挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
ブックマークする場合はログインしてください。

和モノ(和をテーマにした作品)

焦がれ、一睡

作者:浅葱
道草家守さん主催、「和モノ春花企画」参加作品です。
掌編です。さらりとどうぞ。
 ふわりふわりと夜風が踊る。
 今宵は雲も薄く、月明かりが優しく地上に届いていた。
 いつだって桜は先に咲き始め、その後寝ぼすけな芝桜が一斉に地を染め上げる。
 薄紅色の桜を見上げる芝桜は、淡桃・赤・白など色とりどりで美しく鮮やかだ。

「?」
 誰かの腕の中で芝桜の精は目覚めた。微笑んで見上げれば、優しく見下ろす桜の精。
「今年も間に合ったな。そなたに会えてよかった」
「……お待たせしました」
 桜と芝桜の開花がほぼ同時に見られるという群生地。桜は毎年先に咲き、芝桜の開花を待っていた。
 今年こそは離すまいと下から抱きしめれば、桜の精がククッと笑う。
 いつだって焦がれるのは芝桜の方。ただ側にいるから情を寄せてくれていることぐらいわかっている。
 それでも。
「今年は風も雨もなければいい……せめて貴方が咲いている間は」
「そうだな。できるだけそなたを抱いていたいものよ」
 同意はしてくれても、抱きしめていてくれてもつれない方。
 春の風は強く、雨はしとしとと地を潤す。
 それら全てが桜花を奪うようで憎らしい。
 風が吹けばその花びらを散らし、雨が降れば抱くように落ちる。そうして降り注ぐ花びらを芝桜は抱きとめる。
 その儚くも潔い姿に泣いてはいけない。
 その姿がうっすらと消えていき、また眠りにつくのを確認して芝桜はこっそり泣くのだ。
 花が散り、青青とした葉を見上げながらも芝桜は枯れない。花が散れば今度は虫たちが群がるのを、桜が痛まぬよう適度に落としながら芝桜は過ごす。
 神も精も、虫も人も桜に焦がれてやまない。
 やがて夏が近づけばようやく芝桜も眠りについた。
 来年も貴方に会えますように。
 薄紅色の花びらを思い浮かべ、その腕の中で目覚めることを願いながら。

―焦がれ、一睡。

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ