挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼メニューバー
×閉じる
ブックマークする場合はログインしてください。

-偽神- 第一夜 「雅姫伝」

作者:桜林薫
古来より日本では、祟りを恐れて神として祀られたモノたちがいた。
しかし、時間の経過と共にそのような事実は忘れ去られ、今では日常に溶けこんだ神社もある。
愛知県の山奥にある幸根村にも、そのような神社があった。その名は『雅姫神社』。
ある日、ささいなきっかけで神社の封印が解け、解き放たれた怪異が幸根村に災厄をもたらす。
第一部
2013年 08月 06日
第二部
2014年 07月 04日
第三部
2013年 08月 06日
第四部
2014年 07月 04日
エピローグ~全ての始まり~
2013年 08月 06日
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

この小説をブックマークしている人はこんな小説も読んでいます!

-偽神- 第二夜 「五度参り」

 ――松城町の五戸神社では、密やかに忌まわしい風習が受け継がれてきた。  相原亮太は幼い頃に弟を失っており、そのショックから弟がいたという事実を忘れ去ろうとして//

  • ホラー
  • 完結済(全9部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2014/07/04 23:11
-偽神- 第一夜 「雅姫伝」

古来より日本では、祟りを恐れて神として祀られたモノたちがいた。 しかし、時間の経過と共にそのような事実は忘れ去られ、今では日常に溶けこんだ神社もある。 愛知県の//

  • ホラー
  • 完結済(全5部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2013/08/06 13:27
↑ページトップへ