挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。

記上のクーロン

作者:siou
 空野言葉はデジタル世代の女子高生。
 ある朝、彼女のもとに一通の手紙が届く。
 滅多に見ることのなくなった紙製の手紙に興味津々の言葉だったが、それには変わった模様が一つ描かれているだけだった。
 意味がわからないまま手紙を学校に持っていった言葉は、親友の神代絵美に手紙を見せるが、模様は手紙からきれいに消えて白紙になっていて、不思議に思っているところへ、従兄弟の字医文章から連絡が来る。
 言葉は文章に変な手紙が来たことと、そこに描かれていた模様が消えたことなどを伝え、それを聞いた文章は祖父の屋敷へと来るように言う。
 考古学者でもある祖父――字医書道の屋敷へと来た言葉と絵美は、そこで文章からプリントと呼ばれる黒い象形文字のような二次元生命体の存在を知らされる。
 しかも、クーロンと呼ばれるその手紙にいたプリントは、いたずら好きで放っておくと大きな事故を起こしかねないと言われ、言葉と絵美は文章とともに特殊な手帳と辞典を使ってクーロンを探すことにする。
 手紙の痕跡を手がかりに図書館へとやって来た言葉達は、そこで突然のサーバーダウンに遭い仕方なく図書館を出る。
 しかし、サーバーダウンとその直前に図書館中で起きたマップの一斉検索がクーロンの仕業だと推測し、通称アナ商と呼ばれる、今では珍しいHARの使われていないアナログだらけの商店街へとやって来る。
 商店街を歩き回っていると、ある一角で青儀という大企業の会長と商店街の店主達が、HARの導入を巡ってもめている現場に遭遇し、それを傍観していた言葉達は、突如現れた怪しい男のせいで商店街のHAR導入をかけた三本勝負に立会人として参加することになってしまう。
 勝負は商店街側の二連敗となり、最期の三回戦が始まろうとしたそのとき、遺跡の調査に行っていたはずの書道が言葉達の前に現れ、言葉に勝負をするように言う。
 驚き迷う言葉だったが、書道の自信に押されて勝負を引き受け、それまでの勝負などを鍵に見事勝利する。
 そして、その過程でクーロンを見つけた言葉は、プリントという紙に住む奇妙な存在と生活を共にすることになるのだった。

この作品は著者( siou )の個人サイト『てくてく( http://tex2light.textnetyard.com/ )』にて公開している作品の転載です。サイトではEPUB版も公開しています。
前編
2015/05/30 22:27
後編
2015/05/30 22:30
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ