挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
ブックマークする場合はログインしてください。

SmileJapan参加作品集

白い目の傘

作者:想 詩拓
 列車を降りて、駆け足で屋根のある駅舎に走る。
 しとしとと振り続ける雨に困っているぼくの目に入ったのは、一本の善意の傘だった。

 傘を開いてみると、小さな白い目がついているのに気が付いた。
 白墨をこすりつけたような小さな白いシミが、ぼくを見つめるように二つ並んでいる。
 傘はぼくを覆いきるには少し小さかった。
 それでも傘は一生懸命冷たい雨粒を防いでくれる。
 ぱたぱたと雨が傘を叩く音が耳に心地よかった。


 あくる日、出かけるついでに、傘を駅に返した。
 返してください、なんて一言も言われていないけれど、また誰かの役に立てばいい。

 その日も思わず雨が降った。
 また白い目の傘に助けてもらおうと思ったけれど、
 善意の傘立てには一本の傘も残っていなかった。


 そろそろ立春を迎えようという日、ぼくはまた白い目の傘を見つけた。
 まるで、その傘立てからなくなったのが嘘のように、
 白い目の傘は平然と雨で困っている人を待ち続けていた。


 ある雨の日ぼくは、白い目の傘を一人の女の人が持っていくのを見た。
 ある雨の日ぼくは、白い目の傘を差して歩いている親子を見た。
 ある雨の日ぼくは、転がされてる白い目の傘の下で毛づくろいをする猫を見た。

 何度かしばらく見えなくなることはあっても、
 晴れの日の白い目の傘は、当たり前のように善意の傘立てで雨の日を待っていた。


 夏の真ん中に、台風がやってきた。強い雨、それ以上に暴れる風。
 台風が過ぎ去った晴れの日、
 善意の傘立てに挿された、白い目の傘は骨が折れていた。
 それでもどこか誇らしげに、白い目の傘は手に取る人を待っていた。


 それから何度か雨がやってきたけれど、白い目の傘はいつも傘立てに残るようになった。
 意を決して雨の中に走り出す人を、見つめる傘の白い目は、どこか悔しげで、

 ぼくは、白い目の傘をそっと手に取った。
 歪んだ骨だけじゃない。傘に張られた布地は色あせて、ぼろぼろになって。
 もの問いたげな、白い目だけが、初めて見たときのままだった。

 ぼくは、自分が持っていた青い傘を、善意の傘立てに挿した。
 そして、白い目の傘を、さび付いた軸をなでるように開く。

 ぼくを覆うにはその白い目の傘は少し小さくて。
 それでも、一生懸命に雨粒を防いでくれた。
 ぱたぱたと雨が傘を叩く音の一つ一つが雨の代わりに体にしみた。


 それから、白い目の傘はずっとぼくの家の傘立てにいる。
 もうこの傘を差すことはないけれど、
 雨と戦い続け、ぼくらを守り続けた白い目の傘。
 そのぼろぼろの姿を見るだけで、ぼくも負けていられない気持ちになる。


 あれからまた雨が降った。
 傘は持ってきていなかったけれど、善意の傘がまだ残っていた。
 それは見覚えのある青い傘だった。

 傘を開いてみると、小さな白い目がついているのに気が付いた。
 白墨をこすりつけたような小さな白いシミが、ぼくを見つめるように二つ並んでいる。
 傘はぼくを覆いきるに十分な大きさで、
 かわらず傘は一生懸命冷たい雨粒を防いでくれる。
 ぱたぱたと雨が傘を叩く音が耳に懐かしかった。


 雨とともに季節は移ろい行く。
 寒くなったり、暑くなったり。
 冬の冷たい雨を、梅雨の長い雨を、ぼくらは白い目の傘とともに越えて行く。

cont_access.php?citi_cont_id=202016853&s
よろしければポチッと投票お願いします

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
― 感想を書く ―

1項目の入力から送信できます。
感想を書く場合の注意事項をご確認ください。

名前:

▼良い点
▼気になる点
▼一言
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ