挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
好奇心は吸血鬼をも殺す 作者:はちゃち

第一章 未知の世界

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

4/27

第三話

 夏の蒸し暑い熱気が部屋を駆け抜ける。

 都会ほどアスファルトの比率も少なく、まだ木陰が多く存在する田舎だが、風鈴と扇風機による効果は限定的だ。


 それでも額に汗をしながらも、限られた夏休みを今日も友人達と謳歌する。

「おーい、至誠。至誠!」

 ぼんやりとした頭にそんな友人の声が届く。

「ん?」

 ふと我に返ると、今日集まった六人のプレイヤーが至誠の方を見ている。

「……ああ! ごめん、ちょっとぼーっとしてた」

「頼むぜキーパー」

「えっと、どこからだっけ……。ああ、ここのロール処理がまだだったね――」

 有り触れた日常。

 休日に友達と集まってわいわいと遊ぶ。それだけの充実した時間。テレビゲームだけに限らず、ボードゲームやカードゲームにも興じる。

 特に最近人気なのがTRPGテーブルトークロールプレイングゲームだ。定められた道筋を辿るだけのデジタルのRPGロールプレイングゲームには不可能な自由な選択肢や行動は、時に予測不可能な展開を迎えたりする。

 プレイヤーである友人には生粋のゲームオタクも居れば、勉強が出来る奴もいる。無口なのも居れば、マイペースな奴もいる。モテる奴に、喧嘩が強い半分不良みたいな奴もいる。だからこそ、それぞれが全く違った行動に出る。だからこそ大いに盛り上がる。

 最近はよくキーパーをしている。
 プレイヤーも楽しいが、キーパーは自分の性に合っている気がしていた。実際にやっていると、個性的な友人達をまとめるのはなかなかに大変だ。

 他がキーパーをやると途中でシナリオが崩壊したり、収拾が付かなくなったりすることも多い。

 姉と妹に挟まれたせいか、小さい頃から間を取り持ったり仲介するのが得意だった。そのため、この夏でキーパーをやることがすっかり定着してきている。


 それで今日はこのシナリオで――


 ――あれ?



 ――今日は何のシナリオをやってるんだっけ?


 ――どこまで何をやったんだっけ?



 ――あれ、僕は……






 ふと重力を感じた。同時に意識が現実に引き戻され、まぶたが開かれる。

「お目覚めですか?」


 ――夢?


 テサロと呼ばれていた老女はいち早く目覚めに気付き、奥ゆかしく声をかけていく。至誠はゆっくりと、だが問題なく自らの上体を起こし辺りを見渡す。


 ――こっちが現実、か。


 真っ先に脳裏を過ぎったのは、そんな落胆だった。

 もしかしたら夢が覚めて有り触れた日常に戻るのではないか――そんな淡い期待があったのは間違いなかったからだ。

「……いつの間に寝てたんだろう」

 そう寝ぼけ眼を手でこすりつつ、現実に目を向けそう呟く。

「半日ほど眠られてましたよ」

 独り言のつもりで漏らした言葉に、テサロは優しく答えてくれる。

「えっ、そんなにですか?」

 はい――としわくちゃな顔を破顔させつつ、テサロは視線を部屋の反対側に居たスワヴェルディへ向ける。

「スワヴェルディさん、白湯をお願いします」

「承りました」

 彼は部屋の端にある台所のような一角へ赴き、すぐに白湯を入れ寄ってくる。

「どうぞ」

 白湯を飲もうと上体を起こし陶器のコップを受け取る。

 拍子に至誠は体が軽くなっていることに気がついた。震えることもない。力も十分に込められる。

 違和感のない事に、逆に違和感を感じてしまう。

「だいぶ回復されたようですね」

 完治まであと半日程――眠りに落ちる前に、そんな会話があったのを思い出す。

「もう大丈夫、なんでしょうか」

 白湯を飲み干すと、自分の体へ視線を落としながら体に違和感がないかを確認する。

「はい。肉体の損傷は問題ないはずですよ。意識もはっきりしている様子です。ですが念のため確認致しましょう。立って頂いてもよろしいですか?」

 差し出された手に引かれ、至誠はベッドの横に足を下ろす。
 すぐに腰に力を入れて立ち上がるが、自らの体に違和感は感じられず、強いて言うなれば寝過ぎた時の気怠さを感じる程度だった。

 いや、違和感なら別の所にある。
 服装だ。身に覚えのない服を着ている。

 上着は薄手のタートルネックのようだが、やや小さいのかぴっちりしている。肌触りはシルクのように心地よいが、表面はざらざらとして包帯を巻き付けたようなデザインをしている。色は濃い灰色で、他に特徴的な形状はない。

 ズボンは上着に比べればゆったりとした形状をしているが、ベルトが腰回りだけでなく足の方まで何本も付いている。その先端は金属製のようだが、至誠の知るベルトのどれとも一致しなかった。接続面は足の内側に付いている為に動いた際に小さくこすれ合う音が鳴る。

 靴や靴下は履いておらず、素足が床のひんやりとした温度を認識する。

「少々失礼しますね」

 そうテサロは壁に立てかけてあった杖を手にすると、その身の丈以上の杖の先端をこちらにそっと向ける。

 その杖は体の支えの為の杖ではないようだ。
 改めて見ても、老人が持つ杖よりも明らかに長く、仰々しい程までの装飾が成されている。それはまるでゲームで登場する魔法の杖のように。

 そう思っていると、杖の先に図形のような陣のような光源が現れる。
 魔法陣と呼ぶべきかもしれないそれは、至誠の目の前で回転し変形している。

 間髪を入れず、まるで土星の円環のような光源が至誠の周りに出現したかと思うと、頭の頭頂部から足先に一定の速度で降下する。
 まるでCTスキャンを可視化したかのように思えるそれは、至誠の体を上下に往復すると、元から存在していなかったかのように霧散し消えた。

「問題は無さそうですね。試しに軽く歩いてもらってもよろしいですか?」

 まるで現状が分からなかったが、何か別にやるべき事や出来る事があるわけでもなく、彼女の言葉通りに軽く壁に向かって歩いてみる。

 その中で考えるのは、最初に見た不思議な装飾や光景はやはり夢ではなかった――との再認識だ。魔法と呼ぶのが最も腑に落ちる現象だが、至誠の常識がそれを阻む。

 慣れない服装でぎこちなかったが、服自体の肌触りは良かったのですぐに慣れた。

 十数歩進むと壁に到達する。壁は木材でもコンクリート製でもなく、まるで自然の岩を削り取ったような荒々しい状態だ。だが研磨されているのか、触れてみるとつるつるとしている。

「ありがとうございます」

 テサロは笑みと共に述べると、すぐにスワヴェルディの方へ視線を向ける。

「食事に致しましょう。支度をお願いしてもよろしいでしょうか?」

「はい。承りました」

 そんな誠実さあふれる返事と共に、スワヴェルディは間を置くことなく踵を返し部屋から出て行く。

「こちらでは少々野暮ですので、別の部屋に致しましょう。こちらへ」

 テサロは至誠に近づくと、そう手を差し伸べる。

「あの、ここは――いえ、何故――」

 何故こんな所に居るのか。ここは何処なのか。そもそも何故急に言葉が通じるようになったのか。先ほどの光は一体何なのか。
 何から口にすべきか混乱し言葉を窮していると、テサロがゆったりとした動作で至誠の方へ一歩踏み込み至誠の頬へそっと触れる。

「不安や戸惑い、恐怖もある事でしょう」

 しわくちゃな人肌から温もりが伝わってくる。その手は祖母を思い出すゆかしい暖かみで、混乱があふれそうになる至誠の思考を落ち着かせる。

「私どももなぜ貴方がここに居るのかまだ分かっていません。しかし、瀕死の状態から命を取り留め回復しました。まずはその事を喜びましょう」

 事情が分からないのはお互い様だ。改めてその事を自覚し、テサロに問い詰めても仕方のないことを理解する。

 至誠の表情が落ち着きを取り戻したのを見て、テサロは穏和に破顔しつつ一つの提案を口にする。

「空腹は思考を悪い方へ傾けます。まずはお食事にしましょう。お腹が満たされれば、多少なりとも心も満たされます」

 焦りは禁物――そう言っているかのようだった。

 脳裏に過ぎったのは祖父がよく使っていた諺だ。
 ――急いては事を仕損じる。

「はい」

 至誠は落ち着いた口調で同意し、そのしわくちゃな手を取った。



 木製の片開きな扉を手前に引くと、その先には非常階段のような階段が長く上に続いていた。だがそれらはコンクリート製でも鉄筋製でもない。この足場も岩肌を直接削って出来たかのような石階段だ。手すりはなく、トンネルのように均等に並んだ天井の光源が淡く足下を照らしていた。

 テサロの手にひかれ、至誠もその石階段を上る。

 数十段上ると、再び扉が見えてくる。無骨な金属製の扉だった。
 いかにも重厚そうな扉は見かけに反し、テサロが軽く触れるとまるで自動ドアかのように奥へと開いた。

 トンネルのような石階段を抜けると、壁に蝋燭台が均等に挿げ付けられた廊下に出る。床は研磨された石畳。その上に深紅の絨毯がひかれ廊下を通り抜けている。壁は石レンガが積み上げられて作られており、一見すると中世ヨーロッパの古城のような風情だった。

 扉が閉まる音に反応し思わず至誠は振り返った。
 自動ドアのように勝手に閉まった扉に思わず息をのんだ。
 その扉には不気味な紋様と見たことのない文字が記され、それが扉を中心に壁に浸食するかのように伸びている。

 その何れにも知っている部位はなかったが、扉の中央に鎮座しているひときわ大きな模様は、まるで閉じられた瞳のようだった。

「あちらに食事の取れる円卓がございます」

 さらにテサロに手を引かれ、廊下を渡りいくつかの分岐を抜け扉の前に到着した。

 再び不気味な紋様に出迎えられるかと内心予想していたがそのような事はなかった。普通、とは言い難い。だが不気味さはなく、装飾され高級感すら感じる両開きの扉だ。

 扉を開け中を見渡す。

 廊下と同様に石レンガ作りの壁に石畳の床。壁沿いの設置された蝋燭台もその部屋を照らしていたが、何より中央に付けられたシャンデリアの様に装飾された光源が部屋を明るく照らし出している。だが蝋燭では無い。かといって電球やLEDとも違う。光を放つ鉱石の様なもので装飾されている。

 床には高そうな毛皮が敷かれ、部屋中央に十数人座れそうな円卓が鎮座している。
 そこはただの部屋ではなく、迎賓室と表現した方が的確だろう。

 そんな光景に見とれているとテサロに円卓の近くまで手を引かれる。不意に手が離れたかと思うと、椅子を引き座ることを促してくる。

「それでは私はこれより皆様方を呼んで参ります故、少々離席致します。何か必要な物がありましたら、まもなくスワヴェルディさんが来られると思いますので彼の方に言いつけ下さい」

 座るのを確認するとテサロは一礼をし、年を思わせぬ軽い足取りで出て行った。



 至誠は一人だだっ広い迎賓室に取り残される。

 今一度改めて辺りを見渡す。壁には豪華に縁取られた絵画や装飾が並ぶ。窓はいっさい見当たらない。

 ある一角に、中世ヨーロッパを彷彿とさせる様な鎧や甲冑が何体か立っていた。
 至誠は西洋の武具に詳しくはない。せいぜいゲームや漫画で見知っている程度の知識だ。TRPGのシナリオを作る際に調べてかじった程度だ。

 そんな偏った知識だったが、わずかに違和感を覚える。

 人の体型に合うように造られている事は間違いないのだろうが、脚部が人の脚の形状と違う。これではまともに動けないのではないか――そんな印象を受けた。

 しかし装飾用ならば問題ない様子で、人形の木枠に設置され動く気配はない。

 その横には額に飾られた剣のような武器らしき代物も飾られている。サーベル状の曲がった剣が多い。その平地には文字らしき模様が刻まれていたが、読むことはできなかった。

 他に書架が並んだ一画があった。その様相も古めかしい印象を受ける。

 その背表紙が気になった。小さな文字を見ようと目をこらしてみる。視力には自信があった。何せ覚えている限り視力検査で2.0を下回ったことがない。その至誠の視力を持ってすると離れたところからでも背表紙に書かれた文字を見ることは容易だった。

 だがその何れもまるで見覚えが無い文字ばかりだ。

 椅子から立ち上がり、その書架へ近づいてみる。

 改めて見ても全く知らない文字だった。丸みを帯びた文字はいったい何を意味しているのか皆目理解出来ない。

 日本語ではないのは当然として、英語や類似したヨーロッパ諸国の文字も見当たらない。ロシア語は詳しくないが、顔文字に使えそうな文字が一切見当たらない為にそれらの言語でもない気がする。

 試しに何冊か手にとって見るが、当然のように本文も解らない文字だらけだった。

 深く考えると不安を増長するだけにしかならないと思った至誠は考えるのを止め書籍を元の位置に戻し、視線を周囲に散らす。

 すぐ近くの額に地図のような物があった。

 歩み寄ってみるとゲームに使われる様な古地図が二種類飾られている。

 そこに書かれた文字も同様に理解できない。それでも、もしかしたら地図の地形と記憶にある地理が符合するかも知れない。そうよく観察してみる。

 右が大きい縮尺の地図のようだ。
 そのシルエットが左の地図に小さく描かれている。

 ――だとすると右は都道府県のような地図だろうか。ならば左の地図は国内の地図かもしれない。仮にそうだとすると、この地域は国の真北に位置にしているようだ。

 左の地図は中央に大きな湖らしき図があり、その周りを陸地が続いている。
 だが、地図の端、陸地の端は何故かデフォルメされた雲で覆われ、見ることは叶わなかった。その理由はいくつか考えられるが、再び考えるのを止める。

 ――テサロの言うとおり、空腹は悪い方に思考が偏るのかも知れない。

 そんな懸念から視線を円卓に向ける。

 ――おとなしく席で待っていよう。

 そう結論づけ踵を返した直後、床に乱雑に積み上げられた書物がある事に気付いた。しかし視線が引き寄せられたのはその隣のある物だ。

「これは――」

 まるで時代劇のドラマや漫画の中で見るような代物がそこに存在していた。


 日本刀だ。


 鎧もサーベル剣も馴染みのない中に日本文化の一端がある事で至誠に少しばかりの安堵感を覚える。

 至誠は日本人だが日本刀を扱ったことがない。
 日本刀と言えば、時代劇の小道具かゲームや漫画で使われる武器の一つくらいの認識だった。

 だがなぜだろうか。安堵感を抱いたのだが、それ以上にそれに触れたいという欲求が心の奥底に芽生えていた。


 ――これは日本刀だが自分の所有物ではない。


 ――勝手に扱うのははばかられる。


 そう頭で理解していた。

 だが同時に、少しだけでもそれに触れる事が心の平穏に繋がるように思えて仕方がなかった



 至誠は唾を飲み込むと、恐る恐るそれに手を伸ばす。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ