挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
部活の先輩の、三つ編み眼鏡の美少女さんが、ネットスラングに興味を持ちすぎてツライ 作者:雲居 残月

挿話編10「卒業式」

262/262

第262話 最終話「卒業式と雪村楓先輩」

 花園中学は、頭がお花畑の人間が通う中学ではない。花園という地域に存在している、まともな中学校だ。その花園中の文芸部には、恋を夢見る者たちが集まっている。そして日々、鵜の目鷹の目で、自分好みの女性を探し続けている。
 かくいう僕も、そういった、特定の女性に憧れている系の人間だ。名前は榊祐介。学年は二年生で、厨二病まっさかりのお年頃。そんな僕が、部室でいそしんでいるのは、備品のパソコンでネットを巡回して、何の役にも立たないネットスラングを調べて喜ぶことだ。

 そんな、意中の人に思いを寄せる面々の文芸部にも、愛を注がれる対象の女性が、一人だけいます。三つ編み眼鏡愛好家に見初められた、とっても真面目な三つ編み眼鏡。それが、僕が愛してやまない、三年生の雪村楓先輩です。楓先輩は、三つ編み姿で眼鏡をかけている文学少女。家にはテレビもなく、活字だけを食べて育ったという、純粋培養の美少女さんです。

 そんな楓先輩と僕の文芸部は、そろそろ最終ページが近付いている。三年生たちが学校を旅立つ、卒業式が始まろうとしていた。

 教室を出た僕たち二年生は、卒業式に出席するために、体育館へと向かう。校舎を出た僕たちは、体育館へと続く渡り廊下を歩いていく。
 体育館は、在校生や保護者たちの声で溢れていた。いつもは運動のために利用するその場所は、この学校を旅立つ者たちのための会場になっていた。

 床の上には、パイプ椅子が並んでいる。僕は、一年生の区画を抜けて、二年生の場所にたどり着く。座る前に、前方を見た。三年生たちは、まだ来ていない。席は空のままだ。卒業生が入場するその瞬間まで、その場所の時は止まっている。
 椅子に座った僕は、壁の高い位置にある丸時計を見る。その時計は、僕の気持ちを裏切るように時を刻んでいた。卒業式の時間が迫っている。いよいよ別れの儀式が始まるのかと、僕は思った。

 卒業生が入場してきた。体育館は、拍手の音で包まれる。僕も手を叩く。そうしながら顔を動かして、入り口を通る卒業生たちに目を向けた。拍手のアーチをくぐるように、三年生たちが歩いてくる。それぞれの思いが、顔に浮かんでいる。
 友人との別れに思いを募らせ、泣いている人がいる。期待に胸をふくらませて、笑顔の人がいる。文芸部の先輩たちは、どんな顔をしているだろうか? 僕は、二年間一緒だった先輩たちの姿を探そうと、目を凝らした。

 長身の鷹子さんが見つかった。普段は傍若無人なのに、少し緊張している様子だ。
 満子部長のゴージャスな容姿が目に入った。自信に溢れ、顔を輝かせている。
 楓先輩はどこだろうか? 僕は、列の中からその姿を探す。整っていながらも、控えめな容姿の楓先輩がいた。いつもと同じように、三つ編み姿で、眼鏡をかけている。

 先輩は、少しだけ目の周りが赤くなっていた。クラスの友人たちと、別れを惜しみ、涙を流し合ったのだろう。いつも教室で、本ばかりを読んでいたであろう楓先輩。その先輩にも、ともに語り合い、涙をこぼす、友人が存在する。この学校に、多くの思い出を残して、先輩はこの日を迎えたのだろう。

 卒業生が、すべて席に座った。体育館から徐々に声が消えていき、静寂が場を厳粛な空気に変える。

「ただ今より、平成……年度、花園中学校卒業式を開始します」

 司会の先生の声が、マイクを通して響く。卒業式が始まった。

 校歌斉唱、卒業証書授与、学校長式辞など、式次第が消化されていく。送辞は現生徒会長、答辞は前生徒会長がおこなった。演劇部の部長、安戸麻里と、元部長、花見沢桜子さんだ。そういえば、あの二人ともいろいろあったなと懐かしくなる。
 式は進む。僕たちの席からは、卒業生たちの背中しか見えない。彼らはどんな顔をしているのだろう? そう思いながら、僕は卒業式を見守った。

 仰げば尊しを斉唱して、閉式の辞が述べられた。卒業生は退場して、保護者の人たちも席を立った。先輩たちの卒業式が終了した。

 教室に戻った僕たち二年生は、ホームルームを終えて解散になった。卒業生たちは、教室で卒業アルバムなどを受け取ったあと、下校する予定だ。その姿を見送りたい人は、玄関や校庭、校門に立ち、先輩たちが出てくるのを待つことになる。
 教室を出た僕は、どうしようかと考えたあと、玄関にではなく、職員室に向かい、部室の鍵を受け取って、文芸部の部室に向かった。

 誰もいない部室でしばらく待った。廊下から人々のざわめきが聞こえてくる。卒業生たちが下校を始めたのだろう。僕は、外に面した窓から、校庭の様子を窺う。まだ、三年生は誰も出てきていない。僕は、文芸部の本棚に目を移す。数冊の本が目に入る。楓先輩のものだ。机の上はきれいに片づいていたけれど、本棚にわずかな私物が残っている。そのことを僕は、今朝早く部室に来て、確認していた。
 楓先輩は、この本を取りに、きっと部室に顔を出す。僕は、そのことを信じて、楓先輩が来るのを待ち続けた。

 廊下側の窓に、人影が映った。その背は低く、三つ編みにした髪がシルエットになっている。扉が音を立て、ゆっくりと動く。制服姿の女性が現れた。

「あれ、部室の鍵、サカキくんが開けてくれたの?」

 明るい声が聞こえた。僕の目の前には、この二年間、恋い焦がれた女性の姿があった。

「ええ。楓先輩の本が置いてありましたから。取りに来ると思いまして」
「うん。昨日、全部持って帰ろうと思ったんだけど、さすがに重たかったから。でも、失敗だったかな。卒業式って、荷物が多いんだね。卒業証書とか、卒業アルバムとか。そうそう。記念品ももらったよ。本は、少し重いけど、今日がんばって持って帰らないとね」

 楓先輩は、本棚へと歩きだす。ととととと、と、いつものように軽やかな足取りで進む。そんな楓先輩を追い抜いて、僕は本棚の前に立ち、先輩の本を手に取った。

「途中まで、僕が持ちます。表で家族の方々が、待っているんですよね? そこまで運びます」
「ありがとう」

 先輩は、笑顔を見せた。
 僕と楓先輩は、本棚の前で隣り合わせになった。いつもは座って話をしているが、今日は、立っての会話だ。

「そういえば、サカキくん。背が高くなったね」
「ええ、成長期ですから」

「一年生の時は、私とそんなに変わらなかったのにね」
「この二年で、体も心も成長しましたから」

 僕は、楓先輩に認められる人間になっただろうか? 年下の男の子や、部活の後輩ではなく、恋人として立候補できるような男性になっただろうか。

「ねえ、サカキくん。二年前のこと、覚えている?」

 楓先輩は、昔を懐かしむような声で聞いてくる。

「初めて文芸部に来た時のことですか?」

「うん。サカキくんは、私に理解不能なことを、延々としゃべっていたよね。何だかよく分からないけど、すごい人が来たなあと思ったよ」

 どうやら、二年前の僕は、相手のことを考えずに、自分の考えや知識を披露する、痛いオタクの代表選手だったようだ。

「この二年で、僕は変わりましたか?」

 一年生の僕は、自分のことで手一杯だった。しかし、二年生の僕は違った。この一年、僕は、楓先輩から質問を受けながら、どうすれば自分の考えを伝えられるか、知恵をしぼってきた。思考の限りをつくして、楓先輩を満足させられる説明をしようと、努力を重ねてきた。
 様々な墓穴を掘り、無数の屍をさらし、僕は、楓先輩とコミュニケーションしようとし続けた。

「変わったよ」

 楓先輩は、僕の肩を、優しく叩きながら言う。

「サカキくんは、とっても変わったよ。相手の立場に立ち、人に物事を教えられる人間に成長したよ。私に多くのことを教えてくれたように、今度は後輩たちに、いっぱい話をしてあげてね。サカキくんは、それができる人だから」

 楓先輩は、扉へと歩きだす。そして、後ろ手に振り返り、優しい表情とともに僕を手招きした。
 楓先輩の雰囲気は、いつもと違って見えた。先輩のたたずまいは、若者を教え導く、年上の女性のものだった。楓先輩は、とても満足そうに僕を眺めていた。

 その様子を見て、僕は、驚きと困惑を胸に浮かべる。そして、その場に立ち尽くした。楓先輩の姿から、ある可能性を読み取ったからだ。
 もしかして楓先輩は、僕を育てるために、ネットスラングの質問を始めたのか? 一年生の時の僕を見て、どうすれば成長させられるかと思い、あのやり取りを考えたのか。

 ネットスラングの意味を知らないからといって、僕に尋ねる必要はない。ネットの掲示板で質問してもよいのだ。楓先輩は、検索エンジンは使わないが、ネット掲示板は利用している。僕に聞かなくても、調べる方法はあるのだ。
 楓先輩は、自分のためではなく、僕のために、あの会話をしていたのかもしれない。自分の知識欲を満たすためではなく、僕の成長を願って質問していたのかもしれない。

 分からなかった。楓先輩は、いつものように、ふわふわとした顔をしている。その心の内は、僕からは読めなかった。天然なところのある楓先輩が、そこまで考えて、僕に接していたとは思えなかった。

 楓先輩は、僕を成長させるために質問を続けていた。それはきっと、僕の思いすごしだろう。

「行こう、サカキくん」

 楓先輩は、扉の前に立ち、声をかける。その顔は、明るく輝いていた。僕は、慌てて足を動かす。僕は、楓先輩と廊下に出て、部室の鍵をかけた。

「サカキくん。いろいろと教えてくれて、ありがとうね」

 楓先輩は、にこにこしながら言う。
 僕と楓先輩は、華やかな声が響く廊下を、玄関に向けて歩いていく。廊下の窓からは、校庭が見える。その校庭の先には、校門へと続く道がある。立ち並ぶ桜が、満開の花を付けている。その花は、先を争うように枝から離れ、希望に満ちた旅に出るように、風に舞っている。

 僕と楓先輩は、玄関で靴を履き替え、外に出た。光がまぶしかった。頭上には青空が広がっている。周囲は、喜びの声、別れの声、様々な人間模様を伝える声が、心地よいメロディのように響き渡っている。

「いろいろと教えてくれて、本当にありがとうね」

 並んで歩く先輩が、小さく言った。楓先輩の両親は、校門の辺りで待っているそうだ。その場所までは、あと一、二分でたどり着く。
 僕は、先輩の本を持って、桜並木を歩いている。この二年間、憧れ続けた女性とともに、校門を目指している。その時間も、あと少しで終わる。別れの瞬間は、もうすぐだ。そう思うと僕は、いても立ってもいられなくなった。

「まだまだ教えますよ!」

 僕は、堰を切ったように声を出した。

「いつだって、どこだって、楓先輩に尋ねられれば、僕は必ず答えます。どんな質問だって、先輩を満足させられる説明を、きっとしてみせます!」

 僕は立ち止まり、真剣な顔で楓先輩のことを見た。
 先輩も足を止めた。楓先輩は、嬉しそうな顔で僕を見上げて、目元に涙を浮かべた。

「じゃあ、教えてもらおうかな」
「ええ、何でも答えます!」

「今からでもいい?」
「ええ、もちろんですとも!」

 楓先輩は、舞い散る桜を背景に、表情をほころばせた。

「それじゃあね、サカキくんがモニターを見ながら、よくつぶやいている言葉を教えてもらおうかな」
「僕がつぶやいている言葉……、何でしょうか?」

 何か、独り言をしゃべっていただろうか? 僕は、疑問に思いながら、楓先輩に尋ねる。

「サカキくん。ネット詳しいわよね。教えて欲しいことがあるの……」

 楓先輩は、いつもの台詞を僕に向かって言った。

「はい、何でも尋ねてください!」

 僕は、楓先輩を真っ直ぐ見て返事をする。

「俺の嫁って何?」

 先輩は、優しげな目で僕を見ながら、質問した。まるで、その言葉の意味を知っているかのように、このタイミングで僕に尋ねてきた。

 僕は、胸がいっぱいになる。思わず涙がこぼれそうになった。僕は、その涙を必死にこらえる。そして、大きく息を吸い、呼吸を整えた。
 楓先輩は、俺の嫁の意味を知りたがっている。オタクの男性が、理想的な女性キャラクターに対して、愛情を吐露する言葉を、説明して欲しがっている。
 その言葉は、僕にとって一人の女性を指している。

 ――楓先輩は、俺の嫁。

 楓先輩は、そんな僕の思いを、分かっているのか分かっていないのか、いつもの期待に満ちた目を僕に向けている。

「楓先輩。俺の嫁という言葉はですね……」

 僕は、桜吹雪の中、説明を始めた。俺の嫁について語りだした。楓先輩への思いについて、この二年間の気持ちをすべて込めて、言葉を紡いでいった。

(了)
 一年以上にわたり、お付き合いいただき、ありがとうございました。サカキくんと楓先輩、そして文芸部の物語は、いかがだったでしょうか?

 連載の期間中、多くの評価や感想、そしてレビューをいただき、とても励まされました。

 いったん完結ということになりましたので、まだの方は、評価や感想、レビューなどいただければ幸いです。

 さて、連載中に、何度か「終わって欲しくない」という、ありがたい言葉をいただきました。そこで、新連載を始めます。

「三つ編み眼鏡の美少女さんがネットスラングに 二周目」です。

 ゲームよく言う「二周目」ですね。というわけで、時間を超越して二周目に突入する、サカキくんと楓先輩、そして文芸部の物語を、お楽しみください。
気に入った方は 評価お気に入り感想 をいただけると嬉しいです。

続編:『三つ編み眼鏡の美少女さんがネットスラングに 二周目』(4/15 始まりました!)

新作:『【異世界召喚】モンスター鑑定士は笑えない【チートでハーレム】』(4/20 始まりました!)

関連作品:『三つ編み眼鏡ネットスラング:創作ノート』(創作情報や参考URL)

cont_access.php?citi_cont_id=556031833&s
小説家になろう 勝手にランキング

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

この小説をブックマークしている人はこんな小説も読んでいます!

無職転生 - 異世界行ったら本気だす -

34歳職歴無し住所不定無職童貞のニートは、ある日家を追い出され、人生を後悔している間にトラックに轢かれて死んでしまう。目覚めた時、彼は赤ん坊になっていた。どうや//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全286部)
  • 1953 user
  • 最終掲載日:2015/04/03 23:00
金色の文字使い ~勇者四人に巻き込まれたユニークチート~

『金色の文字使い』は「コンジキのワードマスター」と読んで下さい。 あらすじ  ある日、主人公である丘村日色は異世界へと飛ばされた。四人の勇者に巻き込まれて召喚//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全808部)
  • 1359 user
  • 最終掲載日:2016/11/16 00:00
10年ごしの引きニートを辞めて外出したら自宅ごと異世界に転移してた

【本編完結済み】※書籍化しました!オーバーラップ文庫様より、五巻目となる④巻が発売されています!詳細は活動報告にて!  北条雄二、30才、無職、引きこもり歴10//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全519部)
  • 1344 user
  • 最終掲載日:2016/10/25 18:00
人狼への転生、魔王の副官

人狼の魔術師に転生した主人公ヴァイトは、魔王軍第三師団の副師団長。辺境の交易都市を占領し、支配と防衛を任されている。 元人間で今は魔物の彼には、人間の気持ちも魔//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全415部)
  • 1457 user
  • 最終掲載日:2017/06/30 09:00
ありふれた職業で世界最強

クラスごと異世界に召喚され、他のクラスメイトがチートなスペックと“天職”を有する中、一人平凡を地で行く主人公南雲ハジメ。彼の“天職”は“錬成師”、言い換えれば唯//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全274部)
  • 1626 user
  • 最終掲載日:2017/07/15 18:00
異世界食堂

しばらく不定期連載にします。活動自体は続ける予定です。 洋食のねこや。 オフィス街に程近いちんけな商店街の一角にある、雑居ビルの地下1階。 午前11時から15//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全119部)
  • 1533 user
  • 最終掲載日:2017/06/10 00:00
謙虚、堅実をモットーに生きております!

小学校お受験を控えたある日の事。私はここが前世に愛読していた少女マンガ『君は僕のdolce』の世界で、私はその中の登場人物になっている事に気が付いた。 私に割り//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 連載(全292部)
  • 1602 user
  • 最終掲載日:2017/06/19 10:00
蜘蛛ですが、なにか?

勇者と魔王が争い続ける世界。勇者と魔王の壮絶な魔法は、世界を超えてとある高校の教室で爆発してしまう。その爆発で死んでしまった生徒たちは、異世界で転生することにな//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全499部)
  • 1561 user
  • 最終掲載日:2017/06/22 23:05
ニートだけどハロワにいったら異世界につれてかれた

 ◆書籍⑧巻まで好評発売中です◆ ニートの山野マサル(23)は、ハロワに行って面白そうな求人を見つける。【剣と魔法のファンタジー世界でテストプレイ。長期間、泊り//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全179部)
  • 1219 user
  • 最終掲載日:2017/07/10 21:00
八男って、それはないでしょう! 

平凡な若手商社員である一宮信吾二十五歳は、明日も仕事だと思いながらベッドに入る。だが、目が覚めるとそこは自宅マンションの寝室ではなくて……。僻地に領地を持つ貧乏//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全205部)
  • 1724 user
  • 最終掲載日:2017/03/25 10:00
賢者の孫

 あらゆる魔法を極め、幾度も人類を災禍から救い、世界中から『賢者』と呼ばれる老人に拾われた、前世の記憶を持つ少年シン。  世俗を離れ隠居生活を送っていた賢者に孫//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全120部)
  • 1220 user
  • 最終掲載日:2017/05/16 04:45
Knight's & Magic

メカヲタ社会人が異世界に転生。 その世界に存在する巨大な魔導兵器の乗り手となるべく、彼は情熱と怨念と執念で全力疾走を開始する……。 *お知らせ* ヒーロー文庫よ//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全125部)
  • 1210 user
  • 最終掲載日:2017/06/25 01:47
Only Sense Online

 センスと呼ばれる技能を成長させ、派生させ、ただ唯一のプレイをしろ。  夏休みに半強制的に始める初めてのVRMMOを体験する峻は、自分だけの冒険を始める。 【富//

  • VRゲーム〔SF〕
  • 連載(全342部)
  • 1200 user
  • 最終掲載日:2017/05/04 00:00
用務員さんは勇者じゃありませんので

部分的学園異世界召喚ですが、主役は用務員さんです。 魔法学園のとある天才少女に、偶然、数十名の生徒・教師ごと召喚されてしまいます。 その際、得られるはずの力をと//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全141部)
  • 1416 user
  • 最終掲載日:2017/05/25 23:30
転生したらスライムだった件

突然路上で通り魔に刺されて死んでしまった、37歳のナイスガイ。意識が戻って自分の身体を確かめたら、スライムになっていた! え?…え?何でスライムなんだよ!!!な//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全303部)
  • 1670 user
  • 最終掲載日:2016/01/01 00:00
神殺しの英雄と七つの誓約(旧題:彼は英雄ではないと言い張るようです)

※タイトルを変更しました。内容に変更はありません。 ※この度、拙作が書籍化される事となりました。  偏に、この作品を読んでくださる皆様の御蔭でございます。  こ//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全174部)
  • 1218 user
  • 最終掲載日:2017/04/25 00:31
ワールド・ティーチャー -異世界式教育エージェント-

世界最強のエージェントと呼ばれた男は、引退を機に後進を育てる教育者となった。 弟子を育て、六十を過ぎた頃、上の陰謀により受けた作戦によって命を落とすが、記憶を持//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全172部)
  • 1275 user
  • 最終掲載日:2017/05/24 23:35
フェアリーテイル・クロニクル ~空気読まない異世界ライフ~

※作者都合により後日談は隔週更新とさせていただきます。 ※2016年2月27日、本編完結しました。  ゲームをしていたヘタレ男と美少女は、悪質なバグに引っかか//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全217部)
  • 1412 user
  • 最終掲載日:2017/07/08 07:00
盾の勇者の成り上がり

盾の勇者として異世界に召還された岩谷尚文。冒険三日目にして仲間に裏切られ、信頼と金銭を一度に失ってしまう。他者を信じられなくなった尚文が取った行動は……。サブタ//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全835部)
  • 1382 user
  • 最終掲載日:2015/05/28 11:00
デスマーチからはじまる異世界狂想曲

 アラサープログラマー鈴木一郎は、普段着のままレベル1で、突然異世界にいる自分に気付く。3回だけ使える使い捨て大魔法「流星雨」によって棚ボタで高いレベルと財宝を//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全533部)
  • 1662 user
  • 最終掲載日:2017/07/16 18:00
勇者様のお師匠様

 両親を失いながらも騎士に憧れ、自らを鍛錬する貧しい少年ウィン・バード。しかし、騎士になるには絶望的なまでに魔力が少ない彼は、騎士試験を突破できず『万年騎士候補//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全152部)
  • 1287 user
  • 最終掲載日:2017/03/12 00:00
境界迷宮と異界の魔術師

 主人公テオドールが異母兄弟によって水路に突き落されて目を覚ました時、唐突に前世の記憶が蘇る。しかしその前世の記憶とは日本人、霧島景久の物であり、しかも「テオド//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全1175部)
  • 1245 user
  • 最終掲載日:2017/07/21 00:00
とんでもスキルで異世界放浪メシ

※タイトルが変更になります。 「とんでもスキルが本当にとんでもない威力を発揮した件について」→「とんでもスキルで異世界放浪メシ」 異世界召喚に巻き込まれた俺、向//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全373部)
  • 1375 user
  • 最終掲載日:2017/07/20 23:07
二度目の人生を異世界で

唐突に現れた神様を名乗る幼女に告げられた一言。 「功刀 蓮弥さん、貴方はお亡くなりになりました!。」 これは、どうも前の人生はきっちり大往生したらしい主人公が、//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全366部)
  • 1203 user
  • 最終掲載日:2017/07/19 12:00
Re:ゼロから始める異世界生活

突如、コンビニ帰りに異世界へ召喚されたひきこもり学生の菜月昴。知識も技術も武力もコミュ能力もない、ないない尽くしの凡人が、チートボーナスを与えられることもなく放//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全443部)
  • 1771 user
  • 最終掲載日:2017/06/13 01:00
異世界迷宮で奴隷ハーレムを

ゲームだと思っていたら異世界に飛び込んでしまった男の物語。迷宮のあるゲーム的な世界でチートな設定を使ってがんばります。そこは、身分差があり、奴隷もいる社会。とな//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全219部)
  • 1431 user
  • 最終掲載日:2017/03/25 21:22
絶対に働きたくないダンジョンマスターが惰眠をむさぼるまで

「働きたくない」  異世界召喚される中、神様が一つだけ条件を聞いてくれるということで、増田桂馬はそう答えた。  ……だが、さすがにそううまい話はないらしい。呆れ//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全278部)
  • 1241 user
  • 最終掲載日:2017/07/19 00:00
この世界がゲームだと俺だけが知っている

バグ満載のため、ある意味人気のVRゲーム『New Communicate Online』(通称『猫耳猫オフライン』)。 その熱狂的なファンである相良操麻は、不思//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全239部)
  • 1556 user
  • 最終掲載日:2017/04/01 23:59
二度目の勇者は復讐の道を嗤い歩む

魔王を倒し、世界を救えと勇者として召喚され、必死に救った主人公、宇景海人。 彼は魔王を倒し、世界を救ったが、仲間と信じていたモノたちにことごとく裏切られ、剣に貫//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全119部)
  • 1197 user
  • 最終掲載日:2017/07/18 08:36
↑ページトップへ