挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。

ふたりは聖夜に練り歩く

作者:淡園オリハ
 駅の入り口付近から街を眺めていると、赤や青、時々緑色の街明かりがぼやけて見えて、なんだか幻想的だ。
 いや、そもそも今日はすべてが幻想的だ。
 クリスマスという非日常の中ではなにもかもが尊い存在へと変貌を遂げる。
 普段はむかついてしょうがないカップルのいちゃつく姿も、織姫と彦星の感動的な再会に早変わりするし、生足を雪上に晒しながら居酒屋の呼び込みをするミニスカサンタのお姉さんは、まるで本物のサンタクロースのように、人々に笑顔と元気を配っている。ような気がした。
 そんな摩訶不思議で素敵な聖夜に恋人に会えたなら、それはそれは感動的で魅力的な時が過ごせるだろう。
 駅の改札を抜けて足早に歩く人々を見送る。ぽつりと立ち止まる僕に目もくれず、さっさと立ち去っていく。きっと彼らは誰かをどこかに待たせているのだろう。対照的に、スマホに視線を落としたまま動かない人も大勢いる。彼らはだれかがここに来るのを待っているのだろう。僕もこちらの派閥に属している。恋人、若しくは友人や家族が来るのをじっと待つその姿は、ペットショップの動物を思い起こさせる。一人、また一人と相方が現れた人から駅を去っていく。その光景はまさに引き取り手が現れた瞬間そのものだ。
 数が減るにつれて、残り物の僕らは次第に結束を強めていく。
「頑張ろうな」「おう」「抜け駆け、すんなよ」「へへっ、お前こそ」
 そんな声が聞こえてくるようだった。実際、誰もそんなことは言っていない。寂しい成人男性の妄想だ。そうして妄想の中で10分ほど戯れていると、ついにペットショップの動物は僕一人となった。
 結束が強くなったところで、所詮は他人。裏切るし、裏切られるのが人間なのだ。僕は勝手に世界の理を痛感していた。
 ひとしきり嘆き終えたあたりで、見慣れたマリンブルーのコートが目に入った。
 僕の彼女、エリカだ。

 颯爽と雪の降る町を歩く彼女は、僕より二つ年上の先輩だった。出会ったのは僕が中一の時。当時から真っ直ぐで男勝りな性格だった彼女は性別を問わず人気があった。そしてクスリとも笑わないことで有名だった。
 それがクールだという奴もいれば、無愛想だと毛嫌いする奴もいた。僕はと言えば、そんな彼女の笑顔が見たくて四苦八苦するひょうきんな奴だった。
 上級生のクラスへ昼休みのたびに出向きエリカに挑む僕の姿は、いつからか注目を集め、エリカが卒業するまでに笑わせることができるか賭博が行われるまでに人気を博した。割合にして九十パーセント以上の人が『笑わせられない』ほうに賭けていた。
 そんな下馬評を覆したのは二学期の終わりの日、終業式の放課後だった。
 僕はその日もエリカの教室を訪ねていた。窓際一番後ろの席に鎮座する彼女のもとへ歩み出て、僕は気をつけの姿勢を作った。

「エリカ先輩、面白い話するから今日こそ笑ってください」

「また君? もう冬休みだよ? 飽きない?」

「飽きない。今回ばかりはマジですから。本当にオモシロイ話ですから」

「へぇ。まあいいよ、聞かせて」

 かすかにエリカの瞳に興味の色が浮かんだ。僕は大きく息を吸い、吐いた。周囲の視線が突き刺さる。アーチェリーの矢を射る瞬間のように、空気が静止するのが分かった。九十パーセントの期待を貫くつもりで、僕は再度息を吸った。

「このあいだ僕、街を歩いていたんです。そしたら向こうから犬を連れたお姉さんが歩いてきて、思わず足を止めたんですね。お姉さんがかわいかったのも理由の一つですけど、その犬、真っ白だったんですよ綿雪みたいにふわふわで。で、撫でていいですか―って近寄って見たらその犬……」

 一度間をはさむ。誰かの生唾を飲み込む音が響いた。僕は再度息を吸い込み、

「尻尾まで真っ白だったんですよね、これがホントの尾も白い話」

 一息に言いきった。エリカは俯き、髪の毛が垂れ下がって表情が読めない。教室に静かな緊張が走った。いつもなら「つまらない」と一蹴されるのだけれど、今日は少し雰囲気が違ったからだ。
 僕がそっと声をかけると、エリカはゆっくり顔を上げた。
 その時の表情を、僕は死んでも忘れないと思う。
 笑わないよう口を必死に結び、上がる広角を両手で無理やり押させつけ、肩をぷるぷる震わせてこらえている。見た事の無い彼女を見て、僕は素直に可愛いと思った。
 エリカはついにこらえれずに唇を離すと、とてもきれいな声で笑った。
 同時に、給食の始まりを告げるチャイムが鳴った。今日は終業式だけなので給食はない。特に意味のないチャイムだった。チャイムが鳴り終わると同時にエリカもひとしきり笑い終えて、僕を優しいまなざしで見つめた。

「ほんと、くっだらない。くだらなすぎて笑える。どうやって考えるの、そういう話」

「道を歩いてて、目に入ったものから、こう、適当に?」

「あははは、もう、ほんと変な奴。君の眼は特別なのかな?」

 憧れの先輩を笑わせることに成功した僕は、思いもよらない言葉を口にした。僕はこの日以降『強欲』と呼ばれるようになる。

「……それじゃ、一緒に帰りませんか」

「え?」

「一緒に帰れば、なんで面白いことばかり考えられるのかわかるかもしれませんよ」

「……ふふ、別に、面白くはないけどね」

「う……」

「けど、いいよ。くだらないことも案外面白いって分かったし。一緒に帰ってあげる」

 そういって彼女は優しく微笑んだ。もはや九十パーセントもなにもなかった。ただ誰もがエリカの笑顔に釘づけだったし、なにより地球上でもっとも僕が虜になっていた。
 それからぼどなくして僕らは付き合い始め、僕が二十歳になった今も交際は続いている。

 大人になった彼女は相変わらずの性格だった。美しい顔立ちに真っ直ぐなブラウンのロングヘアが良く似合う。背中まで伸びた滑らかな髪を木枯らしに躍らせながらこちらへ向かってくる。頭上に掲げた透明なビニール傘にはもっさり雪を積もらせている。
 大股で歩く彼女はすぐに駅へたどり着く。僕の眼前でぴたりと立ち止まり、ほう、と白い息を吐いた。

「ふう、寒かった……」

「お疲れ様。傘貸して、雪を払ってあげる」

「よいしょ、っと」

 エリカは僕が言うより早く傘をたたんで、雪をばさばさと払い落とす。
 あまりに近くで払うものだから、僕の足に少しかかる。
 相変わらずの傲岸不遜な態度のまま謝ることもせず、ため息交じりに言う。

「……はぁ、遅くなっちゃった」

「ああ、時間? 明日は休みだよ? 別に、何も急ぐことは――」

「……切符買わないと」

「切符? いったいどこへ行くの?」

「なんだっけ、名前……えーと……一回行ったんだよな、名前なんだったっけ、あそこ。こ……こい……?」

「……こいじ?」

「あああ、そうだ恋路駅! 名前がおかしすぎて忘れてた」

「ふつうはおかしな名前ほど覚えてるもんだと思うけどね……」

 エリカはその言葉を聞きながすように僕をすり抜けて、券売機へ。
 素早く切符を買うと、改札へ歩き出した。僕もそれについていく。

「なんか、久しぶり……恋路へ行くの」

「まぁ、なんもないしね、あの辺」

「……思い出すなぁ、初めて行った時のこと」

「僕の両親に会ったんだよね」

「めちゃくちゃ緊張してて、可愛かったなぁ……」

「やめてよ、恥ずかしい」

「そして私も緊張してた……。あぁ、なんか、昨日のことのように思い出せる……」

「……そんなに印象深かった? 僕の家族」

「また会いたい」

「これからすぐ会えるよ……っと、ほら、電車が来たよ」

 滑り込んできた電車のライトが金色に雪を染め上げる。身を切る風にエリカが身を縮めた。
 彼女は僕の言葉に答えず電車に乗り込んだ。怒らせてしまっただろうか。
 今のように少しでも揚げ足を取ろうものなら、立腹し拗ねてしまうのがエリカの長所でもあり短所でもある。
 僕からするとそういう子供っぽいところも含めて可愛いんだけど、エリカ自身はそう思わないらしい。大人っぽくてかっこいい自分に憧れているから、可愛いと素直に褒めればお返しに拳骨が飛んでくる。
 それでも良く見ると顔が赤くなっていたりするから、まるっきり嫌なわけではないらしい。
 僕にとってはバイオレンスな面をも含めたすべてが愛おしいしぐさだった。
 そんなことを考えていると、恋路駅に到着した。一面田園風景の広がる、本当に何もない駅だ。
 夏は青々とした稲が地面から突き出て、水田に反射した青空が美しいけれど、今はボール紙を敷き詰めたように切れ目のない白が大地を埋め尽くしている。遮蔽物がないので風がもろに吹きすさぶ。地表の粉雪を纏ってこちらへ猛進してくる。厚着していなかったら凍死しそうだ。
 無人駅の切符入れに律儀に切符を入れるとエリカはやはり颯爽とした足取りで歩き出した。
 目的地は僕の実家だ。
 無言で歩くこと十分。見慣れた民家が見えてきた。
 鍵すらかけていない茅葺の住居。屋根にはこんもりと雪が積もり、軒先には巨大なつららが犬の牙のように垂れている。見方によっては質素で慎ましい家屋だけれど、僕にはどうしようもないほど暖かく感じられた。
 ぎゅむ、ぎゅむと雪を踏みしめながら玄関へたどり着く。エリカは少しコツがいる引き戸を手間取って開ける。律儀に玄関口で立ち止まると、大きな声であいさつをした。

「おじゃまします。すみません、夜分遅くに! あの、小岩井さん!」

 ほぼ叫び声の声量だったが、文句を言う人はいない。エリカの声に呼応して、奥から見慣れた顔が走り寄って来た。サチだ。
 僕は何度なったかわからない体勢をつくるために腰をかがめ、サチの飛び込んでくるルートに両手を広げて構えた。
 さあ、いつでもこい!

「――わん!」

「ぇ……きゃぁっ!」

 サチは僕にとびかかると見せかけて、真後ろにいた彼女に飛びかかった。
 エリカは靴箱の上に飾っていた幼い僕の写真を眺めていたから、サチに気付かないまま突進を食らうこととなった。ダックスフントとはいえ突進されればかなり重い。エリカはそのまま後ろへ倒れこみ雪の上に柔らかく横たわった。結果、可愛い声を聞くことができた。サチ。ナイス。
 心の中でサチへ賛辞を送っていると、廊下から声が聞こえた。

「こらサチ、いったい誰に似たんだか……」

 頬が緩み肩の力が抜けた。顔を見るまでもない、不思議と心が休まるこの声は母のものだ。母はサンダルをつっかけて土間へと降りる。玄関口でサチにぺろぺろ舐められているエリカへ近寄り、しわの増えた手を差し出した。

「えっちゃん、大丈夫かい?」

「あ、ああ、すみません小岩井さん……ちょっとよそ見をしてて」

「サチも久しぶりにえっちゃんにあえて嬉しいんだよ。さ、あがりな」

「サチ、普通に僕のことは無視したけどね。僕に会えたことは嬉しくなかったの?」

 意地悪な質問をしてみたけれど、サチは不思議そうな眼をして僕を見つめるだけだった。
 エリカは丁寧に靴をそろえて先に廊下へ歩を進めていた、あわてて後を追う。

「おじゃまします。すみません遅くに」

「いいんだよ、いつだって大歓迎さ」

 実家の少し古臭い匂いを嗅ぎながら、僕らは廊下へ進む。
 少し前を歩くサチがてちてちと足を踏み出すたびにぎしぎしと音を立てて廊下が軋む。この音が、小さいころは大嫌いだった。
 友達の家はみんなリフォームをして綺麗になっていくのに、どうしてウチだけ……と、僻んでいたものだった。
 けれどこうしてたまに帰ってきたとき、変わらず軋む廊下を僕は懐かしむことができる。変わらないものが変わらないままでいられる場所は、人間にとって必要なのかもしれない。
 立てつけの悪い玄関の引き戸も、軋む廊下も、のんびりした母親の性格も、変わることを強要されるこの世界で、変わらないままであればいいと思う。
 そう、この、古ぼけた障子戸も、そのままで――――。
 そう思って手をかけた。
 いつも通りの居間。
 厚みのあるこたつ布団、蜜柑、テレビのリモコン。
 3分遅れた壁掛け時計。
 テレビだけは最新の、へんてこな部屋。

 居間の奥、普段は襖で仕切られている部屋は寝室だ。だが今日は開けっ放しになっている。
 古い木とカビの匂いが充満する寝室には、幼い頃の記憶と比べて一つだけ変化があった。
 僕と家族の寝室だったその部屋に、見慣れない何かがある。
 暗い寝室に向け目を凝らす。
 部屋の左奥。黒と金の、化粧台らしきものが鎮座している。幼い頃の記憶にはないその物体は異様な存在感を放っている。
 僕は確かめるためにこたつのある居間をするりと通りぬけて、ソレのもとへたどり着く。
 ソレは仏壇だった。
 中央に置かれた写真には、屈託のない笑顔を湛える、僕が映っていた。
 しばらく遺影の中の自分を見つめていた。言葉が出ない。
 気が付くと居間に彼女と母親がコタツを挟んで座っていた。
 母親がお茶を淹れたのだろう。湯気の立つ湯呑が二つ、用意されていた。
 もちろん、僕の分は、ない。
 受け入れられない僕の前で、二人は会話を始めた。

「わざわざ、今日なんて。いいのよ、えっちゃん。彼氏とデートにも行きたいでしょうに」

「いいえ、そんなことは。それに彼氏なんて居ませんし。私にとっては、キリストの命日というよりは、あいつの命日というほうがしっくりきますから、いいんです」

「なにも、こんな日に死ななくてもよかったのにねえ……。本当に、人に迷惑をかけたままで、あの子は…………」

「そんな……小岩井さん」

「えっちゃんみたいないい子が居てくれたってのに、あの子は、いったい何が気に食わなかったんだろうねえ……」

「……きっと、優しすぎたんですよ。あいつ。私みたいな気分屋にも合わせてくれるし、中学のときだって」

「えっちゃんを笑わせられたことだけが、唯一、あの子が生きて成し遂げたことかもしれないね。ちょうど中学に上がった頃だろう? えっちゃんのお父さんがお亡くなりになったのは」

「ええ、あいつ、そんなの知らずにずっと、馬鹿みたいに私のこと……。なのに私はあいつが辛い時に、なにも……」

 彼女が俯くのと同時に、母が口を開いた。普段のおっとりした声ではなく鋭い芯を備えている。
 そうだ、生前僕が母に死にたいと告げた時、同じ声を聴いた気がする。僕はようやく、自分が死んでいたことを認めはじめる。

「なぁ、いいかい、えっちゃん。顔を上げな」

 母は両手で挟むように彼女の両頬を持って顔を上げさせた。
 彼女の泣き顔があらわになる。母は目をそらすことなく、強い眼差しを向けたまま続けた。

「あんたには、あんたの人生があるだろう。あいつには、あいつの人生があった。そのケリを、あいつは自分で考えてつけたんだ。誰のせいでもない。自分の責任と自由でそう選択しただけさ。今になって、その自由や責任を肩代わりしようとしたって無理なんだよ」

「…………」

 彼女は唇をキュッと結んでいる。いつか見せたものとは似ても似つかない表情に、息が詰まりそうになる。遅れて、息をしていないことに気付いた。
 母は口元をふっと緩ませ、どこか自嘲気味な声で言った。

「だから、せめて、あんたはあんたの人生を、私は私の人生を、自分の責任と自由で生きていかなきゃいけない。あいつのぶんもだ。言ってること、わかるかい?」

「……はい」

 僕は彼女と母親に対して、最も深い悲しみを与えたのだろう。
 なぜ自死を選んだのかはもう分からない。なぜ今ここにいるのかも分からない。それでも、身勝手だとは思うけれど、僕の居ない世界でも二人には笑って生きていってほしかった。
 くしゃりと歪む母の笑顔が見たくて、僕は家でたくさんふざけた。あの美しい笑顔が見たくて、僕はエリカにたくさんの話を聞かせた。僕はそんな二人の笑顔を見て、笑顔になれた。
 母はきっと、彼女が僕の後を追うと思ったのだろう。
 エリカの気持ちは分からないけど、母さんが言ってくれた内容に僕は心から感謝した。
 親不孝でごめん。けど、二人には二人の人生を生きて欲しいと願っている。

「あぁ、いけないね、歳をとると説教臭くなっちゃって……もう泣かないでおくれ、ただでさえ雪で湿気てるのに、もっと湿気てしまったらかなわないよ。家が潰れっちまう」

「すみませ……っ、なんか止まらなくて……」

 エリカの涙は勢いを増す一方だった。
 僕は心の何処かでらしくないことを考えていた。
 嬉しい。
 彼女はたまにこうして泣いた。
 誰かに嬉しいことや、悲しいことがあったとき。自分のことのように受け止められるエリカを尊敬していた。自分のためだけじゃなく相手のために泣ける彼女に憧れていた。
 僕は今、この世界で最も美しい涙を目撃しているのだろう。

「……僕は、エリカが、僕のために泣いてくれたなら、それだけで満足するよ」

「えっちゃん、なんだいそれ?」母が尋ねる。

「あいつが、生前、言っていたんです」涙声でエリカが答えた。

「そんなことを」

「私、あいつのために泣けてるんでしょうか? 今泣いているのは、結局、自分が悲しいからで、あい、つの痛みとか、全然、わかってやれて……なかったのかなって……」

「えっちゃんがそこまで思っていてくれて、あいつが喜ばないわけないだろう? そんなに気負わなくていい。こうして来てくれるだけでも、あいつは天に昇るほど嬉しいだろうさ」

 その通りだった。
 僕はエリカが泣いたことで、救われていた。
 天に昇るほどかどうかはわからないけれど、たとえば幽霊が未練を果たして成仏するのは、こういうときなのではないだろうか。
 充足感、幸福感。身に余る暖かさに包まれて、僕は今、満たされている。
 僕は聖夜に、エリカとデートすることができた。もう思い残すことなんてないと思った。
 けれど、やっぱり最後にエリカと母さんの笑顔が見たくなった。本当に僕は『強欲』だと思う。
 先ほどから、身体が重い。
 うまく思考がまとまらない。
 もしかしたら、ほんとうに天に昇るほど、嬉しかったのかもしれない。お迎えが来たのかもしれない。
 ここで、お別れなのか。

 ぼくはかのじょを、えがおにしたい。
 ないているえりかも、うつくしいけれど。
 わらっているえりかも、とてつもなく、かわいいんだ。
 ぽーっとする。
 ぶつだんのまえにすわる。
 みぎてをゆっくりとあげる。おもい。
 ぶつだんのすずをめがけて、ゆびをのばす。
 なまえは、りん。
 ぼうは、りんぼう。だんすができそうななまえだ。
 ぜんりょくで、りんぼうをもつ。
 ちからがたりなくて、ぷるぷるとふるえるぼうを、いっきにりんにぶつけた。

「ちぃぃぃぃぃぃん……ちぃぃぃん――」

 しずかなよるに、りんのおとがひびく。
 えりか、どうか、こわがらないでくれ。
 もういちど。

「ちぃぃぃぃん」

「――な、なんですか? これ」

「…………あぁ、あぁ。きっとあの子が、お礼を言ってるんだよ」

「ほ、本当に?」

「ああ。泣いてくれてありがとうって伝えに来たのさ」

「ちぃん、ちぃん、ちぃぃ……」

 さいごのひとつ、ちからがたりなくて、へんなおと。
 くだらないけど、わらって、くれるかな。
 めをぱちくりさせて、えりかはふきだした。

「――ふふふっ、あははは、あっははははっ。なに、その音!」

「……えっちゃんはやっぱり笑顔のほうが似合ってるよ」

 かあさん、ないす。ぼくもそうおもう。
 あ、もう、めがみえなくなってきた。
 もっと、えりかのえがおが、みたかったなぁ。
 さち、かあさん、えりか。
 ありがとう。
 ずっと、ずっとずっと、わらっていてくれ。
 もうぼくは、いないけれど、わらっていてくれ。
 そしたらぼくも、わらえるんだよ。
 ちからが、はいらない。
 りんぼうおとしちゃった。

「……あ、りん棒」

「逝ったのかねぇ、逝けたのかねぇ」

「分かりません、けど、もう泣きません」

「それがいいよ。最後にお参りだけ、してってやってよ」

「……今度は、私が笑わせてあげるから」

 ちぃぃぃん。すんだおと。

「ほら。あんたのおかげだよ。あの日、ありがとう。本当にありがとう」

 さいごに、めにうつったのは、あのひとおなじ、まんめんのえみ。
 ちゃいむじゃないけど、りんのおとも、わるくない。
 おとがきえるように、いしきが、とおのいていく。
 えりかのえがおだけが、さいごまで、やきついていた。

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ