挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
ブックマークする場合はログインしてください。

終戦の日

作者:につき
あの結末はわたしの未熟にとって思いがけなく、しかし年寄にとっては望み通りの、或いは表向きの悲しみと永らえる老醜の日常の継続のために決した。それは敗北であった。決して振り向かれることのない敗戦であった。
インターホンが鳴り
表に母がいた
入ってくればいいのにと言いかけたが
入れはしないのだ
葬式の度に姿を見せる青大将が怖いのだ
祖父の葬儀にも
父の葬儀にも
祖母の葬儀にも
そして
この母の葬儀にも現われて
それからふっつりと姿を見ないけれど
今日の季節はどうなのと
もう今年で十歳も年の離れた母に挨拶を
そうだ
挨拶とは死者と交わすことの出来る唯一つの適切な会話だ
どうして位牌なんて作ったのかと母は言わなかっただろうか
それとも父のことをわたしは訊ねたのだろうか
分かっていることだったけれど
この母との全ての会話は言葉ではなくて
回想でしかないことを
蝉が鳴かないこの石づくりの庭で
棺を運ぶための道路のような御影石の敷かれた庭で
もはや夏を迎えることの出来ない母と
幾度も幾度も夏を迎えてしまうわたしと
一体暑さとは汗を惰性のままに流すだけの
或いは蟻たちの黒は喪の色でなく鉄の色として熱く
終戦など知りもしないわたしにとって
あの日が終戦の日であった

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ