挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。

ドジっ娘の初デート

作者:県 裕樹
 待ちに待った約束の日! 今日はアレキサンダー様とのデート! キャー! 心臓が口から飛び出しそう!
 お弁当も自信作だし、とびっきりの秘策も……おっと、これはまだ内緒!

***

「……おい、何だその真っ赤なナリは」
「いや、迷子になっても目立つようにと」
「お前のドジに付き合っている暇は無い、逸れたら置いて行くからな」
 ああ、何時もの厳しいお言葉……でも、いいの。どこまでも付いて行くって決めたんだから!

***

「うっプ……」
 一番怖いアトラクションに付いて行き……私は気持ちが悪くなってしまいました。でも、その間ずっと腕にしがみ付いていた私を、アレキサンダー様は邪険にしませんでした。
「おい! 俺様は腹が減ったぞ、メシにしろ」
 待っていました、そのお言葉! 丁度良く、芝生の綺麗な広場が目の前にあります。そこに敷物を敷いて寛いで頂きましょう。
「随分と個性的な料理だな」
 少々怯んだ様子を見せたアレキサンダー様は、それでも一口目を口に入れてくださいました。が、刹那……
「……! の、飲み物を!」
「は、ハイ!!」
 私は急いでお茶の入った水筒を渡したつもりでした。でも、その水筒の中身は……ブランデーでした。
「な、何を飲ませ……た?」
「えっ? お茶を……あぁっ! ま、間違えましたぁ!」
 これは計算外! ほろ酔いにさせるつもりはあったけど、ここまで酔ってしまわれたらラブラブモードどころではありません。急いで介抱をしないと……でもアレキサンダー様は、既にご自分でコップを持つ事も出来ないご様子。私はもう夢中でした。
 お茶を口に含み、アレキサンダー様のお口へ……その瞬間、しっかりと私たちの唇は重なり合って……
「今のが一番、美味かったぞ」
 膝枕でお休みになるアレキサンダー様を、私はずっと眺めていました。私の目線に気付かれると、プイと横を向いてしまわれましたが……嫌では無いご様子。私、報われたのでしょうか……?

<了>

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
― 感想を書く ―

1項目の入力から送信できます。
感想を書く場合の注意事項をご確認ください。

名前:

▼良い点
▼気になる点
▼一言
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ