挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
好奇心は吸血鬼をも殺す 作者:はちゃち

第一章 未知の世界

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

6/27

第五話

「その前に、先ほどシセイは寝ぼけていただろうから改めて名乗っておこう。リネーシャ・シベリシス。レスティア皇国というちんけな国の皇帝をしている」

「ちんけは余計よ?」

 リネーシャのその言葉に、真っ先にエルミリディナが噛み付く。
 だがそれは責めているわけではなく、日常会話における冗談やその延長、心知れた間柄のじゃれ合いのような印象を受けた。

 鼻で笑うような仕草だけ返すと、至誠に対して言葉を続ける。

「種族は吸血鬼で、三千年ほど生きている」

「えっ……」

 少女は自らを吸血鬼だと名乗る。それも、三千年以上生きていると。
 それほどの長生きな吸血鬼は映画や小説でも滅多に聞くことはないだろう。


 ――だが待って欲しい。


 吸血鬼などと言う生物は存在しない。それが至誠の常識であり、基本概念だ。

「どうかしたかね?」

 至誠の動揺を見て、そう興味深そうに口にする。

「い、いえ――吸血鬼って、あの吸血鬼ですか? 血を吸って仲間を増やし、日光や銀、十字架に弱いっていうあの吸血鬼、ですか?」

 至誠の問いかけにリネーシャはエルミリディナの方へ視線を向ける。

「日本にも吸血鬼がいたって事かしらぁ?」

 次に口を開いたのはエルミリディナだ。リネーシャは視線を向けたまま口を挟まず、エルミリディナの問いと至誠の返答に耳を傾けている。

「……いえ。えっと……いたっていうと語弊があります。伝説上の存在、あるいは空想上の存在と言ったら伝わりますか?」

「その伝説は周知されているような話なのかしら? シセイが特別に知っている事かしら」

「吸血鬼と言えば……そうですね。世界的にも有名ですし――伝説や伝承に興味がない人は除きますが――世間一般的な知名度としてはかなり高い伝承ですね。様々な娯楽作品の題材になってましたし」

「なるほどねぇ。でも特徴が少し違うわねぇ……。仲間を増やすってのはどういうことかしら?」

 吸血鬼と言っても作品によって特徴は様々だ。
 故に至誠は自身の記憶にある吸血鬼像が正しいものなのか自信は無い。それでもここで話の腰を折る気にはなれず、知っている範囲の知識で答えることにした。

「僕も詳しいわけではないですが、血を吸われた相手も吸血鬼になる――あ、いや、それは処女童貞だけだったかな。それ以外は屍食鬼(グール)という化け物になると聞いた事があります」

「あら、じゃあ私も吸血鬼になれるのかしらねぇ?」

 そうリネーシャに妖艶で意地悪な表情を向けている。

「なったところで今と何ら変わるまい」

 そうエルミリディナへ淡泊に返し、話を戻す。

「――シセイ、十字架とは磔台の解釈で合っているだろうか?」

「磔? ……ああ、はい。十字になった磔のことで、そこから縦と横に交差する模様――シンボルと言った方が正確かも知れません」

 そう空中に指を重ね合わせて十字を再現する。

「そのシンボルに弱いというのはなぜか知っているかね?」

「そうですね……吸血鬼が主にキリスト教圏の伝説なので、そこの宗教的な象徴である十字架が弱点として普及したんだと思います」

「なるほど。そのキリスト教というのはニホンにおける宗教か何かかね?」

「信仰している人もいましたけど、日本ではそこまで多くなかったと思います。ただ日本以外では非常に大きな宗教の一つでした。イエス・キリストという人物を祀っている宗教です。僕は無宗教だったのでそれ以上詳しいことは知らないですが」

 なるほど――とリネーシャが口にするが、いくつか疑問を飲み込んだように感じた。おそらくそれは、端から全ての事を問いかけると本筋から逸脱しすぎるからだろう。

「ラザネラ教みたいなものかしらねぇ」

「ラザネラ教……?」

 そんな最中に口を挟んだエルミリディナに至誠は首を傾げる。

「ラザネラって奴を崇める酔狂な宗教があるわぁ。世界の三割くらいの勢力を持ってて何かと面倒なのよねぇ」

「その話を始めると話が逸脱しすぎる。ひとまず至誠が無宗教であることを知れたので一旦置いておこう」

 そう告げ、リネーシャは吸血鬼の弱点についての話に戻す。

「日光に弱いのは確かだ。未熟な吸血鬼は光と熱に弱い。まぁ成熟すればたいてい問題なくなるが。――銀というのは金属の銀で間違いないかね?」

「どうなんでしょう……そこまでは分からないですが、吸血鬼を題材とした作品では、清められたり祈りを捧げられた銀だった気もします」

「銀、あるいはミスリルと言った辺りか」

「ミスリルは魔法との相性がいいからねぇ。まぁ……もし術式が未成熟なら弱点と呼べなくはないかしら?」

「もしくはそのキリスト教において重要な意味を持つ物質か、だな」


 そこまで言葉を漏らして、いやすまない――とリネーシャは肩をすくめながら謝罪を口にする。


「こういった話はつい我を忘れがちになる。本来の話の本筋は自己紹介だったな。ひとまずそこまで話を戻そう」



 そうエルミリディナの方へ視線を向け直し、言葉を続ける。

「こいつはエルミリディナ・レスティア。我がレスティア皇国の第一皇女だ。種族は人だが、不老不死を獲得した為に人の許容を遙かに超えている。化け物と紹介した方が良かったかね?」

「化け物筆頭のリネーシャには言われたくないわぁ。それに、どうせなら超越者って言って欲しいわねぇ。ま、私は千年ちょっとしか生きていないもの。リネーシャからしてみたらまだまだ子供みたいなものねぇ」


 三千年生きる吸血鬼の皇帝。
 千年生きる不老不死の皇女。

 ――まるでおとぎ話だ。

 それが至誠の率直な感想だった。

 改めてこれが夢なのではないかと脳裏に過ぎる。
 しかし、彼女らを捕らえる視覚も、耳に飛び込んでくる幼さを残す声音も、先ほど口にしたスープの味覚嗅覚も、食器を手にした触覚も夢とはとても思えない現実味ある感触だ。

 今はあらゆる可能性を考えつつ、それでも目の前の状況の変化を見逃すべきではないと至誠の心の中にある冷静さが訴えかけ、我に返る。

「どうした?」

 頭を落ち着かせるよう首を軽く振る仕草に、リネーシャが気付きそう問いかけてくる。

「ああいえ、吸血鬼や不老不死と言われて、ちょっと半信半疑というか――日本には実在してませんでしたので」

「なるほど、では魔女はいたかね?」

 そう、緩やかな腕の動きでテサロを指し示す。

「彼女はテサロ・リドレナ。種族は魔女で、年齢は……四〇〇歳程度だったか?」
「三九六歳に御座いますよ。まだまだ陛下に比べれば幼児で御座いましょう」

 そんな事はないぞ――とリネーシャの肩がわずかに上下し戯笑を浮かべる。

「――それで、魔女は日本にいただろうか?」

「いえ。魔女も聞いたことありますが、吸血鬼と同じで主にキリスト教圏で伝わる伝承の存在ですね」

「なるほど、またキリスト教か。そちらの話は後ほど改めて詳しく聞かせてくれ」

 そう今度は脱線せずに人物紹介へと話題を戻す。

「テサロは今回シセイの肉体的損傷を回復させるのに大いに活躍して貰った。同時にそれを補佐したのが彼女、リッチェ・リドレナだ」

「よろしく」

 リネーシャの紹介にあわせて淡泊な口調で至誠に投げかけ会釈する。

「テサロの娘で、彼女も魔女だ。まだまだ見習いではあるがね」

「今回無理をお願いして同行させて貰いました。陛下の寛容さに改めて感謝を」

 リネーシャに対しては深々と頭を下げる。


 外観だけで見るなら、年齢は彼女の方が年上に見える。
 しかし一見は子供だが、中身は悠久の時を生きる吸血鬼の皇帝。
 偽りがなければ確かに周りの物腰も腑に落ちる。


「さて、スワヴェルは戻ってきてからでもいいだろう。後はミグだな」

 そうリネーシャは至誠の方へ視線を向ける。いや、至誠の胸元辺りに視線は集中している。

「ミグ、状況報告を」

『離れても大丈夫なくらい良好ッス!』

 不意に聞こえた言葉は耳から感じた音ではない。まるで耳を塞いで自分の声を聞いたときのような、あるいは数多に直接響くような声をしている。

『ただまぁ、念のために核はこっちに残しますんで、陛下に預けてる方を返して貰ってもいいッスか?』

「ああ。生体構成に必要な分も一緒に持っていけ」

『了解ッス!』

 そう会話が収束すると、至誠から見て奥の腕をリネーシャは軽く握りながら椅子の横へと向ける。


 その拳の隙間からドッとあふれ出したのは赤黒い液体だ。


 それが肉体から流れ始めたために至誠は血だと直感する。
 びっくりして椅子から立ち上がり半歩後ろに下がりかけたところで、エルミリディナに両肩を抑えられる。

「大丈夫よぉ。安心して?」

 至誠の気づかないうちに彼女も立ち上がり、そう耳元で囁きながら。
 明らかな身長差を埋めるように、エルミリディナの足下は床を離れ浮遊している。しかしそれに至誠は気付かず、視線は止めどなく溢れる血糊に集中する。

 明らかにその小さな体よりも多い体積の血液量が溢れるが、リネーシャの表情に曇り一つない。まるでその出血が何事もないのだと言わんばかりに。


「ん~あ~っ」


 直後に聞こえてきたのはそんな若い女性の声だ。それが先ほど聞こえてきた頭に響いた声と同一であることをすぐに認識した。

 声の主は、ドロドロとした血液をまるでスライムのようにうねらせ、肉体らしき部分が形成する。人の筋肉形状を模すように生成され、顔もまた人と違わない造形を成す。だが皮膚は見当たらず、全てが血液の様相だ。


「いや~、今回うち一番頑張りましたよね~陛下ぁ~」

「そうだな、お前がいなければ蘇生の確率が下がっていただろう」

「でしょでしょ~? 帰ったらご褒美の話、進めちゃいますね~」

「そうだな。例の予算の件なら考慮しよう」

「いぃやっほぅ」

 猛烈な速度で人体の形状を成した血液はそんな歓喜の声を上げながらガッツポーズを掲げていた。

 体格は二十代前半ほどの女性。豊満な胸や引き締まった体格、髪の先端に至るまで表面が赤黒い血液で流動している。

 リネーシャの拳から血液が漏れ出さなくなると、ミグはその背後をぺちゃぺちゃと通り至誠の目の前まで歩み寄ってくる。

「いや~、こういう外観してると、初めての人はびっくりしちゃうよね~」

 毎度のことだと言わんばかりの慣れた口調で至誠に話しかけてくる。

「私はミグ・レキャリシアル。流血鬼っていう種族なんだけど、結構希少種っぽくってあんまり知名度ないんだよね。でもま、取って食べたりしないからよろしく!」

 そういいつつ、左腕で握手を求めてくる。
 至誠は驚愕から思考が停止していた。その間にエルミリディナが皮肉交じりに指摘する。

「驚いたのは貴女の外見じゃなくてぇ、いきなり全裸で握手を求める変態さについてじゃないかしらぁ?」

「あっ、しまった! いや~潜ってると服装を気にしなくていいからつい忘れちゃうんだよね~」

 そう大きくリアクションをとりつつ辺りを見渡すが、どうも羞恥心を感じているようには見えない。

 直後、ミグの体の表面が黒く変色していく。
 それは大規模な凝血と表現するのがもっとも近い。

 まるで肌インナーでも着ているかのように胴体が黒く変色し終える。


「ま、とりあえずこれでいッスよね」

「それは服じゃないって結論は出てたはずだけどねぇ。まぁいいわぁ」

 エルミリディナが薄笑いを浮かべつつ、肩をすくめ諦めた口振りで呟く。

「では話を情報交換へ移そう」

 見計らったようにリネーシャがそう話題を進める。

「シセイからしてみたら、吸血鬼も不老不死も魔女も架空の存在。あるいは未知の存在という認識。反応を見るに、流血鬼も同様のようだな」

「えっと――いえ、その流血、鬼? の事は知らないです。吸血鬼と似たような……感じなんですか?」

「諸説あるが吸血鬼がさらに進化した種が流血鬼であると言われている。肉体の大部分を血液のみで構成できる」


「いや~、こっちの方が仮に種として進化してるとしても、個としては陛下には手も足も出ないッス!」

 そう謙譲の美徳だと言わんばかりに誇らしげな顔をしながらミグが口を挟むが、リネーシャは容赦なく話題を戻す。。

「聞き方を変えよう、シセイ。種族は人かね?」

「えっと、はい。そうだと思います。『人』の定義にもよりますが」

 吸血鬼や魔女がいる世界での人の定義と、日本における人の定義同一とは思えなかった。故に、そう補足を付け足した。
 ではその辺りを少し話そう――と、応えるようにリネーシャが説明を始める。

「君を蘇生する際に肉体を調べたが、人の特徴と相違ない。ただ一点を除いては」

「……それは?」

「オドに対する反応が一切ない」

「――オド?」

 オドと言えば、アニメやゲームでよく使われているファンタジー的なエネルギー物質の印象を覚える。

「オドとは大気中に存在している物質で、体内に取り込まれると様々な悪影響を及ぼす。理解が難しいならば毒のような存在を思い浮かべて貰えばいい」

 大気中の汚染物質のようなイメージを浮かべる。至誠の住んでいた九州地方は中国からの汚染物質だの黄砂だのがよく飛来していた為だ。

「これは人も吸血鬼も、人類に分類される全ての種族が有害な反応を示す」

「吸血鬼も、人類なんですか?」

「定義上はそうだ。人から進化、あるいは変異した種族は四つに大別される。鬼人、魔人、獣人、亜人だ。吸血鬼は鬼人系統、魔女は魔人系統からさらに細分化した種族だ。故に人は別名、純人や始祖人とも呼ばれる」

 至誠の中の吸血鬼や魔女は、人とは違う化け物のイメージを持っていた。だが、彼女らの定義によれば、人の進化の延長線上にいるらしい。

「人を含め人から枝分かれした種族は全てオドの影響を受ける。だが人体に悪影響が及ぶよりも早く分解する。その機能が生まれながらに備わっている」

 大気中には見えないだけで病原菌が浮遊している。
 だが日常においては体内に侵入されたとしても、白血球などの体に備わった免疫力によって症状が出ることは少ない。

「ごく希にオドの分解不全の症状を持って生まれる者もいる。だがその多くが赤子で死に至り、残りも他者の介助でオドを分解してもらう必要がある」

「つまり、僕もこのままだと死ぬって事ですか?」

 その懸念が不安を一気に増長するのを自覚したが、そうではないと即座に否定してくれる。

「そもそもオドによる悪影響を受けていないようだ。我々と同様にオドが吸収されているが、それらは蓄積されるのみで、なぜ人体に影響が及ばないのかは全くの謎だ」

 驚喜と語るリネーシャは実に満ち足りた表情をしている。

「逆に言えば、魔法も鬼道も使えないって事なんだけどねぇ」

 逆にエルミリディナは残念そうにそう漏らす。

「えっと、鬼道というのは?」

 魔法ならばなんとなくイメージがつく。
 主に漫画やゲームの影響だが。
 鬼道という特殊能力の漫画もあった気がするが、魔法に比べてどうもネームバリューは低い。

「ニホンには存在してなかったかしらぁ?」

「はい、魔法も空想の産物で実在しているのは聞いた事がないです」

「魔法と鬼道は様々な事象を作為(さくい)するために体系化した学問――と言えば伝わるかしら?」

 至誠が首を傾げていると、リネーシャが補足を入れる。


「戦争から日常生活にまで幅広く用いられる存在だ。言葉で説明するのは難しいが、鬼道と魔法は似た力だ。それらはオドの分解時に生成される『マナ』や『エス』が必要で、それがない至誠には使うことが出来ないだろう――という話だ。だが少なくとも、それ以外は人と同じだ。鬼人種のように角や牙があるわけでも、魔人種のように魔臓があるわけでもない」


 今はとりあえず、それらが使えないことだけを覚えておけばいい――との口調でリネーシャは話題を先へ進める。

「それよりも確認したいのは、ニホンに『人以外の種族』が居たか――という点だ。挙げる数が多い場合は有名どころに絞って貰っても構わない」

「えっと。その『人以外の種族』の定義ってのは、さっきの人から派生した種族のような――ということですか?」

 リネーシャが肯定し、問いかけに犬や猫などの動物が含まれないことを理解した。

「そうですね……それだと、人だけ、ですね」

 その問いかけにもっとも近い動物として、チンパンジーやゴリラなどの類人猿が挙げられる。だがその知能指数はまるで違う。

 彼女の問いかけは『人に進化した種』ではない。『人から進化した種』の話だ。
 ならば、人以外に存在しないと答えるのが最も適切だと至誠は考えた。

「なるほど」

 だが人以外に居なかったという回答は非常にリネーシャの表情を綻ばせながら言葉を続ける。

「ニホン以外にも国があったような口振りだったが、もしそうなら他国はどうだ?」

「いえ、聞いたことはないです。神話や伝説でそういう話はたくさんありましたけど、実在しているのは聞いた事がないです」


「まさか――」


 エルミリディナが何かを考えついたらしく、唖然とした表情で不意に言葉を漏らす。


「暗黒時代の住人ってことかしら?」


 現在進行形で考えを巡らせているらしく、少し詰まらせながら提唱する。

 周囲はその成り行きを見守るように視線を向けていたが、リネーシャだけが唯一同調した。


「符合点は多いな」


 リネーシャとエルミリディナの視線が至誠で交差する。
 さらに横で見ていたテサロやリッチェ、ミグも驚愕の表情を浮かべ、視線が至誠に集中する。

「えっと、その暗黒時代というのは?」

 自分に降りかかったこの事態の事が少しでも分かりたいと、焦りを零しながら至誠は問いかける。

「あくまで一つの仮説だが、説明が難しいな。……だが、そうだな……。シセイでも理解出来るよう、かいつまんで説明しよう」


 そう再びリネーシャは足を組み直して語り出す。


「これは神話や伝説・伝承類いの話だ。曰く、この世界は過去に二度、滅びている」
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ