挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
好奇心は吸血鬼をも殺す 作者:はちゃち

第一章 未知の世界

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

3/27

第二話

 程なくして少女は木製のコップを手に戻ってくる。
 取っ手はなく、木をくり抜いただけの簡素なコップながら綺麗な木目が印象的だ。

「さて、そろそろ言葉が出せる頃合いだろう」

 直後のそれは言葉という程度のものではなかったが、僅かに喉が音を発し始める。

 咳払いを交え何度か試みると、しばらくして言葉を発する事が叶った。

「こ、ここは?」

「ヴァルシウル王国領内のザマーゾエロギ山脈の麓だ」

 言葉による疎通は出来た。
 だがリネーシャの口にした単語に聞き覚えがない。
 会話の流れとして固有名詞であることは理解出来たが、『ここはどこか』の疑問に対して納得し理解できる回答ではなかった。

 そんな心境が顔に出ていたのか、至誠がさらなる疑問を口にするよりも早くリネーシャが言葉を続ける。

「心当たりがないならそれでも構わない。君はどこから来た? こちらの知っている場所であれば相対的に地理が説明出来るやもしれない」

「えっと――」

 住所は覚えていた。だが、リネーシャその容姿からそもそも日本ではないようだ。ヴァルシウル王国という国家は記憶にない。

 そもそもなぜ流暢な日本語を口に出来ているかという疑問がある。だが逆に言えば、日本語を口にしていると言う事は日本を知っていると言う事だろう。

「日本、です」

 そう考え都道府県を省き国名を答えるが、リネーシャは思考を巡らせるように目を細める。

「ニホン――。ふむ」

 少し記憶を手繰るように視線を上げ、顎をかるく指でなぞる。

「それは国名かね? 都市名、地域名、あるいはそれ以外の固有名詞だろうか?」

 心当たりがない。
 そんな意味を含んだ問いかけに、至誠の動揺が大きく振れる。

「日本は、国名です。アジアの東にある島国です――」

 そう説明するが、先ほどと変わらず心当たりはない様子で、残念そうに答える。

「ニホンと言う国も、アジアという国も聞いたことがないな」

 少女が嘘をついているようには感じなかったが、信じられない言葉の返しに自信は無かった。


 ――日本はおろか、アジアも知らない?


 この状況をどのように飲み込めばいいのか分からない。大人びているために忘れそうになるが、リネーシャは少女だ。外国の小学生ほどの少女が地理に詳しくなくても仕方が無い。

 だが、横に居た老婆も知らないのか話に入ってこない。

 嘘をついている、もしくははぐらかしている可能性もあるだろう。だがかといってそれを証明する事が出来なければ自体は何の進展もない。

「この話は後に回そう。まずは名前を聞かせて貰いたい。名前という文化がなければそう答えてくれれば構わない」

 不安が募るが、ひとまずは自分を落ち着かせる為にも新しい質問に答える。

「加々良至誠です」

「カガラシセイ――か。ニホンには姓名の文化はあるかね?」

「えっと――加々良が苗字です」

「なるほど。ではシセイと呼ばせてもらおう」

 リネーシャが白湯の入ったコップを差し出してくる。

「ではシセイ、まずは喉を潤すといい。それだけ喋れるのであれば問題ないはずだ」

 初対面の人に対しては苗字で呼ぶのが至誠の感覚だったが、彼女は違うのだと理解する。その感覚は西洋諸国でも変わらないと思っていたが、至誠の思い違いか、あるいは少女故なのか。それともここが西洋諸国ではないと言う事なのか。

 嫌な推察を払いのけるように至誠はコップを受け取る為に起き上がろうとする。
 しかし上体を起こせるほど回復していないらしく、思ったように起き上がれない。

「まだ難しそうだな」

 気を配るようにリネーシャは片手を至誠の背中に忍ばせる。子供の腕では難しいと思ったが、難なく上体が持ち上がった。
 リネーシャは決して力を込めているような素振りには見えなかった。それでも至誠の背中を強く押し上げた事に違和感を感じた。

「持てるか?」

 ともかくコップを掴もうと手を動かそうと試みる。
 かろうじて動かすことは出来たが、うまく手に力が入らず震えが混じる。

「難しいようだ。飲ませてやろう」

 リネーシャに背中を支えられコップを持ってもらい、そこまで介助されようやく至誠の口に白湯が届く。

 人肌温度の白湯が入っていた。

 熱くも冷たくもないそれは、ストレス無く喉を通過する。
 幼少の頃。高熱が出た際に祖母から同じように飲ませてもらった記憶が至誠の脳裏に過ぎった。

「無理に飲む必要はないぞ」

 何度かこぼしそうになりながらも、かろうじて飲むことが出来た。

「よし、だいぶ飲めたな」

 そう言われる最中にも、体に少しずつ力が戻ってくる感覚があった。

「リッチェ、状況に変化は?」

「問題ありません。食道、胃、その他正常に反応を示しています」

「テサロ、進捗は?」

「肉体としての回復は九割ほど。完全に回復を終えるのは後半日はかかるかと」

 体は確かに回復しつつあった。
 痺れた末端が少しずつ意志を受け付けてきている。

「――あの」

 だからこそ、少し余裕の出てきた思考は、まるで分からないこの状況の早期把握を求めていた。

「えっと、ここは……ロシアとかです、か? それともヨーロッパですか?」

 ここは日本ではない。そして彼女達は日本もアジアも知らない。そんな中先ほど聞こえた固有名詞がロシア語かもしれないとの疑念からそう問いかける。さらに問いかける範囲をヨーロッパにまで広げた。

 これでどこかしら伝わるだろうと考えてのことだ。

「ふむ……。何れも聞いたことのない名称だな」

 えっ――と至誠は思わず言葉を詰まらせた。

 ヨーロッパやロシアを知らないと言うことがあるのだろうか? 世界には独裁国家がまだあるし、情報統制されている国なのだろうか。

 そもそもの話、日本から出たことがないはずなのに、どうしてここに居るのだろう。大昔に漂流し外国に流れ着いた日本人の話は知っている。そのような経験を今しているのだろうか。

 そんな至誠の怪訝な思慮が表情に出ていたのか、リネーシャに諭される。

「――シセイ、戸惑いはあるだろうが、焦る必要はない。今は体の回復を行う事が先決だろう。もっとも、山場はすでに越えた。安心していい」

「体……あの、なんで――」

 なぜ治療が必要な事態になっているのか。それも現在地と並び立つ大きな不安要素の一つだ。

 リネーシャは考える仕草を見せる。どうしたものか――そんな面持ちだ。
 だが一拍おいて視線を戻し、事情を教えてくれる。

「君は地中深くで見つかった。仮死状態で劇慟硝石(げきどうしょうせき)――そうだな、分かりやすく表現するなら地下深くの氷層に閉じ込められている形で発見された。肉体が酷く損傷していたが、幸い頭部に傷はほとんどなく、蘇生治療が辛うじて間に合う状態だった」

 ――地中深くで仮死状態だった? いったいなぜ?

 疑問は湯水の如くあふれ始めるが、リネーシャの言葉が先に続く。

「なぜそこにいたのかは、むしろ我々の方が聞きたい事だ。だが君はまだ完治している訳ではない。詳しい状況の確認はまた後ほど改めて行う事としたい」

 ――それで今は納得してくれ。

 そんな意味を含ませている口調だった。

 それで分かりましたと素直に返事が返せるほどの余裕が今の至誠にはない。
 だがリネーシャの言動は決して敵対的でもなく、蠱惑的でもなく、そこに悪意は感じられない。詳しい確認は後回しにするのは至誠自身のためもある。

 そこに偽りはないと至誠は感じる。

 だからこそ、興奮し取り乱したりせずに済んでいるのかもしれない。そう理解はするが、やはり不安は決して拭えないほど大きいものだ。


 これ以上の疑問をぶつけるべきではないかと葛藤していると、部屋の奥にある扉が開き、少し前に出て行った男性が戻ってくる。

「陛下、お食事をお持ちいたしました」

 その男性の服装はスーツにもタキシードにも似て非なる様相だが、いかにも正装との雰囲気だ。髪は男にしては長いが、決してロン毛というほどではない。体格は服で隠れているが細身である事は理解出来た。身長は一八〇センチメートル強だろうか。

 リネーシャと比べると大人と子供だ。

 その男は――確か、スワヴェルディと呼ばれていた。と至誠は思い出す。
 彼はパンとシチューの様な白いスープを銀の器に入れてリネーシャに差し出す。

「まだ固形物は少しきついかもしれんな」

 リネーシャの言葉に深々とスワヴェルディは頭を下げる。

「では粥をお持ちしましょう。只今作り直して参ります」

「いや、必要ない」

 そう言うとパンを一口大に手でちぎるとスープにひたして自らの口に運ぶ。
 少しの間租借すると、前触れなく至誠の顎に手をやり、口を開かせる。

「――!?」

 リネーシャを経由し口移しで至誠の口の中へ。
 待って欲しいと声を上げようとしたが、すでに口はふさがれ、抵抗するだけの力も残っていなかった。

「よし、飲み込めたな」

 飲み込むまで口をふさがれては至誠に選択肢などなかった。

 リネーシャは少女とは思えないほど力が強い。外観は華奢な少女のどこからそんな力が出ているのか不思議だったが、それ以上に自分が抵抗するだけの回復をしていないのだと理解した。

 そうやって考えることで、平静さを取り戻そうとした。

「今回は一口で様子をみよう」

 リネーシャは残飯をスワヴェルディに渡すと下げるようにしぐさを送る。

「血圧、心拍とも上昇。ちょっと急激すぎるかも」

 足下に居る高校生くらいの年齢の女子が冷静に告げる。先ほどリッチェと呼ばれていた女子だ。

「欲情できるならもう大丈夫だろう」

 リネーシャがそう冗談めかして零すと、呆れたような白々しい口調がリッチェから帰ってくる。

「いえ、単に驚いただけかと」

「どちらの仮説が正しいか検証は簡単だ。リッチェが試しに脱げばいい」

 そう笑みを浮かべながら提案するリネーシャに対し、リッチェは端的に返す。

「拒否します」

 即否定する彼女は、特徴的な緑色の髪色をしている。緑の基調に、赤や黄、紫に変化する輝きは玉虫色のようだ。
 年は至誠と同じ高校生くらいだろうか。
 体はやや華奢だが胸は豊満で、見慣れない仕立ての服装をしているが装飾のちりばめられたローブはファンタジー世界の着衣の様な印象を受けた。
 その手にした身の丈以上の杖はテサロと呼ばれていた老婆の手にした代物と似ている気がする。

 口移しされるという驚きが収束し始めた頃、リネーシャが再度口を開き諭すように至誠に声をかける。

「焦る必要はない。君がどこから来たのであっても、我々は歓迎する。治療と、衣食住の面倒はこちらで見よう。その点は心配ない。今は治療に専念するがいい」

 少女の台詞とは思えない。少なくもそれを言えるだけの立場に居るのだと推測できた。そして、彼女からは悪意は感じられない。

「あの――」

 不安も疑問もまだまだ数え切れない程残っていた。
 だが、それでも自分の身を案じてくれている彼女達に執拗に問いかける事は控えるべきだと自分の理性が訴える。
 ――今はもっと別の言葉を口にするべき時だ。
 そう至誠は考え至り、口にする言葉を換えた。

「ありがとうございます」

 彼女達が何者なのか分からない。しかし助けてもらった事は理解出来たつもりだ。ならば、感謝の一言すら口に出来ないのはあまりに筋が通らない――そう至誠は考えての言葉だった。

 至誠の言葉に、リネーシャは興味深そうに観察するような視線を向けるが、すぐに顔を綻ばせる。

「気にするな」

 そう言ってリネーシャは立ち上がると、すたすたと背を向け扉に歩いて行く。

「シセイ、何かあったらテサロかリッチェに遠慮なく言うがいい。――後を頼むぞ」

「畏まりました。陛下はどちらへ?」

「こちらは問題無さそうだからエルミリディナの方を見てくる」

 テサロの問いかけに、新たな単語が出てくる。地名か人物名か分からなかったが、至誠以外は通じたようで頭を垂れる。

「承りました」

 それだけ言い残すと、リネーシャが部屋から出て行くのが視界の端で見て取れた。



 状況は分からないが、ともかく今は彼女たちの厚意にあずかることにした。



 ――恩を返すのは体が回復してから考えよう。


 そう考えていると、急に忍び寄ってきた睡魔に抵抗する暇も無く、至誠は再び眠りに落ちていた。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ