挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
好奇心は吸血鬼をも殺す 作者:はちゃち

第二章 神話の領域

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

14/33

第12話 2月10日0時33分

 エルミリディナは崩落した壁の一点を見つめながら横へ数歩移動する。


 視線の先と至誠の間に自身を割り込ませ、妖艶な音色で語りかける。



「レスティア皇国第一皇女、エルミリディナ・レスティアよ。無節操なあなたたちはいったい誰かしらぁ?」


 ――誰も居ない。


 少なくともヴァルルーツにはそこに何者の気配も感じなかった。

 だが直後、むくりと黒い塊が起き上がる。全身を覆うローブと、特徴的な三角帽。
 その隙間に見える皺だらけの顔に浮かぶ目笑と、哄笑から見える金歯が狂気を体現している。
 手には身の丈ほどの杖を掲げ、体の周囲には二冊の厳つい装丁の本が浮遊している。


「これはこれはご丁寧に皇女サマ――」


 全身で辞儀を見せるその老婆だが、あからさまに挑発の様相だ。


「そちらはリネーシャ・シベリシス皇帝でお間違いないですかネェ?」


 老婆の声は甲高く、優越的で意地の悪さを隠そうとしていない。


「この狼藉(ろうぜき)、マシリティ帝国による宣戦布告と同義だ」


 強い語勢でリネーシャが警告すると、老婆は哄笑(こうしょう)し、いえいえ――と否定する。


「我々は単なる傭兵でございましてですネェ。レギリシス連邦に雇われているだけなんですヨォ。戦争においては、まず頭を潰すのは定石でございますのでェ、ヴァルシウル王国の第一王子を追ってきただけでございますネェ。ハイ」


 リネーシャやエルミリディナは、それが名目上の口実であることなど理解していた。

 レスティア皇国の皇帝と皇女はまさに皇国の双璧だ。
 その二大頭を刈り取れる好機に、義勇兵や傭兵との名目で送り込んできた。

 たとえ暗殺が失敗しても全面戦争に発展しないよう、したたかに予防線を張りながら。


 そのため目の前の老婆は、自分がマシリティ帝国所属の魔女だと証明できるものならして見せろと言わんばかりの態度だ。


 悠々と周囲を見下ろし観察する老婆は、ある人物で視線を止める。


「……おんやァ?」


 喜悦の声を上げ、間髪入れず声高々に問いかける。


「これはこれは、まさかまさか。貴女はテスター・ラキュトゥルイではありませんかァ?」


 老婆の投げかける先にはテサロがいた。

 だがテサロは言葉はおろか反応一つ表さない。
 ただひたすらに周囲を警戒している。

 その様子に老婆は表情が激越(げきえつ)する。


「いえいえいえいえ、間違えようがありません!! まさか三百年前の伝説の売国奴、反逆者、国賊にこんなところでお目にかかれるとはッ!! アナタの母君がどれほど心を痛めておられるか御存じですかァ?」


 その影はまるで操り人形の様に動きをあらぶらせながら感情を表現する。


「しかぁぁぁぁしッ!! しかししかししかし!!! 今からでも遅くはないのでェす!! 罪科は免れないでしょうが、しかしッ!! 我らが主は寛大な御心を以て、貴女をお赦しになることでショウ!!!」


 老女は体を捻りながら語ると、手を差し伸べる。
 まるでそれが救いの手だと言わんばかりに。

 そんな老婆にリネーシャは淡々と事務的に問いかける。


「それはマシリティ帝国所属の魔女だと認めると同義だな」


 唐突に冷静さを取り戻した老婆は、真似るように淡々とした口調で答える。


「いえ。ただレギリシス連邦とマシリティ帝国は国交がありましてですネェ。彼女の母君とは個人的な友人と言うだけでございますネェ」


「ではどうやら、別人と勘違いをしているようだ」


 リネーシャの言葉を耳にすると、老婆はテサロをにらみつけるように一瞥する。
 それでもなお表情一つ変えないテサロに表情を歪め積怨(せきえん)をあらわにする。


 しかしそれも一瞬の事で、急速に表情から感情が霧散した。


「あァ、そうですか。最期の救いの手すら聞く耳を持ってくれないとは、やはり性根から腐っているのですネェ……」


 勝手に熱し勝手に冷める老婆にしびれを切らし、エルミリディナが問いかける。


「それでぇ? お喋りが目的ならそろそろ帰ってくれるかしらぁ?」

「――モクテキ?」


 しかしその問いかけで再び火種に引火したのか、老婆の感情を盛り上げ、腹を抱えるように醜く高笑いを響かせる。


「目的ィ――? 嗚呼ァ――実に。実に低俗な言葉で御座いましょう。卑俗(ひぞく)な問いかけで御座いましょう」


 ひとしきり(わら)うと、落ち着きを取り戻し言葉を続ける。


「良いでショウ。目的。はい。崇高なるぅ目的。ええ。そう、我が主に捧げる崇高な目的を教えて差し上げまショウ。それはですねェ――」


 そんな会話の刹那、倒れていた死体が急に動き出す。
 リネーシャの足首を、脚を、三人がかりで纏わり付き押さえ込もうと。

 それによってリネーシャの移動が制限されたとみて、四方に身を隠していた魔女がその姿をあらわにし、杖を掲げ魔法を発動させる。

 巨大な魔法陣がリネーシャたちの足下に展開される。

 ヴァルルーツはその影響で足腰に力が入らずバランスを崩す。
 とっさに手をついたが、その瞬間に腕に力が入らなくなる。

 ――まずいッ! なんの魔法だこれはッ!?

 ヴァルルーツの脳裏にとっさの叫び声が過ぎるが、それも一瞬の事ですぐに体の自由は戻ってくる。


 ある程度魔法や鬼道に精通していると、術式を漠然と感知できるようになる。
 ヴァルルーツも辛うじてその域に達している。

 体の自由が戻ってから理解したのは、敵が拘束形の何かしらの魔法術式を発動させたことと、直後に足下に何かしらの鬼道術式が発動してそれを打ち消した、との程度だ。

 状況証拠からヴァルルーツは、誰かが何かをしたのだろうとだけ分かる。

 だが、明らかに次元が違う高度な攻防の詳細を理解するには至らなかった。


 呆気にとられ混乱渦巻くヴァルルーツだったが、その間にも死体であるはずの肉体がリネーシャを押さえ込もうとしている。

 ヴァルルーツは気付かなかったが、その遺骸の体内で発動していた術式によって、接触者の肉体の運動神経に干渉し、動きの自由を奪おうとしていた。

 だがリネーシャには何の効果も現れていないようで、おもむろに足で振りほどく。

 間髪入れずに蹴飛ばすと、崩壊した壁端まで吹き飛び、遺骸は再び動かなくなった。


 その状況下でもエルミリディナは一歩も動かなかった。
 ただひたすらに会話で気を引いた魔女を注視している。


「会話で気を引き奇襲とは、ずいぶんと古典的な戦法だな」


 四方の魔女は魔法陣を放棄すると、会話で気を引いていた魔女の元へ参集する。


貪婪(どんらん)の捕食者。神話世界の生残者。知性のある怨人。神殺しの大戦犯。数え切れないほどの異名は健在のようで御座いますネェ」


 老婆の魔女は重ねて嘲り嗤う。


「讃美するためにわざわざ演出したというのなら、全く以て時間の無駄だ」


 リネーシャのそんな挑発に魔女は笑みを押し殺すように肩を揺らす。


「ええ、ええ。仰いたいことは分かります。しかし、しかしながら慎重になりすぎで御座いましょうて。弱点を守ろうと弱点を露見させる。あまりに粗忽(そこつ)ですネェ!!」


 その言葉に呼応するように、隣の魔女の一人が杖を高らかと掲げた。

 周囲に魔法陣が展開されたかと思うと、即座に光が急速に収束し、一斉に放たれる。


 エルミリディナがその攻撃にあわせて手のひらを向けると、その魔法の攻撃は見えない防壁に阻まれ光を拡散しながら四散した。


 だがその瞬間を狙い二人の魔女が左右へ回り込むと、杖を振りかぶる。

 二つの杖は互いに共鳴を起こすように火花を散らすと、振り抜いたタイミングで双方の杖から雷撃が飛来する。


 常人であれば一瞬にして消し炭になってもおかしくない程の雷撃だ。


 その攻撃先はリネーシャでもエルミリディナでもない。



 ヴァルルーツと、そして至誠だ。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ