挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
部活の先輩の、三つ編み眼鏡の美少女さんが、ネットスラングに興味を持ちすぎてツライ 作者:雲居 残月

挿話編4「夏休み後半」+ネットスラング

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

97/262

第97話「(ry」

 花園中学は、頭がお花畑の人間が通う中学ではない。花園という地域に存在している、まともな中学校だ。その花園中の文芸部には、察しのよすぎる者たちが集まっている。そして日々、予言者のように振る舞って、周囲を混乱させ続けている。
 かくいう僕も、そういった先走って、先読みしてしまう系の人間だ。名前は榊祐介。学年は二年生で、厨二病まっさかりのお年頃。そんな僕が、部室でいそしんでいるのは、備品のパソコンでネットを巡回して、何の役にも立たないネットスラングを調べて喜ぶことだ。

 そんな、一を聞いて十を妄想する面々の文芸部にも、普通の思考をおこなう人が一人だけいます。サトリの村に迷い込んだ、可愛い村娘。それが、僕が愛してやまない、三年生の雪村楓先輩です。楓先輩は、三つ編み姿で眼鏡をかけている文学少女。家にはテレビもなく、活字だけを食べて育ったという、純粋培養の美少女さんです。

「サカキく~ん。ネット詳しいわよね。教えて欲しいことがあるの~」

 間延びしたような声が聞こえて、僕は顔を向けた。楓先輩は、ととととと、と歩いてきて、僕の隣にちょこんと座る。先輩は、小動物のように、僕にぴたりとくっつく。僕は、その様子にドギマギしてしまう。ああ、先輩は反則技のように可愛い。僕は、めろめろになりながら声を返す。

「どうしたのですか、先輩。またネットで、知らない言葉に遭遇したのですか?」
「そうなの。サカキくんは、ネットの達人よね?」
「ええ。千葉周作が北辰一刀流を創始してしまうぐらいの達人です」
「そのサカキくんに、聞きたいことがあるの」
「何でしょうか?」

 先輩は、最近ノートパソコンをお父さんに買ってもらった。文芸部の原稿の続きを、家で書くためだ。先輩は、そのパソコンをネットに繋いだ。そこで、これまで出会ったことのない言語空間の洗礼を受けた。そのせいでネット初心者の楓先輩は、ずぶずぶとネットの罠にはまりつつあるのだ。

「(ryって何?」

 先輩はその言葉を、カッコアールワイと呼んだ。ああ、無理だよな……。ここから元の言葉を復元するのは難しいだろうと、僕は思う。

「(ryは、略語の一種ですね」
「頭文字に、RとYが付く略語なの?」
「いえ、それだと括弧がどこかに行っていますよ」
「言われてみればそうね。じゃあ頭文字に、括弧とRとYが付く略語なの?」
「頭文字に括弧が付くっておかしくないですか?」
「うーん」

 楓先輩は、腕組みをして考え込む。そんな仕草の先輩も可愛いなと、僕は思う。

「それでは答えを言いますね。(ryは、以下略という意味になります」
「どうして、(ryが以下略なの?」
「どのようにして、以下略が(ryに変化したかを書いてみますね」

 僕は、メモ帳を引き寄せて、ボールペンを動かした。

(以下略)
(略)
(ryaku)
(ry

「あっ、分かったわ。キーボードで(略)と打つのを、途中で止めたのね」
「そういうことです。(ryは、こういった変化でできました。さらに略してryと書くこともあります。しかし、一般的には(ryと書きます」
「へー、そういう言葉だったのね。それで、サカキくん。この(ryは、どのように使うの?」

 楓先輩は、僕に体を寄せる。先輩は、興味のある対象に向けて近寄っていく癖がある。だから、すでに触れ合う距離だと、密着してしまうのだ。僕は、制服越しに先輩の体温を感じながら続きを説明する。

「そうですね。たとえば、最後まで書かなくても分かるようなケースで使います。『それ、仕様って言っているけどバ(ry』他には、有名な成句などで使うパターンもあります。『働いたら負(ry』
 それ以外ですと、この続きはお察しくださいという場合にも利用します。『クリスマスはカップルがホテ(ry』また、下ネタや恥ずかしい文章を、途中で切るような場合にも有効です。『可愛い女の子のスカートが、風で(ry』
 こんな感じですかね」

 僕は、思い付いた用法を挙げて、説明を終える。

「なるほど。(ryは、そう言った使い方ができるのね」
「ええ」

 楓先輩は少し考えたあと、僕の顔を見ながら口を開いた。

「ねえ、サカキくん。この(ryは、そのあとを略しても読み手に伝わるという、その場の合意が必要なわけよね?」
「そうなりますね」
「少し練習してみたいんだけど、いい?」
「どうぞ」

 僕は、にこにこしながら言う。楓先輩の練習に付き合うのは、喜ばしいことだ。どんな以下略も、華麗に解読してみせよう。僕は楓先輩の思考に詳しい。研究者と言っても過言ではない。だから、素早く読み取ることができるはずだ。
 楓先輩は、キーボードに手を伸ばす。そして、しゃべりながら打ち始めた。

 ――サカキくんが、部室のパソコンでH(ry

「ちょ、ちょっと待ってくださいよ! いったい何を略したんですか?」
「えっ?」

 楓先輩は、きょとんとした顔をする。

「う、うん。サカキくんを見て、思い付いたことを書いたんだけど」
「Hのあとは、何なのですか! 何か、いかがわしい展開が待っていそうな気がしますよ!」

 僕が突っ込むと、楓先輩は、眼鏡の下の目を泳がせた。ど、どうしてですか?

「そ、そうね。きっと、Hが頭文字に付く言葉なのよ」
「それは何ですか!」
「え? えーと、えーと……」

 楓先輩は必死に考えている。というか、悩んでいる時点で、最初に思い浮かべたことと、違うことを言おうとしているのかバレバレなのですが。

「Hantai?」

 楓先輩は、おそるおそるといった様子で告げる。その言葉を聞いて、僕はその場に突っ伏しそうになる。とっさに考えたのが露骨に分かる。

 基本的に楓先輩は、物事をごまかすのが苦手だ。「サカキくんのエッチ」などに使われるエッチは、元々は「変態」という言葉のローマ字書き「Hentai」の頭文字から来ている。だからエッチという言葉は、実は日本語なのだ。
 そのHentaiを楓先輩は頭に思い浮かべた。だから、一文字だけ変えてHantaiという言葉にしたのだ。
 僕は楓先輩から、以下略してもエッチだよね、と思われていたことを知る。ああ、何という絶望。うにゃあ。何だよう。その扱いは!

「あの、楓先輩。そのHantaiを漢字で書いてくれませんか?」
「えっ、えっ?」

 楓先輩は、困ったような顔をして、必死に取り繕う。僕はメモ帳とペンを渡す。楓先輩は、僕の視線にびくびくしながら文字を書く。

反態

 あの、楓先輩。反対と変態が混じっています。ああ、やはり楓先輩は、僕のことをエッチなサカキくんだと思っていたのだ。絶望してやる! ……ぷしゅう。
 僕は、楓先輩への、それ以上の追及を諦めて、話題を変えることにした。

「それ以外の以下略は、何かありますか?」
「そうね」

 楓先輩は、さくらんぼみたいな唇に指を当てて考える。

「サカキくんは、いつもパソコンを見て、にや(ry」

 楓先輩は「これで分かる?」といった表情を僕に向ける。
 えー、あのー、僕はそんなに、にやにやしていますか? 僕は、消え入りたいような気持ちになる。答えない僕を見て、楓先輩は声をかけてくる。

「ねえ、サカキくん。もっと略した方がいいのかな?」
「ええー、そうですね。僕が分からないぐらい略してしまっても、よいと思いますよ」

 僕は、自暴自棄になりながら答える。

「サカキくんは(ry」

 うー、あー、にゃー。それで通じるサカキくんという存在は、何なのですか! 僕は、心に傷を負ってふらふらになる。楓先輩の中で、僕はどういった存在になっているのだろうと思った。

「ねえ、サカキくん。もっと略せるかなあ?」
「さ、さあ、どうでしょうか……」
「サ(ry」

 !!!
 ……何だろう、この破壊力は。僕は、この部室で、「サ(ry」と書くだけで、そこはかとなくエッチなサカキくんとして認知される存在だったのか。そうなのか~、そうなのね~、そうなんですね~。
 僕は「ぐふっ!」と血反吐を吐いて、机に突っ伏した。ああ無情。

 それから三日ほど、部室では(ryが流行った。その中で一番使われたのは「サ(ry」だった。ノオオ~~~~~~~~! そんな一文字で意味が通じてしまう僕は、この部室で、いったいどういう人間なのですか! 僕はそのことを、勇猛果敢に楓先輩に尋ねてみた。

「うん。サカキくんって、ちょっとエッチだから」
「そ、そうですよね~」

 僕は、机に突っ伏し、のたうち回った。
気に入った方は 評価お気に入り感想 をいただけると嬉しいです。

続編:『三つ編み眼鏡の美少女さんがネットスラングに 二周目』(4/15 始まりました!)

新作:『【異世界召喚】モンスター鑑定士は笑えない【チートでハーレム】』(4/20 始まりました!)

関連作品:『三つ編み眼鏡ネットスラング:創作ノート』(創作情報や参考URL)

cont_access.php?citi_cont_id=556031833&s
小説家になろう 勝手にランキング
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ