察する。
『キング』は立ち上がって、『ルーク』の隣でスラックスの汚れを払っている。群衆ににらみを効かせる『ポーン』と、犯人が落とした拳銃を確保した『ビショップ』が目に入った。あとは喚声と怒号を上げる人々だけで、敵らしい者の姿はない。けが人もいないようだ。
 マイケルは、ふっとひとつ息をついた。
「メイト!」

 待機していたスコットランドヤードの捜査課員に、要人襲撃の容疑者を引き渡したところで、『キング』がマイケルに声をかけてきた。
「ご苦労だったね」
 紺色のピンストライプのスーツには不似合いの、筋骨隆々とした手が差し出される。
「先ほどは失礼しました、ハノーヴァー公爵閣下」
 マイケルは、その手を握りかえした。
「いや。いい判断だったよ」
「いえ、発砲を許した時点で、我々にとっては敗北です」
「ほう、謙虚だね」
「恐縮です。ですが、状況を作り出した責任の一端は、閣下にもあります。多くの人が危険にさらされました。今後は、ご自重を願いたいものです」
 マイケルは、ハノーヴァー公を正面から見据えた。ウェーブのかかった長い金髪に縁取られた、引き締まった壮年男性の顔があった。すこし吊り上った太い眉の下で、アイスブルーの双眸にかすかな笑みが浮かぶ。
「これは驚いた。たいした度胸だ。俳優みたいな優男だが、人は見かけによらないものだな」
 マイケルは、金髪に碧眼の典型的な白人男性だ。すらりと背が高く、端麗な顔立ちから、学生の頃は映画俳優(ムービースター)というニックネームで呼ばれたこともあった。社会に出てからも、似たような呼ばれ方をあちこちでされる。不快ではないが、不本意ではあった。
「閣下、そろそろお時間です」
 値踏みをするような視線でマイケルを見るハノーヴァー公を、付き人の男が促した。
 うむ、とうなずいたハノーヴァー公は口の端を軽く上げた。
「マイケル・ステューダー警部補だったね。君のことは、覚えておこう」
 ハノーヴァー公がリムジンに乗り込むのを確認してから、マイケルはふとロイヤル・オペラ・ハウスを振り返る。玄関先の柱に張り出された、公演ポスターが目に入った。
「ミッドサマーナイト・ドリーム、か……」
 そうつぶやいてから、マイケルは無線インカムに宣言した。
「作戦終了。捜査課に現場を引き継ぎ、撤収する」
 
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ