挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
部活の先輩の、三つ編み眼鏡の美少女さんが、ネットスラングに興味を持ちすぎてツライ 作者:雲居 残月

挿話編8「クリスマス」

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

224/262

第224話 挿話52「クリスマスと鈴村真くん」

 花園中学は、頭がお花畑の人間が通う中学ではない。花園という地域に存在している、まともな中学校だ。その花園中の文芸部には、性別の壁を超えた者たちが集まっている。そして日々、性について奔放に語り合っている。
 かくいう僕も、そういった、性的な話題を好む系の人間だ。名前は榊祐介。学年は二年生で、厨二病まっさかりのお年頃。そんな僕が、部室でいそしんでいるのは、備品のパソコンでネットを巡回して、何の役にも立たないネットスラングを調べて喜ぶことだ。

 そんな、性を横断しながら暮らす面々の文芸部にも、そういった話にはうとい人が一人だけいます。「らんま1/2」の、早乙女乱馬だらけの呪泉郷に迷い込んだ、天道あかね。それが、僕が愛してやまない、三年生の雪村楓先輩です。楓先輩は、三つ編み姿で眼鏡をかけている文学少女。家にはテレビもなく、活字だけを食べて育ったという、純粋培養の美少女さんです。

 そんな楓先輩と僕の文芸部は、今日は少しお休み。クリスマスが近いある日、僕たち文芸部の面々は、満子部長の計画したクリスマス・パーティーのために、過密なスケジュールをこなし始めたのである。

 ピンポーン!

 僕は、鈴村真くんの家のドアベルを鳴らした。

「はーい」
「サカキです」

「うん。今、玄関に行くね」

 鈴村くんの家は、高級そうなデザイナーズ住宅である。その廊下を、ぱたぱたと走るスリッパの音が聞こえたあと、目の前の扉が開いた。

「サカキくん、上がって」
「えっ、鈴村くん。その格好は?」

 僕は思わず、鈴村くんに尋ねた。
 鈴村くんは、華奢な体に、女の子のような顔立ちの男の子だ。そんな鈴村くんには、他人に隠している秘密がある。
 実は鈴村くんは、女装が大好きな、男の娘なのだ。鈴村くんは家に帰ると、女物の洋服を着て、等身大の姿見の前で、様々な可愛いポーズを練習している。そして、女の子の格好をする時には、「真琴」という女の子ネームに変わるのだ。
 僕は、その真琴の姿を、これまでに何回か見たことがある。鈴村くんは、その時のような、女の子の服装をしていたのである。

「女装のことは、家族に秘密にしていたんじゃないの?」

 鈴村くんの姿を確かめながら、僕は尋ねる。

「うん。今日は、家族は留守なんだ。それでサカキくんが来るでしょう。だから、思い切って、こういった服装にしてみたんだ」

 鈴村くんは、ひらひらとしたスカートに、温かそうなニットの服を着ている。そういった姿をしていると、可愛らしい女の子にしか見えない。僕は、そんな鈴村くんに手を引かれて、家の中に入った。
 玄関の扉を閉めた鈴村くんは、嬉しそうに微笑んだ。

「今日、家族は留守なんだ」

 先ほども、同じ台詞を言ったよなあ。意味深だ。僕は、そのことにドギマギしながら、靴を脱ぐ。

「じゃあ、さっそく僕の部屋に行こう」

 鈴村くんは、僕を急かす。僕は、スリッパをはき、鈴村くんと一緒に、音を立てながら、部屋へと向かう。鈴村くんの部屋は、相変わらず、少女趣味全開だった。色はピンクが主体で、様々な可愛い小物や、ぬいぐるみが置いてある。僕はそれらを見ながら、落ち着きなく席に座った。

「それで、今からサンタの服を作るんだよね?」
「うん。実はもう、すでに何着か作っているんだ」

「えっ、そうだったの?」

 僕は驚いて鈴村くんに尋ねる。鈴村くんは、部屋の隅にある木製の衣装箱から、何着かの赤い服を取り出した。そして、その一着を僕に渡して、試着してと言った。鈴村くん自身も、一着を手に取り、互いに背中合わせになって、服を着替えた。

「す、鈴村くん。この服は!」

 服を着替えたあと、僕は声を上げた。それは、胸の辺りが大きく開き、下半身がスカートになっている、いわゆるセクシーサンタのものだった。

「さすがに、この服はまずいと思うよ」

 僕は、振り向きながら言う。顔を向けた僕の視線の先には、キュートでラブリーな、プリティーサンタが、恥ずかしそうに立っていた。

「す、鈴村くん」

 顔を赤く染めながら、僕は声を漏らす。鈴村くんは、僕に一歩近付き、整った顔を寄せてきた。

「サカキくんは、可愛らしいサンタよりも、少し大人な感じのサンタの服が、似合うと思ったんだ。予想通りだね」
「というか鈴村くん。これは、普通のサンタの衣装ではないと思うよ。女性向けのものだと思うよ!」

「サカキくんは、サンタクロースは、男性でなければならないと考える派なの?」
「そんなことはないけど。ちょっと大胆すぎないかな、この格好は?」

「そんなことはないよ。ねえ、サカキくん。そこの椅子に座って。お化粧をしてあげる」
「い、いいよ」

「駄目だよ。女の子は、可愛くなくっちゃ!」

 はっ! 僕は鈴村くんの変化に気付いて、顔を向ける。その顔は、男の子の鈴村くんのものではなく、男の娘の真琴のものになっていた。

「さあ、座って。とっても素敵にしてあげる」

 真琴は、妖艶な笑みを浮かべて、僕を椅子へと誘う。僕は抵抗できず、椅子に座った。真琴は棚から化粧道具を取り出し、僕の顔を装っていく。最後に、鏡を見せてくれた。そこには、僕の面影が残っている女の子の顔があった。

「素敵だよ、サカキくん。今度は、僕だね」

 真琴は、軽く微笑み、自分の顔に化粧をしていった。そして、テレビで見る、どの女の子よりも可愛い面差しができあがった。

「サカキくん」

 美しく可憐な顔を僕に寄せ、真琴は甘い吐息を、僕に吹きかけてきた。

「実は、お願いがあるんだ」
「どんなお願い?」

「今日しかできないことなんだ」
「どういうこと?」

「家族が、今日はいないでしょう。だから……」
「だから?」

 僕の心臓は、大きな音を立てて鳴っている。その音を、体全体で聞きながら、僕は真琴の言葉を待った。

「家のいろんな場所で、写真を撮ったり、撮られたりしたいんだ。普段、家で撮影する時は、タイマー撮影しかできないから」

 あっ。僕は、鈴村くんのしたかったことが分かった。家族に女装のことを隠している鈴村くんは、自分の家で、自分のしたい姿で、普通に撮られた写真が一枚もないのだ。家族に自分の性癖を隠すということは、そういったことなのだと、僕は気付いた。

「それに……」

 鈴村くんは、恥ずかしそうに言う。

「僕の家で、僕の自然な姿で、サカキくんと一緒に写真に写りたかったんだ。サカキくんにも女装をしてもらって」

 鈴村くんは、駄目かなといった顔で僕を見上げる。その顔は、真琴の顔ではなく、いつもの鈴村くんの顔だった。

「いいよ」

 僕は微笑み、声を返す。

「本当にいいの?」

 鈴村くんは、少し驚いたような顔で尋ねる。

「他ならぬ、親友の頼みだからね。それぐらいなら、一肌脱ぐよ」

 僕の返事に、鈴村くんは、光が溢れるような顔で喜んだ。
 その日、僕と鈴村くんは、互いに女装した姿で、何枚も写真を撮った。鈴村くんの家の食卓で、台所で、居間で、廊下で、互いにシャッターを切り、二人でフレームに収まった。
 その撮影会が終わったあと、僕と鈴村くんは、部屋に戻って着替えて、普通のサンタの服作りを始めた。そして、夜の九時が近くなった頃に、鈴村くんのお母さんが帰ってきた。

「あら、真。サカキくんが来ていたの?」
「うん」

「サカキくん。ご飯、食べていく? 私は忘年会で飲んできたから、出前を取ることになるけど、いい?」
「じゃあ、ラーメンがいいです」

「サカキくん。あんたデブるわよ」
「えー、じゃあ、カツ丼で」

「それもデブる。そばにしておきなさい。真も食べてないの?」
「うん」

「じゃあ、一緒に何か頼みなさい」

 僕と鈴村くんは、出前を取り、一緒にご飯を食べた。

 僕は鈴村くんの家を出て、自分の家に向かう。
 道を歩いていると、メールの着信を知らせる音が鳴った。誰からだろうと思い、スマートフォンを取り出した。鈴村くんからだった。本文には、今日のお礼が書いてあった。そのメールには、二人で撮った写真が添えられていた。
 僕は、恥ずかしそうにしていた。鈴村くんは、とてもよい笑顔をしていた。僕は、わずかに頬をゆるめる。これだけ喜んでくれたんだから、よかった。そう思い、僕は笑みを浮かべて、再び歩きだした。
気に入った方は 評価お気に入り感想 をいただけると嬉しいです。

続編:『三つ編み眼鏡の美少女さんがネットスラングに 二周目』(4/15 始まりました!)

新作:『【異世界召喚】モンスター鑑定士は笑えない【チートでハーレム】』(4/20 始まりました!)

関連作品:『三つ編み眼鏡ネットスラング:創作ノート』(創作情報や参考URL)

cont_access.php?citi_cont_id=556031833&s
小説家になろう 勝手にランキング
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ