挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
部活の先輩の、三つ編み眼鏡の美少女さんが、ネットスラングに興味を持ちすぎてツライ 作者:雲居 残月

ネットスラング編6

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

142/262

第142話「ωヒュン」

 花園中学は、頭がお花畑の人間が通う中学ではない。花園という地域に存在している、まともな中学校だ。その花園中の文芸部には、お調子者たちが集まっている。そして日々、舞い上がりすぎて高転びしている。
 かくいう僕も、そういった、おだてられると木に登りやすい人間だ。名前は榊祐介。学年は二年生で、厨二病まっさかりのお年頃。そんな僕が、部室でいそしんでいるのは、備品のパソコンでネットを巡回して、何の役にも立たないネットスラングを調べて喜ぶことだ。

 そんな、そそっかしい面々の文芸部にも、落ち着いていて安定感のある人が、一人だけいます。「GS美神 極楽大作戦!!」の横島忠夫の支配する国に紛れ込んだ、おキヌちゃん。それが、僕が愛してやまない、三年生の雪村楓先輩です。楓先輩は、三つ編み姿で眼鏡をかけている文学少女。家にはテレビもなく、活字だけを食べて育ったという、純粋培養の美少女さんです。

「サカキく~ん。ネット詳しいわよね。教えて欲しいことがあるの~」

 間延びしたような声が聞こえて、僕は顔を向けた。楓先輩は、ととととと、と駆けてきて、僕の横にちんまりと座る。先輩は、僕よりも背が低い。その少し低い位置から、僕をにこやかに見上げる。眼鏡の縁から覗くようなその仕草は、がんばっているといった感じで健気さを感じる。ああ、先輩は何て可愛らしいんだ。僕は、その姿に満足しながら声を返す。

「どうしたのですか、先輩。ネットで、初めての言葉を見つけたのですか?」
「そうなの。サカキくんは、ネットの玄人よね?」
「ええ。勝海舟が、幕末の重要人物として地位を築いたように、僕はネット社会で地歩を築きつつあります」
「そのサカキくんに、聞きたいことがあるの」
「何でしょうか?」

 先輩は、最近ノートパソコンをお父さんに買ってもらった。文芸部の原稿を、こつこつと書き溜めるためだ。先輩は、そのパソコンをネットに繋いだ。そこで、ネットの有象無象の世界に迷い込んだ。そのせいで、ネット初心者の楓先輩は、ずぶずぶとネットの罠にはまりつつあるのだ。

「ωヒュンって何?」

 先輩は、その言葉をオメガヒュンと呼んだ。
 えー、それは読み方が違います。僕はωについて考える。大文字でΩ、小文字でωは、ギリシャ文字の一つである。二十四個ある文字の中で最後のもの。そのため、最後を意味する言葉としても利用される。「私はアルファでありオメガである」このフレーズは、新約聖書のヨハネの黙示録に出てくる有名な言葉だ。そしてωは、物理学や数学などで多用される記号でもある。

 しかし、そんな歴史的経緯は、ネット社会ではあまり関係がない。このωは、その形の面白さから、アスキーアートの一部として多用されている。最もよく使われるのが口である。猫の鼻梁を思わせるその形から、そのものずばりの猫に使われたりする。また、マンガの可愛らしい表現として猫耳を付けるように、猫口にして可愛らしさを表現するのにも利用される。

 このωには、実はもう一つのアスキーアートとしての用法がある。それは、ふぐりである。オオイヌノフグリのふぐり。瑠璃唐草、天人唐草とも呼ばれるこの植物は、その形が犬の陰嚢に似ている。オオイヌノフグリは、その形から、大きい犬の金玉という名前で呼ばれている。ωという記号は、このふぐりの表現として使われるのだ。

 金玉がマンガの題材として使われることは多い。特に低年齢層向け少年マンガでは、その傾向が顕著である。月刊コロコロコミックにその傾向が強く、この雑誌には、かつて「超人キンタマン」という、そのものずばりの名前のマンガが連載されていた。また、地味だけど実力派のマンガ家である徳弘正也の「ジャングルの王者ターちゃん」では、主人公が金玉の皮で、ムササビのように空を飛ぶ。
 そういった金玉の系譜は、現在でも脈々と受け継がれている。ネットでも大人気の荒木飛呂彦によるマンガ「ジョジョリオン」では、主人公の睾丸が四つあることが明かされている。そして、主人公の金玉が、物語の鍵を握っているのだ。

 金玉というと、先ほど僕が楓先輩に語った勝海舟にも、金玉のエピソードがある。彼は九歳の頃に、狂犬に睾丸を噛まれて生死をさまよった。まさにタマヒュンもののエピソードである。そう。ωヒュンは、オメガヒュンではなく、タマヒュンと読む。このネットスラングは、ωという記号を使わずにタマヒュンと書くことも多い。

 僕は脳内で、様々なωな話を展開させる。しかし、そんなことを口に出して言えるはずがない。
「ωは金玉なんですよ。僕は金玉について、これだけ知っています。僕は、金玉マンガ研究家ですからね」そんなことを言った日には、僕の文芸部での地位は地に落ちる。墜落して、地中に潜り、地底人になり、人類に復讐を誓い、地上で大暴れして、科学特捜隊に倒されてしまう。
 そんなことを瞬時に考えながら、僕は楓先輩にどう説明するのか考える。

「楓先輩。その言葉は、オメガヒュンではなく、タマヒュンと読むのが正しいです」
「そうなの? なぜオメガをタマと読むの?」

 因果関係が分からない。そういった顔を先輩はする。僕は、その説明を避けるために、男性の生理について、楓先輩に語りだす。

「先輩。男性には、女性にはない、特別な感覚があります」
「えっ? それは、タマヒュンと関係がある話なの」

「ええ。大いに関係があります。女性の生物としての本体が、卵母細胞と卵巣であるように、男性の生物としての本体は、精母細胞と精巣になります。いわば、僕たちが本体だと思っている人間部分は、その卵巣や精巣を運ぶ、乗り物でしかないわけです。

 この男性の精巣は、そういった観点から男性の本体であり、急所となります。そして女性と違い、男性の精巣は、外部に露出した作りになっています。
 この男性の睾丸部分は、腹筋の一部が変容した精巣挙筋に覆われています。この筋肉を使うことで、男性は無意識のうちに睾丸を上下させているのです。この運動は、寒い時は睾丸を体に近付けて熱を確保し、熱い時は体から遠ざけて、熱を逃がすためだと言われています。

 この陰嚢の上下運動は、実は他のケースでも起きるのです。それは、人体に危機が迫った時です。脳が生命の危険を察知すると、体は急所を守るために、精巣を下腹部に収納しようとします。そのため男性は、恐怖を感じると睾丸が上がるという現象が起きます。
 実はタマヒュンとは、この現象を指し示しているのです」

 先輩は、想像しにくいのか、少し考え込むような顔をする。楓先輩には、金玉はない。あってたまるものか。あったら、僕は耽美なBLワールドにダイブしないといけない。そんな金玉のない楓先輩だから、その動きを想像するのは困難だろう。この難局を乗り切るには、どういったものがタマヒュンなのか、具体的に説明しなければならない。

「楓先輩。ネットでωヒュンと書かれる画像や動画には、だいたい二つのケースがあります。男性の生理機能を知らなくても、その対応を覚えておけばよいでしょう」
「分かったわ。そのケースを教えて」

 先輩は、僕の話を熱心に聞こうとする。僕は、勢いに乗って説明する。

「一つ目のケースは、高いところに登って、下を見下ろしているような画像や動画です。生命の危機を感じて、思わずすくみ上がります。そういった時に、男性はタマヒュン状態になるのです。このパターンが最も多いです。
 二つ目は、男性の生殖器に損害を与えるようなケースです。男性が、股に打撃を受けて悶絶するところを見たことはありますか? 男性は、そういったことを想像するだけでも、恐怖を感じるのです。そのため、急所が痛そうな画像や動画を見るだけで、タマヒュンしてしまうのです。
 そしてωは、この男性のクリティカルな場所に、形が似ていることから、タマという言葉の代わりに用いられる記号なのです」

 僕はωヒュンの説明を終えた。完璧だ。きっと先輩は僕のことを、医学的、生物学的に人体を考察する、高尚な人間だと思ったことだろう。よもや僕が、金玉マンガに精通しているなど、思いも寄らないはずだ。

「うーん。言いたいことは分かるのだけど、男性がどういったようにヒュンとなるか、ちょっとイメージできないわ」

 楓先輩は悩ましい顔をしている。そうですか。分かりませんか。僕の説明が不十分でしたか。それは困りました。僕の沽券に関わります。僕は、どうすれば先輩が、男性の睾丸の生理について理解できるかを考えた。

「仕方がありません。一肌脱ぎましょう。楓先輩! 僕がその様子を見せて差し上げます」

 僕は股間に手を近付ける。その様子を見た楓先輩が、驚いた猫のように、ふぎゃーっとなり、顔を真っ赤に染めた。

「サ、サカキくんの、エッチ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~!!」

 先輩はその声を残して、部室から飛び出していった。
 えー、あのー、自分で自分に打撃を加えて、悶絶してみせようとしたのですが。いや、楓先輩に蹴ってもらった方が適切だったか。……ああ。僕は、自分が変態紳士の思考に染まっていることに気付き、うな垂れた。

 それから三日ほど、楓先輩は僕を避け続けた。ωに操られている、男性という謎の生物。楓先輩は、どうやら僕のことを、そういった目で見ているようだった。仕方なく僕は、その三日間、自分のωを恨めしく思いながら過ごした。
気に入った方は 評価お気に入り感想 をいただけると嬉しいです。

続編:『三つ編み眼鏡の美少女さんがネットスラングに 二周目』(4/15 始まりました!)

新作:『【異世界召喚】モンスター鑑定士は笑えない【チートでハーレム】』(4/20 始まりました!)

関連作品:『三つ編み眼鏡ネットスラング:創作ノート』(創作情報や参考URL)

cont_access.php?citi_cont_id=556031833&s
小説家になろう 勝手にランキング
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ