挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。

もう、ごはんはいらない

作者:夢野彼方
 マミとキジトラのメラは、もの心がついたころからずっと一緒でした。だからかもしれません。彼女には、メラの言葉がわかりました。
「ねえ、そろそろお昼ごはんにしてもらえないかしら? あんた、このあと、友達とどこかへ遊びに行くっていってたでしょ。せんだっても、うっかりアタシのボウルにカリカリを入れ忘れてたじゃないの」
「あ、ごめんね、メラ。すぐに用意するから」
「しっかりしてちょうだい。アタシを飢え死にさせるつもり?」
 マミは棚からカリカリの袋を取り出すと、ボウルにあけてやりました。
「あんたったら、ほんとに気が利かないわね。ごはんには水でしょ。ほら、新鮮な水をついでちょうだいな」

 メラの言葉がわかるのは、家族でもマミだけでした。両親も2人の妹も、ただニャアニャアとしか聞こえないのです。それでいて、1匹と1人が話をする様子を見ても、不思議とは思いませんでした。
「あなたが赤ちゃんの頃から、ずっとおしゃべりするのを見てきたからね。もう、当たり前のことになっちゃったんだわ」母はそう言います。
 「通訳」をさせられることもしばしばです。
 ふだんはものわかりのいいメラでしたが、たまに、ひどく虫のいどころが悪くなることがありました。
 お気に入りのゴムボールやネコじゃらしにさえ見向きもせず、一家の主と認めているはずの父がなでようとすると、フーッとヒゲを立てるのです。
「なあ、マミ。メラのやつ、何を怒ってるんだ?」困った父が聞いてきます。
 そこでマミが間に立つのでした。

「ねえ、メラったら。今日はどうしちゃったのさ」
 メラは不機嫌そうに顔を上げ、
「どうもこうもないわ。さっきから口ん中は乾くし、心臓はバクバクする。おまけに、今にも吐きそうなのよ。少し、ほっといてもらえないかしら?」
「具合が悪いの? 食欲はある? 食べたいものとかは?」マミは心配になりました。もしかしたら、大変な病気かもしれません。
「さっき、あんたの妹にチョコレートをもらったわ。でも、ほんのちょっときりだったから、おなかの足しにはならないわね。ひと眠りして気分がすっきりしていたら、ごはんにしてもらおうかしら」

「なんだって?」父が聞きます。マミの言葉も、人間語じゃなくなっているので、説明しなくてはなりません。
「あのね、具合がよくないんだって。気持ち悪いみたい」
「変なものでも拾って食べたかな」
「そう言えば、妹たちからチョコをもらったみたい」
「チョコを? そうか、そいつはまずかったな」父は考え込みました。
 母も洗い物を終えて、やってきます。
「そうよー、メラにチョコレートは毒なんだから」
「ちょっと、こっちへおいで」父は妹達を呼びました。
 まだ小さな2人が、「はーい」と返事をして駆けてきます。
「お前たち、メラにチョコをあげたかい?」
「うんっ!」元気いっぱいに答えます。そして、褒めて欲しそうに父を見るのでした。
「そうか、そうか。メラ、喜んでたろ。でもな、チョコはやっちゃダメだったんだ。人間と違って、食べるとおなかを壊しちゃうからな」そう、さとします。
 反対に注意され、妹達はがっかりしてしまいました。
 幸い、チョコレート中毒はたいしたこともなく、次の朝までにすっかり元気を取りもどしていました。

 メラは、よく散歩に出かけました。外に出たいときには、決まってドアの前に座り込み、じっとマミを見上げます。
 マミが忙しかったり、ぼんやりしていると、ついに堪忍袋の緒が切れてしまい、
「アタシがここに座ったら、ドアを開けるのよ。何回、おんなじことを言わせるつもり?」と文句をこぼすのでした。
「あ、ごめん、ごめん。ちょっと、考え事をしていたものだから」マミは慌ててドアを開けてやります。「クルマの多いところには行かないようにね。それから、近所のいたずらっ子には気をつけて」
「子供じゃないんだから、いちいちうるさいわ。クルマや子供が怖くて、見回りになんか行けるもんですか」
 マミの心配をよそに、かえって怒らせてしまうのでした。

 ごはんをあげたり、トイレの掃除をしたりと、メラの世話をするのはマミの役割です。初めは母が面倒を見ていましたが、いつからか、マミの仕事になっていました。
 メラは、自分が姉だと考えているようです。マミがまだ3つのとき、目の開いていない状態でもらわれてきました。
 だから、本当はマミよりも年下なのです。
 そのことをメラに言うと、
「アタシは、あんたよりも早く年を取るのよ。だから当然、アタシのほうが大人ってわけ。あんたなんか、いまだに『中学校』とやらに通ってる子供じゃないの。このアタシに意見しようなんて早いわよ」
 そう言い負かされてしまいます。

 マミは「中学校」をようやく卒業し、高校へ上がりました。
 人間なら、まだ子供と大人の間でしたが、メラは目に見えて老け込んでいました。必要のない限り動こうともせず、ゴロゴロと寝そべってばかりいます。
「メラ、少しは歩き回ったほうがいいよ」運動不足が体によくない、そう聞いて忠告します。
「うるさいわね。寝るのがアタシの仕事なの。それより、ごはんはまだ? おなかペコペコなんだけど」
 あいかわらず、食欲だけは旺盛です。
「はいはい、今、用意するからね」マミは缶詰を開けます。近頃は歯が弱ってしまっているので、カリカリを買っていません。
 ボウルにあけた缶詰のマグロを、もそもそと食べるメラ。ちょっと前までは、あっという間に食べてしまったものですが、倍以上かけてゆっくりと味わうようになっていました。
 もう、13歳になるのです、無理もありません。

 冬になり、晩ともなれば冷え込みが厳しくなってきました。
 メラは寒い季節、マミの布団の中で眠ります。この夜も、脇の辺りで丸くなっていましたが、もぞもぞと這い出てきました。
「どうしたの、メラ。トイレ?」枕元の時計を見ると、まだ4時を少し過ぎたばかりです。
「アタシ、そろそろ行かなくちゃならないわ」ベッドからとんっと降り、黄色く光る目でじっと見つめてきます。
「行くって、どこへ?」ふいに、胸騒ぎを覚えました。前にもこんなことがあった気がするのです。
「アタシのボウルに、もう、ごはんは入れなくていいわ。必要ないから」
「でも、だって――」手を伸ばして、捕まえようとすると、年寄りネコとは思えない動きで身をかわしてしまいます。「待って。お願い、戻ってきて」
「もちろん、戻るわ。そのうちにね。でも、あんたにアタシがわかるかしら。あのときみたいに、また忘れちゃうんじゃない?」そう言って、くすっと笑うのでした。

 マミは突然、思い出しました。自分が生まれる以前からいた、ベスという三毛ネコのことを。
 すでに15歳というおばあちゃんで、いつもマミのことをかわいがってくれていました。マミはベスのことを、本当のおばあちゃんのように慕っていたのです。
 3つのとき、ベスはマミの元を去って行きました。出ていく直前、悲しく泣いているマミに、こう約束してくれたのです。
「マミや。戻るから。きっと戻ってくるから。だから、そんなに泣かないでおくれ……」
 入れ替わるようにもらわれてきたのが、メラでした。

「今度は、もう忘れない」マミはメラに誓います。「でも、次に会ったときはなんて呼んだらいいの? せめて、それだけでも教えて」
「名前なんてどうだっていいの。たいしたことないもの。あんたの好きに呼んでもらってかまわないわ。それが、アタシのことならね」
 それだけ言うと、ドアの隙間から音もなく出て行きました。

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ