挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。

コラボ作品集

赤焼け空模様

作者:Lyrics Junkies
今日という日が終わりを告げる
日の明かりは白から赤へと変わり
空は段々と青さを忘れてゆく

帰路につく人々の合間にて
ふと空を見上げてみた
歩みを止めてまなこを広げる

そこには影と光のアンサンブル
雲は暗さを表して太陽は緋色を帯びている
その光景は記憶の中にある絵画のようで

日常の風景の中にある非日常
手を伸ばしても届かない場所
だからこそ焦がれるのだろう

今を忘れないように時間を切り取る
手の中に残された一枚の写真
消えることのない思い出がここにある

あの時に見た夕日は、宝石のように輝いていた

挿絵(By みてみん)
著者:藤井まや
写真:空乃 千尋

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ