挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
ブックマークする場合はログインしてください。

苦手

作者:つばめ
苦手な事が沢山あります
本当は、ずっと前からわかっていたのです
自分の苦手を少しずつでも克服しなければいけないと


子供の頃は自分の悪い所など何もわからなくて
無邪気に甘えて養われ生かされてきました
少しずつ大人になるにつれて知りました
自分の苦手な所が課題である事を



それでも、何とかなるだろう
気にする必要は無いと見ない振りをしました


もうそろそろ考えよう
もうそろそろ見つめよう
そして、少しずつでも変えて行こう
太陽の光が夜を朝に導く様に
自分で自分を見つめて導こう


沢山の失敗と後悔
──いつまでも繰り返してはいけない


本当は少し怖いけれど
その心は自分自身への怠慢
怠惰な心を捨てて反省して未来を見つめたい


気がつかないのではなくて
気がつかない振りをしてきました
甘える心を良しとしてきました
ごめんなさいと自分に問いかける


私は苦手な事が沢山あるから生まれてきました
そして今を生きています
そう、だから生きているのです
苦手な事を、一歩ずつ変えてゆきます



忍耐なる、導きの光りをありがとうございます























評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ