挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
部活の先輩の、三つ編み眼鏡の美少女さんが、ネットスラングに興味を持ちすぎてツライ 作者:雲居 残月

ネットスラング編9

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

238/262

第238話「コブラ・クリスタルボーイ」

 花園中学は、頭がお花畑の人間が通う中学ではない。花園という地域に存在している、まともな中学校だ。その花園中の文芸部には、宇宙を股にかける者たちが集まっている。そして日々、大宇宙に繰り出し続けている。
 かくいう僕も、そういった、ロマン溢れる系の人間だ。名前は榊祐介。学年は二年生で、厨二病まっさかりのお年頃。そんな僕が、部室でいそしんでいるのは、備品のパソコンでネットを巡回して、何の役にも立たないネットスラングを調べて喜ぶことだ。

 そんな、宇宙を旅する面々の文芸部にも、本の中で生きる人が一人だけいます。宇宙を飛び回る、宇宙海賊の船に乗り合わせてしまった、図書館で暮らすインドア少女。それが、僕が愛してやまない、三年生の雪村楓先輩です。楓先輩は、三つ編み姿で眼鏡をかけている文学少女。家にはテレビもなく、活字だけを食べて育ったという、純粋培養の美少女さんです。

「サカキく~ん。ネット詳しいわよね。教えて欲しいことがあるの~」

 間延びしたような声が聞こえて、僕は顔を向ける。楓先輩は、ととととと、と歩いてきて、僕の横にちょこんと座る。先輩は、アウトドアとは無縁の人だ。そのせいか、肌は抜けるように白く、なめらかだ。きっと、深窓の令嬢は、こういった姿をしているのだろう。ああ、何て素敵なんだ。僕は、ぼうっとしながら楓先輩に声を返す。

「どうしたのですか、先輩。ネットで、謎の言葉を発見しましたか?」
「そうなの。サカキくんは、ネットの達人よね?」
「ええ。ヴァイキングが大海原を渡り、各地に出没していたように、僕はネットの波を越えて、無数の掲示板に書き込みをしています」
「そのサカキくんに、聞きたいことがあるの」
「何でしょうか?」

 先輩は、最近ノートパソコンをお父さんに買ってもらった。文芸部の原稿を、精力的に書き続けるためだ。先輩は、そのパソコンをネットに繋いだ。そこで、星の数ほどある、ネットの文章に遭遇した。そのせいで、ネット初心者の楓先輩は、ずぶずぶとネットの罠にはまりつつあるのだ。

「コブラって何?」

 おっ、往年の名作マンガのタイトルだ。そして主人公名だ。
 コブラというキャラクターは、ネットで人気者だ。そのコブラについて語ることは、やぶさかではない。しかし、ネットで語られるコブラについては、地雷が潜んでいる。
 地雷は、コブラ自身ではない。コブラについては、鬱クラッシャー、鬱フラグブレイカーなどと呼ばれており、女の子たちのピンチを救ってくれる頼りがいのあるキャラクターとして、ネットで定番になっている。

 問題は、そのライバルだ。クリスタルボーイというコブラの宿敵が、ネットでは変態サイボーグキャラとして定着してしまっている。そのことに話がおよぶと、僕まで変態サカキくんとして、十把一絡げにされてしまう可能性がある。

 いや、それは杞憂だろう。周代に杞の国の人が、今にも天が崩れ落ちることを心配して、寝食を忘れたようなものだ。自分から、クリスタルボーイのことを言わなければ大丈夫だ。僕は、何を心配しているのだ? 僕は気を取り直して、楓先輩に向き直った。

 その時である。僕の肩に、手が置かれた。誰だろうと思い、振り向いて、僕は全身を凍りつかせる。そこには、この文芸部のご主人様、僕の天敵、三年生で部長の、城ヶ崎満子さんが立っていた。

 満子部長は、古い少女マンガに出てきそうな、お嬢様風のゴージャスな容姿をした人だ。しかし、この姿に騙されてはいけない。その中身は、気高くも真面目でもなく、エロに染まった品性下劣なものだからだ。
 満子部長が、そういった困った性格をしているのは、その出自のせいだ。満子部長は、父親がエロマンガ家で、母親がレディースコミック作家という、サラブレッドな家に生まれた。そういった家庭環境であるために、両親から受け継いだ、深遠にして膨大なるエロ知識を保有している。そして性格はSであり、僕をこの部室で、ちくちくといたぶるのを趣味としているのだ。

 その満子部長が、僕の背後に、密かに忍び寄っていたのである。

「おい、サカキ。落ち着け! こんなときこそ……だ!」
「わあぁっ!!!!!」

 僕は、満子部長の台詞を大声で遮り、楓先輩に聞こえないようにする。

「『コブラ』か。あれはよいものだ。ああいった独自性の高い作品は、非常に評価できる。それに寺沢武一の描く絵は、女性が肉感的で官能的で、非常によい。
 そうそう。寺沢武一といえば、『ゴクウ』も好きだな。青年誌向けのマンガでは、そのエロ描写も堪能できるからな。『ゴクウ』では、ことをし終えたあと、義眼のサーモグラフィで、自分のものが入っていた部分を見るシーンがあった。温度分布で、あれの形が浮かび上がるのだな。あの描写は、ぐっと来たなあ」

 満子部長は、楽しそうに言う。
 駄目だ、この人は。早く止めなければ。僕は、何とかして満子部長の暴走を止めようとする。

「ところで、サカキ。『コブラ』について語るとなれば、ネットでコラネタにされているクリスタルボーイについても、語る必要があるんじゃないのか?」

 うっ。僕は、言葉を詰まらせる。満子部長は、僕の心でも読めるのか? 人を困らせることに、天性の才を持つ満子部長のことだ。コブラの話から、クリスタルボーイの話に展開させて、楓先輩を恥ずかしがらせて、僕に被害が行くようにするつもりなのだ。

 そんなことはさせない! 僕は、楓先輩と自分を守るために戦わなければならない!!
 僕は、エロクラッシャーとして、どう戦うべきか考える。

 よし! まずはコブラの話をして、楓先輩を満足させよう。そして、クリスタルボーイについては、原作の話をして終わろう。その後すぐさま、解散にするのだ。それならば問題ない!
 僕は、満子部長がしゃべりだす前に、説明を開始する。

「楓先輩。コブラというのは、寺沢武一による、アメコミ風スペースオペラマンガ『コブラ』の、タイトルおよび主人公の名前です。
 このマンガは大変人気があり、一九七八年の発表以来、たびたび雑誌を移しながら連載が続けられました。そして、何度もアニメ化されました。海外でも評価が高く、映画化が企画されたりしています。

 この『コブラ』は、宇宙海賊である主人公が、セクシーなヒロインたちを助けながら、宇宙を股にかけた活躍をするという内容です。
 変わった惑星や、宇宙海賊ギルドとの確執、壮大な宇宙の伝説や秘宝。そういった話が展開する、スペースオペラとして大変面白い作品です。そして主人公は、左腕にサイコガンといった、精神力で撃つ武器を仕込んでおり、トレードマークになっています。
 この『コブラ』および、主人公のコブラは、他のマンガとは大きく異なった作風で、人々に記憶されてきました。

 その主人公のコブラが、ネットで密かな人気者になっています。その一つは、鬱クラッシャーズ、鬱フラグブレイカーとしてのコブラです。
 マンガの登場人物がピンチになると、なぜか『コブラ』のマンガのコマが挿入されて、コブラがピンチを救うというコラージュが、大量に作られているのです。

 こういった、鬱クラッシャー、鬱フラグブレイカーと呼ばれるキャラクターは、何人かいます。しかし、コブラほど有名なキャラはいません。そのため、何かピンチの時に、コブラの登場を期待する台詞が、ネットに書き込まれたりするのです。
 そういったキャラクターなので、コブラさんと、さん付けされることもあります。

 また、コブラのコスプレをした人が、『ここが地球の○○か!』と言って訪問し、その様子を写真に撮るといった一連のシリーズも、人気を博しています。このように、コブラというキャラクターは、ネットで大変愛されているのです。

 さて、話はここで終えてもよいのですが、補足をしておきましょう。先ほど満子部長が口にした、クリスタルボーイについても言及しておきます。
 クリスタルボーイは、コブラと対立している宇宙海賊ギルドの幹部で、金属質の顔と骨格に、特殊偏光ガラスの肉体を持つサイボーグです。彼は、その特殊な体のおかげで、コブラのサイコガンで、ダメージを受けないという特徴を持っています。また、自身も一流の殺し屋で、コブラと何度も死闘を繰り広げます」

 僕は、コブラとクリスタルボーイについて説明を終える。これで、楓先輩を納得させ、満子部長を追い払えば、僕の仕事は完了だ。
 さあ、立ち上がって、自分の席に戻ってください、楓先輩! しかし、先輩は、考え事をするように、斜め上を見ている。そして、僕に顔を向けて、口を開いた。

「ねえ、サカキくん」
「何でしょうか、楓先輩?」

「ネットでコラネタにされているクリスタルボーイというのは、どこにいったの?」

 ぐわ~~~~~~~! 満子部長の台詞を、忘れてはくれなかった。僕は、額から汗をだらだらと流す。これは、詰んだか? 終わったか? 僕が苦しそうな顔をしていると、満子部長が、僕の首に両手を巻きつけて、僕の肩に顔を載せてきた。

「サカキが黙っているから、私が説明してやろう」

 満子部長の嬉々とした声が、耳元で響く。や、やめてください、満子部長~~~~!
 しかし、僕の希望は華麗にスルーされて、満子部長の話が始まった。

「クリスタルボーイはな、ネットで作られた『知るかバカ! そんなことより○○だ!』と叫ぶコラージュ画像で、一躍有名になった。そして、数々の同種のコラ画像が作られ、クリボーの愛称で親しまれるようになったのだ。
 まあ、元々、同名のアダルトグッズがあったのだよ。そこに、かけたネタだったわけだ。というわけで、クリスタルボーイのコラ画像から、有名な台詞をいくつか語ってやろう」

 満子部長は、僕の顔の横で、僕の声真似をして語りだす。

「知るかバカ! そんなことより○○だ!
 うるさい! そんなことより○○だ!
 落ち着け! こんなときこそ○○だ!
 今日はカーテン全開で○○だ!
 とんでもねぇ○○しやがって!!!」

 ああ。僕は、顔面を蒼白にする。僕の前にいる楓先輩は、きょとんとした顔をしている。

「ねえ、満子。その○○には、何が入るの?」
「ジーの英語名称だな」

「ジー? 英語名称ということは、英語のGでは、ないのよね」
「ああ。自らを慰めるジーだ」

 楓先輩は、少し上目づかいで考える仕草をする。頭の中で変換しているのだろう。そして、徐々に顔を赤く染めて、全身ゆでだこのようになってしまった。

「そ、それって……」
「ああ、オナ……」
「うわああ!!!!!!!!!!!」

 僕は大声を出して、満子部長の声を遮る。満子部長は、ちっと舌打ちの音を立てる。そして、立ち上がり、僕の股間をぱんぱんと叩いた。

「つまり、サカキのこれを、あれすることだよ」
「ちょ、ちょっと、満子部長!!」

「きゃ~~~~~!」

 楓先輩は、悲鳴を上げて逃げ出した。僕は、その様子を見送るしかなかった。
 それから三日間。僕は、ネットのクリスタルボーイよろしく、そういった行為をしまくる人として、楓先輩に距離を置かれた。

 ああ、何という鬱展開。しかし、そんな僕に、コブラさんは来てくれなかった。そして三日経ち、楓先輩は、僕のことを普通に扱ってくれるようになった。ふう、よかった。それにしても、現実には、コブラさんはいないのだなあ。
 僕は、楓先輩のコブラさんとして、ピンチになったら、颯爽と登場したいなあと思った。
気に入った方は 評価お気に入り感想 をいただけると嬉しいです。

続編:『三つ編み眼鏡の美少女さんがネットスラングに 二周目』(4/15 始まりました!)

新作:『【異世界召喚】モンスター鑑定士は笑えない【チートでハーレム】』(4/20 始まりました!)

関連作品:『三つ編み眼鏡ネットスラング:創作ノート』(創作情報や参考URL)

cont_access.php?citi_cont_id=556031833&s
小説家になろう 勝手にランキング
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ