挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
好奇心は吸血鬼をも殺す 作者:はちゃち

第一章 未知の世界

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

2/27

第一話

 加々良(かがら)至誠(しせい)は九州の海辺にある片田舎で生まれた。

 姉と妹に挟まれ、三人兄弟の長男として育つ。
 寡黙な父は漁師で曲がったことが嫌いな九州男児、母は才色兼備だったが鬼のように気の強い人だった。祖父は偏屈だったが人望と人脈に秀で、祖母はお淑やかで優しかったが物事を丸め込むのが実に上手い人だった。


『ほら、そろそろ起きろって。いつまで寝てんだよ』


 唐突に頭に響くのは、ぶっきらぼうな妹の声だった。


 ――あれ?


 至誠は真っ白な思考の自分に疑問符が浮かんだ。


 ――僕は……


 自分が地に足をつけていない事を自覚した。

 重力すら感じない。


『――』


 何か聞こえた気がした。

 ――嗚呼、これ夢だ。

 そう自覚した。

 夢の認識と共に意識は急速に覚醒へ向かう。途中、ふと聞き慣れない声が意識の中に飛び込んでくる。

「――」

 ――まだ、夢の中に居るのだろうか?

「――」

 だが夢ではないと理解する。現実から夢現へと流れ込んできている。

 しかし何を言っているか分からない。

 意識を逸らしていると、眠気が再度夢の中へ引きずり込もうと暗躍する。


 ――まずは起きよう。


 起きてしまえば思い出すだろう、と自分に言い聞かせながら。


 暗闇を知覚した。
 まぶたが重い。だが意思が意識を覚醒へと導く。
 かすれた狭い視界から電球色のような光がまばらに飛び込んでくる。

 仰向けに大の字で寝ていた。


 体が硬い。


 長時間椅子で寝てしまった時のような体の硬直を感じ、疑問符が頭を過ぎる。

「――」

 再び声が聞こえる。

 ――やっぱり夢じゃない。

 だが何を言っているのか分からなかった。
 声が小さいのではない。早口というわけでもない。単に日本語ではなかったが為に理解出来ない事を理解した。

「――」

 ――英語?

 しかし中学や高校の授業で受けた英会話のそれとは違う気がした。

「――」

 徐々に焦点が合い始める。無骨な天井が見える。


 ――何処だろう?


 岩肌のようだ。自然に生成されたにしては綺麗だが、天井にしてはあまりにも無骨な印象を受け、ともかく自分の家でない事は理解出来た。


 ――それともやっぱりまだ夢の中なのだろうか。


 そう朧気な意識下で思考が巡っていると、誰かが声をあげる。
 驚いた様な、驚愕したような、あるいは安堵したような語調に感じたが、言葉が分からないので確信はなかった。


「――!」

 その声の主が歳を召した女性のようだと感じていると、呼応して別の誰かが近づいてくる。
 足音も気配もしないが、その別の誰かは対照的に若々しい声音をしている。

「」

 思わず至誠は声を発する。


 ……発しようとした。


 だが声帯は震えることなく、弱々しく息を口から漏らすにとどまった。

「――」

 視界に見知らぬ顔が飛び込んでくる。

 至誠は唐突に視界に入ってきた事に息をのむ。
 だが肉体の反応は付随せず、瞳孔だけが唯一物語っていた。

「――」

 焦点の先に映るのは、声から想像できたよりもはるかに幼い顔だった。

 一見した印象では小学校の高学年ほど。
 だがその色白の肌と顔立ちは西洋風、あるいは北欧風だ。少なくとも、至誠の見慣れた弥生人や縄文人的な顔立ちではない。

 同時に目に映る深紅のような赤髪が少女の緩急ある動きになびき、まださらさらと動いていた。
 外国には赤毛の人がいることは知っていたが、これほどまでに鮮やかで煌びやかな色合いは見たことはない。赤毛といえば至誠は橙色を思い浮かべるが、彼女の髪色を例えるなら赤漆のような彩色だ。

 瞳もまた吸い込まれるような赤色で、まるでルビーやガーネットに代表される宝石のようだ。至誠を見下ろす二つの眼球には縦に長い瞳孔が走っており、細く縮まり焦点を合わせる瞬間を目にする。

 服装は大きな襟の付いた黒いコートらしき服を羽織っているが、至誠の視界からは全体像が見えない。

 その中でもっとも視線が止まったのは、彼女の頭上に浮遊する謎の物体だ。円環の金属に棘を挿げ付けたような何かは重厚そうな質感に見えるが、明らかに重力に逆らい宙を浮遊し、緩やかな回転も加わっている。


「――」


 少女は何かを問いかけてくる。口角を上げ、笑みを零しながら。

 その際隙間に歯が見え隠れするが、その中でも八重歯が異様に目立ち幼さを際立たせる。その外観だけ見れば幼く見えるが、子供とは思えない艶やかな表情を浮かべている。

「――」

 しかし何を言っているのか分からない。
 ここがどこで、どのような経緯を経てこの場で目を覚ましたのか。眠りに就く前の事を思い返そうとするが、頭がぼやけて上手く思い出せない。

「――」

 少女は再び何か言葉を口にする。

 何か答えなければ――そう口や体を動かそうと試みてみるが、まるで金縛りかのように体が意思を受け付けない。

「――」

 それでも少女は言葉を投げかけるが、至誠は何度も無意識に虚ろな瞬きを繰り返すだけに留まった。

 しばし至誠の反応を見ていた少女だったが、反応がないと見ると、視線を移し別の誰かに言葉を向けた。

「――」

「――」

 第三者の声も若かったが、声は少女のものとも老婆のものとも違う。

「――」

「――」

「――」

 そこに老婆の声も混じり会話が進む。

 至誠には理解出来なかったが、その間になんとか声を出そうと再度試みる。

「」

 何度も試みる。より強くより厳に、体を動かそうと意志を神経へ巡らせる。


 しばらくして努力が功を奏し、口がかろうじて動く。正確には唇の先がわずかにだが。

 再び少女は至誠に視線を移すと、至誠が何かを口にしようとしていた事に気がついた。だが少女は慌てる素振りを見せず、悠然とした動作で至誠の頬に手を添える。

「――」

 何かを語りかけるように呟くと、手が頬から退く。
 直後、体がかすかに揺れる。至誠はそう感じたが、少女が枕元で立ち上がった拍子にベッドが揺れたためだ。

 黒を基調とし金のラインが入ったコートを羽織っている。体格に合わない大きさのそれは、袖を通しておらず、まるで子供が大人の服を羽織っている様な出で立ちだ。

「――」

「――」

 至誠ではない別の誰かに言葉を投げかけ、何度か言葉が行き来する。

 直後、視界の端から何かが飛んでくるのが分かった。
 乱雑に投げられた様な本は重力に反するよう浮遊感と共に少女の手元で動きを緩め、スッと本が見開かれる。

 だが至誠からは少女がその本を持っている様には見えなかった。
 そう、比喩ではなく浮遊している。今まさに至誠の頭上で。

 まるで威厳ある図書館に寄贈されている古書のような文献のような。古めかしいが豪華な装丁をしていた。それは新聞紙を広げた時のような大きさで、至誠の知っている一般的な書籍とは比較にならない。

 横たわった視界からは何が起こっているのか分からなかった。しかし幾頁も紙がめくれる音が耳に入ってくる。

「――」

 少女をふわりとした光が体を包んだかと思うと、周囲に至誠が見たことの無い紋様が、あるいは図柄が浮かび上がる。その模様はSFに出てくる立体ホログラムのように空中に浮かび上がっている。同時に模様そのものが光輝を放ち、まるで照明を直視しているかのようなまぶしさだ。

 それが至誠を覆うように数点現れたかと思うと、その周りにもさらに増えていく。

 それらは時間の経過と共に増え続け、次第に至誠の視界は宙で輝く模様で覆い尽くされ、目を開けることすら難しい。
 眩しさから脊髄反射的に目を強く瞑っていたが、それでもまぶた越しに届く光は視覚を刺激する。

 それがどれほど続くのか分からず不安を感じ始めた頃、急速に光量は減衰した。


「どうだ少年、これで言葉が通じるか?」


 目を開けるべきか様子を窺っていると、不意に日本語が聴覚を刺激する、

 まぶたを開くと先ほどの女の子が変わらぬ姿で枕元に立っている。
 その容姿は非常に整った白人の少女だ。だが聞こえてきた言葉は決して片言ではない。いや、むしろ方言混じりの日本語よりも聞き取りやすい程の流暢な代物だ。

 ――状況が分からない。

 それが至誠の率直な感情だったが、少女は日本語で『言葉が通じるか?』と問いかけてきた。ともかく今はその返答を――と口を開く。


 だが相変わらず言葉は出てこない。


 しかし先ほどよりは口が動くようになってきている。唇の先だけではない。口全体が動くようになっている。
 声を出すことに必死だったが、体も同様に動きを取り戻しつつあった。
 言葉の代わりに首を縦に振り頷こうと試みると、ぎこちなくはあったがなんとか体が従ってくれた。


「首を縦に振ると言う行為は『言葉が通じているか』との問いに対する『肯定』で問題ないかね? そうならばもう一度首を縦に振ってくれるか?」

 そう言われ、再度たどたどしく頷く。

「よし通じたな。言葉は使えるだろうか?」

 首を横に振ると、意図は伝わったらしく少女は楽しそうに表情を綻ばせる。

「首を横に振る行為は『否定』かね?」

 そう問われ、再度首を縦に振った。

「それは、言葉を発する事が一時的に不可能な状態なのだろうか。あるいは言語を口にする知識、あるいは機能がそもそも無いのだろうか。前者なら肯定、後者なら否定で表してくれ」

 至誠が頷き肯定すると、少女は嬉しそうにはにかみ零した。

 だがすぐに視線を別の方向へ向けると、別の誰かに言葉を向ける。

「テサロ、声が出るように優先治療を。ミグはその間、容体が急変しないよう内面から補佐だ」

「畏まりました」
『ういっす』

 容体が急変しないよう――それが自分の事を指していると理解出来た。


 ――何かの事故に巻き込まれた? あるいは事件?


 眠りに就く直前や、思い出せる新しい記憶がぼやけているのはその衝撃のせいなのかと勘繰りながら、至誠は首を横に傾ける。

 真横に居たのは声質から受けた印象通りの歳を召した女性がいた。ぱっと見の年齢は八十歳ほど。柔和な表情を浮かべながら凜とした背筋で立っている。
 羽織るローブは複雑な形状をしており、至誠の知る洋服とも和服とも違う。

 だが何より目に付くのは、その身の丈以上の何かを手にしていることだ。棒状の戦端に複雑な装飾がされ、まるでゲームに出てくる魔法の杖の様相だ。
 その周囲には、先ほど見た紋様と似た図柄がいくつも宙に浮遊している。

 だがその輝きは柔らかく、目をしかめるほど強烈な先の光景とは比較にならない。


 そんな老女の外見に呆気にとられていると、さて少年――と少女の声が聞こえてくるので視線を戻す。

「私の名はリネーシャ。リネーシャ・シベリシスだ。聞いたことは?」

 その容姿、その名前からして明らかに日本人ではない印象を受ける。

 至誠が首を横に振ると、リネーシャはいっそう表情を綻ばせ言葉を続ける。
歓喜、高揚、愉悦。それらが入り交じったかの表情だ。

 だがそこに子供っぽさは感じられない。その印象を、至誠の記憶の中から最も近い例えを持ってくるならば名探偵コナンだ。外観は子供だが、中身が大人。そんな違和感がどうしても拭えない。

「よろしい。君には疑問や戸惑い、不安と様々あるだろうが、それらはお預けだ。今は体を治す事を最優先するとしよう。どこか痛みのある箇所は?」

 首を横に振り答える。

「違和感のある箇所はあるだろうか?」

 違和感と言えば、体が動かない事そのものが違和感だ。

「判断しかねるといった感じかね?」

 肯定か否定か迷っていると、リネーシャがそう助け船を出すように言葉を続けた。
 頷き肯定すると、分かった――と呟き、別の誰かに声を投げかける。だが、視線は至誠を向いたままだ。

「ミグ、問題があれば報告せよ」

 そんな疑問と同時に、その単語に聞き覚えがあった。もしかするとロシア語かも知れない――そんな漠然とした情報が引き出される。

『問題なしっす。続けてどうぞ~』

 その直後に聞こえてきたのは、若い声だが二十歳前後の女性といった印象だ。
 だがその声は耳に届くと言うよりは、直接頭に響く印象を受ける。耳を塞ぎながら自分の声を聞いたときのような反響を伴っている。

「分かった。作業を続けろ」

『ういっす』

 リネーシャは視線を至誠の足先の方へ向けると、さらに別の誰かに声をかける。

「リッチェ、経過はどうだ?」

「まだ血圧と心拍が弱いです。ですが許容範囲。意識レベルは順調に回復中」

 淡泊な印象の若い女性の声が帰ってくる。足下の方に居るのか、至誠からはよく見えない。

「テサロ、声が出せるまでの所要時間は?」

「後一分ほどで終われそうでございます」

「継続せよ。スワヴェル、食事の用意だ」

「承知しました、陛下」

 二十代か三十代の若い男性らしき声が遠くの方から聞こえてきたが、すぐに足音と扉の開閉音が聞こえて居なくなった。


 直後、リネーシャはベッドから飛び降り、至誠の視界外へと消えていった。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ