挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。

自然と私

作者:唐突ボーイ

私には、お気に入りの場所がある。
緑が生い茂り、空気が澄んでいて、散歩にはもってこいの大きな公園だ。

バラ園やバーベキュー場、植物園に色々あるが、私は中でも湖が大好きで、よく足を運んでいる。

朝早くに起きて、私は湖と一体化する。
湖は私で、私は湖なのだ。
亀や魚が私の中で生きている。彼等は人間と違い金や名誉等の黒いオーラが無く、自然に生き自然に死ぬ。

私は人間が嫌いだ。でも私は人間だ。
それは変えられない事だと理解はしているが、
出来るのなら彼等と友達になりたい。
友達になってこの湖を泳いでみたい、、、、


意識を肉体に戻そう、、、



、、、気がつくと辺りは夕暮れ時になっていた。
またか、、、

絵を描く時、私は肉体を何処かに置いて描く、、そして気がつくと時間が流れている。

湖に集中すると同じ現象になる事に最近気づいた。
コントロールしないとなぁ、、とは思っているが中々上手くいかないもんだなぁ〜、、

携帯を見て見るとLINEが数着入っていた。

「また公園に入るの?気をつけて帰ってくるんだよ〜」

「今日の晩御飯何にする?」、、、と、、

私は思わず笑みがこぼれた。
人間は嫌いだけど、彼女は好きだなぁ〜、、、

ある偉い画家さんが言いました。
教室に篭って絵の練習をするより、自然を感じ描きなさいと、、

いつか人間と自然を繋ぐ作品を作りたい、、、

さぁ、、、今日も描こう、、


おしまい

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ